水槽の水質も見える化。 | 利益を出せる社長のポイント!ここだけで簡単にステップアップ。 -愛知県豊田市の大澤税理士事務所-

利益を出せる社長のポイント!ここだけで簡単にステップアップ。 -愛知県豊田市の大澤税理士事務所-

利益出すために社長に必要なことを、面白くてわかりやすいテーマでお伝えします。一緒に銀行が借りてくれ!という会社を作りましょう。


テーマ:

水槽立ち上げからしばらくたちました。

 

昔、買っておいた私物の水質検査紙で

 

水質を調べたところ、あまり検査紙が反応しません。

 

今回知りたいのは左端2つです。

 

左端が硝酸塩、となりが亜硝酸塩です。

 

水質が悪いとピンクくなるはずですが、かなり白い…。

 

 

 

 

これでは、水質が良いのか、立ち上がっていないのか

 

わからないので、検査試薬を購入することとしました。

 

ちなみに前々日に大量のアンモニア水を入れています。

 

そのため、水槽が立ち上がっていれば

 
高濃度の硝酸塩が出るはずです。
 
まったく立ち上がっていないなら、高濃度のアンモニアが出て
 
亜硝酸塩も硝酸塩も出ません。
 
しかし、2週間もたてば、多少はバクテリアが繁殖するはずなので
 
検査紙のようなことはないはずなのです。

 

今回購入したのはアンモニア、亜硝酸塩、硝酸塩の試薬です。

 

 

 

 

 

さて、検査結果が出るまでの間に水質の話です。

 

水槽内の水質は細かい部分を除けば、

 

餌 ⇒ アンモニア ⇒ 亜硝酸塩 ⇒ 硝酸塩 ⇒ 窒素

 

の順に化学変化が進んでいきます。

 

餌を除き、左から右に進むほど毒性が弱くなります。

 

水槽の水替えをする理由は、毒性の

 

高いものを除くためではありません。

 

硝酸塩が濃くなりすぎないようにするためです。

 

なぜなら、水槽内で、硝酸塩を窒素に変えるのは

 

かなり大変なためです。

 

硝酸塩は毒性は、他と比べれば毒性が低いですが、

 

それでも毒物です。

 

少なく保つ必要があります。

 

水槽が立ち上がった状態というのは、

 

腐敗物やアンモニアを水槽内に入れても、

 

アンモニアと亜硝酸塩の濃度を低く保てる状態まで

 

バクテリアが増えた状態を指します。

 

 

 

 

立ち上げにかなり時間がかかるのはバクテリアが増えるのに

 

とても時間がかかるためです。

 

ニトロソモナスという種類とニトロバクターという種類の

 

バクテリアが水槽の浄化に役立ちます。

 

しかし、これらのバクテリアは増えるのに時間がかかります。

 

分裂するのにかかる時間がニトロソモナスは24時間以上、

 

ニトロバクターに至っては48時間以上かかります。

 

 

 

 

ここからは、検査結果です。

 

●アンモニア

 

●亜硝酸塩

 

●硝酸塩

 

 

本来は上から除いて紙と比較するので、

 

上の写真より少し濃いめに見えます。

 

どれもこれも、高濃度ですね。

 

検査紙だけで魚を導入してたら大変なことでした。

 

 

 

 

硝酸塩は高濃度ですが、

 

現状はアンモニア、亜硝酸塩も高濃度なので

 

しばらくこのまま放置です。

 

これだけ、アンモニアが入っていれば

 

改めて添加する必要はありません。

 

しかし、こういった実験的な検査は

 

なかなか楽しいですね。

 

現状がどうなのか?が見えるというのは

 

こういう場面でもとても大事なのだなぁと思います。

利益経営型財務アナリスト 税理士・MBA 大澤賢悟さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ