その売上対策で、売上を落としていませんか? | コピーライターと学ぶ集客コピー術 大阪・京都 広告・販促制作

コピーライターと学ぶ集客コピー術 大阪・京都 広告・販促制作

新規顧客・リピーターを増やすための、広告・販促・PRのことなどの情報を発信している、大阪市在住のコピーライター&ディレクターのブログ。広告コピーの書き方や集客できる広告・販促の講座も開催中です!

その売上対策で、売上を落としていませんか?
 
当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
コピーライターの河本樹美です。
 
 

消費者はベテランぞろいだから

 
消費者になって何年だろう?
 
小学生で文房具を買うようになった頃からだとしたら、仕事のキャリアよりも断然長い。
 
私は、消費者のベテラン、
と言ってもいいかも。
 
いろんな失敗を重ねて、
さまざまな店に入って、
たくさんの店員さんと交渉して、
 
まだ、失敗もあるけど、
それなりに勘は働きます。
 
だから、商売する方の、見せかけの親切に敏感。
 
 

売上アップ対策で逆効果


靴屋のレジで「防水スプレーいかがですか?」と毎回すすめられると、しつこいと思う。
 
美容室の帰り際に、ヘアケア商品をすすめられるのも、うんざり。

売上アップ対策が見えすぎて、気持ちが冷えてしまう。
 
少しでも売上をあげるために、知恵を絞るのはいい。
 
でも、それがお客様に見え見えだと逆効果かな。
 
 
 

あの小さな美容室が人気の理由

 
先日、個人経営の小さな美容室に行きました。
 
人気店で予約がとりづらく、
土日は基本無理で、
平日しか行けません。
 
やっと都合がついて、カットしてもらいました。
 
とてもとても丁寧なカットで、上手です。
 
価格は普通、または少し安めかな。
 
売上対策など、まったく感じません。
 
お客さんがひっきりなしなので、必要ないんでしょうね。
 
 
 
売上だけを考えて対策をすると、売上を落とすことになるかも。
 
お客様に丁寧に向き合うこと。
当たり前のことですが、売上対策の基本ですね。
 
 

 

<キャッチコピーの作り方 過去記事>

 
 

 

フォローしてね…