「言葉」作りでビジネスづくり | 利益を出せる社長のポイント!ここだけで簡単にステップアップ。 -愛知県豊田市の大澤税理士事務所-

利益を出せる社長のポイント!ここだけで簡単にステップアップ。 -愛知県豊田市の大澤税理士事務所-

利益出すために社長に必要なことを、面白くてわかりやすいテーマでお伝えします。一緒に銀行が借りてくれ!という会社を作りましょう。


テーマ:

大阪でお父さん預かりサービスが話題に

 

 

連休中の大阪で、「お父さん預かります」というサービスが話題に。

 

お母さんと子供が遊んだり、買い物している間に

 

行き場のないお父さんが時間を潰せるスペースのよう。

 

普段は貸し会議室として運営しているスペースを

 

1時間500円、フリータイム1,000円で連休中のみ行った。

 

 

 

 

 

連休中、お父さんを気にせず、子供とお母さんだけで

 

お出かけができるように考えた

 

大阪のサービスのようです。

 

なんば駅から徒歩1分にあり、立地も非常に良いです。

 

 

 

 

このサービスの秀逸なところは、言葉を作ったことです。

 

これまででも貸し会議室はあったのですから、

 

そこを利用することは十分できます。

 

また、一緒に出掛けてお父さんだけ、

 

インターネットカフェなどにこもるのでも

 

結果は同じです。

 

 

 

しかし、その行為に言葉を作ったことで

 

人が理解しやすくなります。

 

そうすると、利用する人はもちろんのこと

 

伝える側も使いやすく、

 

ニュースなどでも取り上げなれます。

 

 

 

これが、言葉がなく、連休中、家族で出かける中、

 

一部のお父さんたちはネットカフェにこもっているそうです。

 

では、わかりづらく、また、かなりのマイナスイメージです。

 

 

 

 

こういったことはビジネスにかかわりませんが、

 

靄っとしていたことに言葉をはっきりと与えたり

 

マイナーな言葉をメジャーにすることで

 

急激に状況が変わることがあります。

 

 

 

例えば、鬱病は言葉がメジャーになり、

 

だれでもかかるというコトをさかんに伝えたため

 

確実に患者数が増えています。

 

早期発見ができるようになって良かったのか、

 

そうでない人まで、言葉を思い込みすぎて

 

患者になってしまうなどが悪かったのか。

 

とにかく多くの影響が出ます。

 

 

 

このように自分の行おうとする商売を

 

上手く、わかりやすい、伝えやすい言葉にできると

 

ガラッと状況が変わることがあります。

 

いろいろ試してみるのも良いのではないでしょうか?

 

非常に難しいのですが...。

見える化経営パートナー MBA税理士・社労士 大澤賢悟さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ