50代以上に刺さるフレーズ!? | コピーライターと学ぶ集客コピー術 大阪・京都 広告・販促制作

コピーライターと学ぶ集客コピー術 大阪・京都 広告・販促制作

新規顧客・リピーターを増やすための、広告・販促・PRのことなどの情報を発信している、大阪市在住のコピーライター&ディレクターのブログ。広告コピーの書き方や集客できる広告・販促の講座も開催中です!

50代以上に刺さるフレーズ!?
 

当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
コピーライターの河本樹美です。
 
 

年齢、実感してますか?

 
最近は、年齢で人を判断できません。
 
例えば、50歳のイメージは?
 
30代に見える女性もいれば、
60代に見える男性もいます。
 
(その逆もあり)

ただ、全体的に若々しくなっていると思います。
 
60歳といえば還暦で、かつては現役引退と言われていました。
 
今ではまだまだ元気で、現役世代ですね。
 

80歳になっても、
60代にしか見えない人もいるし、
年齢相応の人もいる。

年齢は単なる数字です。
 
 

ご存じですか、年齢七掛け説

 
先日、久しぶりに会った知り合いに
「年齢七掛け説」を教えてもらいました。

実年齢に0.7を掛けた数字が
実感できる年齢とか。

50歳は35歳、60歳は42歳。
 
ちょっとうれしい ニコニコ
 
年齢は単なる、生きてきた年数を表す数字。
 
そう思えば、今から新しく踏み出すこともできそうです。
 
 

50代以上に刺さるフレーズは?

 
年齢の呪縛から解放されるには、
元気でいることが肝心です。

ところで、図書館でこんな本を借りました。

『一生動けるカラダをつくる!
 最高のラジオ体操』
 
 
この本の内容はともかく、
 
サブタイトルの
“一生動けるカラダをつくる”
 
50代以上なら特に
刺さる言葉ではないでしょうか?
 
 
 
年金不安の世の中だから、
“一生働けるカラダをつくる”
の方が刺さるかな?
 
 
 

 

先月の人気記事

 

仕事や旅行でおすすめの情報をまとめてご紹介

 

今注目されているターゲットは、こんな方々

 

サブスクの勝ち組とは?

 

 
フォローしてね