スキー試乗会でウイングヒルズ白鳥 | くぅた工房(改名)

くぅた工房(改名)

過保護のww MIX犬『くぅた』が我が家のマスコット犬(3歳)です(^^)
くぅたモデルのLINEスタンプ作りました。
https://store.line.me/stickershop/product/1434888/ja
よろしくお願いします♪


テーマ:

今回のブログは、完全に趣味のスキーネタです。




なので、長々と試乗機の感想を書いていきますね。




それでは、いってみましょー(笑)






2013年3月2日(土)9:30~15:00 アルペン主催の試乗会(事前予約制)




場所はウイングヒルズ白鳥リゾートスキー場


photo:01

天候は雪。前日は雨で、夜から冷え込んだため固いアイスバーンに新雪がうっすらのった状態でした。気温は-5℃くらい。強風のためゴンドラが11時ころまで運転見合わせしてました。






試乗した私のスキーレベルは。。。




SAJ1級 戸隠、白馬コルチナ、志賀高原などでインストラクター経験あり。




過去にテクニカルプライズテスト受験で372ポイント(375ポイントで合格)で不合格(笑)




20年前のモーグルブーム時の草大会やモーグルキャンプに多々参加したりしつつのハーフパイプやワンメイクも楽しみつつ、ここ数年はGSの草大会にも出たりしてます。


基本的には、スピードと急斜面不整地が好きで、特にゲレンデの超上級斜面を高速大回りで滑走することに快感を感じてしまっています(笑)


使用マテリアルは、ブーツ:ラング115banshee-1(約10年前の?) 板:K2 silencer178㎝(約5年前の?)チューンアップとメンテナンスはまぁまぁしっかりしてるかなぁ。


そんな私が試乗してみた感想になります。




さて、試乗記ですチョキ




まず、最初に乗ってみたのは、『ID-one FR-PC(176cm R20m)』オールマウンテン系のパウダーもイケル幅広(126-89-116mm)の板です。

better LIFE,happy 家族。


滑りやすいです。


ターンも素直にしてくれました。


中~大回りで気持ちよく滑れますが、小回りは不向きにかんじました。


ゲレンデサイドの深雪に突っ込んでも安心感があり回してこれます。


ただ、高速になってくるとトップがばたつくような感じもありました。




次に選んだのは『Fischer C-lineMasterRacetrack(175cm R11m)』オールマウンテン系ですが、ラディウスが11mと小回り系のサイドカットのロッカースキー。

better LIFE,happy 家族。


初めてのロッカースキー体験でワクワクしてましたが、履いた時の第一印象はペターってした感じでした。


滑走性能はいいし、カービングも気持ちよくできますが、反発があまり感じられず小回り系の素早い切り返しのターンはやりにくかった印象です。


ラディウスが11mなので中低速の切り替え滑走では確かにターン弧は小さくなるし、安定して滑れるのは性能の高さなのかもしれませんが、私好みのイケイケな感じはありませんでした。




3本目は、係員さんに上に書いたような話をしたら「じゃあ、ぜひこれを!」と勧められた『Fischer RC4SuperiorProRacetrack(170cm R15m)』オールラウンド系。

better LIFE,happy 家族。


前の2本に比べると乗った第一印象はしっかりしている感じでした。


滑りやすいですが、完全に上級者向けの板じゃないかと思いました。


カービングの小回りでキッチリしっかり回ってきてくれます。


ロンドサーキットコースを滑りましたが、キュンキュン気持ちよく高速小回りが楽しめました。


笑えるぐらいによく回ってくれます。凄いです。


RC4という板にすごく興味があったのですが、今回乗ってみてすごくいいと思いましたが、この機種だと、あまりにも小回りが楽しすぎてすぐに疲れてしまうだろうなぁと思いました。(笑)


もちろん大回りも楽しめますが、小回りの方が楽しい板でした。




続いての4本目は『K2 AMP BOLT(179cm R18m)』オールマウンテン系のロッカースキーで、トップも125mmと幅広の板です。

better LIFE,happy 家族。


今、使っている板もK2だし、モーグルしてる頃に使ってたのもK2だったので、期待度もUP!しかも、K2の試乗板の中で最上級モデルでした。


滑走した感想は。。。。。「あれ?」とりあえず前の3本と比べても中速域までは安定性が悪すぎる印象で、スピードが上がってくると安定してきましたが、今回の新雪は重めで滑走性能が悪いので、加速するまで時間がかかりターンが安定しなかったかな。


もっさりした印象なので、小回りはやりにくいですね。無理に回す感じになるので、やはり高速大回り向きです。


ただ、コースサイドの吹き溜まりを中速から高速で滑った時の印象は悪くなかったです。


今使っているsilencerの方が扱いやすいですね。




5本目に選んだのは『オガサカ TC-LG+RC600GR(183cm R25m)』デモ系大回り用。

better LIFE,happy 家族。


今までに乗ってきた板と比べて104-67-89ととってもスリムなのですが、ずっしりしっかりした第一印象でした。


しかし、滑ってみるとワックスの効きが悪くなっていて滑らない。。。低速ではどうにもならないが、エッジだけはしかっりくいつくので、内足の外エッジがくいついてしまいバランスの悪いこと。。。


でも、スピードがのってくるとしっかり回って乗れますが、混雑したゲレンデとワックスの効いてない状態と中斜面だと、この板の性能を十分に堪能することはできませんでした。


何にしても大回りに特化している感じなので一般スキーヤーには手を出しにくいと思いました。




次はアトミック、ヘッド、エラン、ブリザード。。。どれに乗ろうか考えつつサロモンのところで目に付いちゃったのが『サロモン BBR9.0(176cm R12.5m)』オールマウンテン系でサイズが147-88-110とトップが極端に太くってデザインとカラーがオールドな感じというか目立ったので乗ってみました。

better LIFE,happy 家族。


この独特のフォルムはリフト待ちなどで目立ちます(笑)


滑ってみると。。。非常に滑りにくいです。思ったよりもトップが食いつきにくいし、山回りから切り替えでテールに抜くとずれるような感じで不安定感があり次のターンにスムーズにはいれないような感じでした。


コースわきの新雪を滑るとトップが浮いてくるので楽しいかもしれませんが、全体的にサロモンのイメージではないような気がしました。




本日最後は、『ロシニョールDEMOαSlantNoseR20Racing(166cm R13m)』にしました。

better LIFE,happy 家族。


最後にこの板を選んだのは、板に貼ってあったコメントの「スキーヤーの働きかけに思った通りの反応でこたえてくれる」とあったのと、ロシニョールはインストラクター時代にも愛用していていいイメージだったのです。


滑ってみると思った通りの反応でこたえてくれました。


166cmの長さなのに大回りでもスピード感を十分に楽しめるというか、素直なカービングのため加速していく感じがありました。


手入れされてるのもあると思いますが、尾根のアイスバーンも気持ちよく滑れました。


これは「欲しい!」と純粋に思っちゃいましたね。参りました。。。






長々と おつきあいありがとうございました。




もう一度、試乗会に行ってDEMO系の板を中心に履き比べてみたいですね。




今回は。。。


最後に乗ったロシが欲しくなりました。買える値段ではないのですが。。。




ただ、この板で再度、テクニカルプライズに来年チャレンジしてみたいと真剣に考えています。





もさりょさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス