針プロ

針プロ

子育て支援とまちづくりの個性派グループです!!




アメーバ針プロとは

練馬、西東京と東北各地で活動するする子育て支援とまちづくりの任意団体です




アメーバ針プロのお仕事

1.プレーパークプロジェクト

http://ameblo.jp/playpark-caravan-west/

西東京市内の公園でダイナミックにあそびます。

例)チャンバラ、巨大シャボン玉、ティピづくり

2.ママパパ応援

子育てに役立つ講座やセミナーを開催します。

例)ねりま保活のほ(保活セミナー)

3.カフェからまちづくり

https://www.facebook.com/cafeharipro

カフェとコラボして親子にやさしいイベントを開催します。

例)絵本作品展『ほしうさぎ』

4.コダチプロジェクト

https://www.facebook.com/kodachiproject/

コミュニティスペース「コダチ」の開設を進めています
5.つなげる取り組み

ワザの持ち主を紹介したりイベントを企画したりします。

6.ズバッと!東北活動

石巻や気仙沼、南相馬、亘理で親子のあそびを盛り上げます。

 

アメーバ針プロ2020年スケジュール

  1月26日 プレパプロジェクト「大草原のカルタ大会」

  2月15日 第7回ねりま保活の「ほ」

  2月16日 プレパプロジェクト「天空のティピづくり」

  2月28日 できる、できない展1日目

  2月29日 できる、できない展2日目

  3月 8日 ねりまde女子マルシェ 

 
アメーバ針プロにアクセス

針プロメール

haripro.01.office@gmail.com

針プロツイッター(最速推奨)

https://twitter.com/officeharipro

針プロフェイスブック

https://www.facebook.com/officeharipro

コダチプロジェクトフェイスブック

https://www.facebook.com/kodachiooizumi/


はずれ屋敷、絶賛開催中です。

杉並区のはずれの方南町で、ちょっとはみ出してしまうひとたちにも開かれた居場所をめざしたい。
なので、
会場が駄菓子屋でも親子が多くても「はずれ屋敷」にしました!

7月から原則、第一日曜日と第三金曜日の開催にしています。
生きづらさを抱えるユースにもばば〜んと扉を開けておきますので、ふらっとぜひ(´∀`*)
①3月18日〔木〕18:00~21:00
②3月25日〔木〕18:00~21:00
※改装工事中につき、会場内の状況によっては中止になる場合がございます。ご了承ください。

会場は楽しさぎっしりちょっぴり風変わりな駄可笑屋敷(だがしやしき)です。

駄可笑屋敷
住 所:杉並区方南2-12-27
電 話:090-9833-3267[針プロ]
参加費として、親子と学生さんはお気持ちを、20歳以上のオトナは500円以上のお気持ちをお願いします。

なにかをしてもよし、しなくてもよし。
いちおう、
カードゲームやマンガ、駄菓子(実費)、ぶっちゃけトークなどを用意しておきます。
カードゲームはヒットマンガ、カタカナーシ、ウミガメのスープなどがありますよ。

なお、
新型コロナウィルス対策としては、下記の点を励行していきたいと思います。
①定員は5名程度(同時に居合わせる人数)とします。
②飲食時以外はマスク着用を原則とします。
③液体せっけんとアルコール消毒薬を持ち込み、手洗いも手指の消毒もこまめに行います。
④ドアノブや玄関の扉など、共用部も1時間に1回は殺菌消毒します。

ただし、
万が一感染した場合は自己責任であり、針プロや駄可笑屋敷側にはいっさいの責任がないものとしますので、よ〜くご理解のうえご参加くださいませ。

事前申し込みもドタさんも大歓迎!!
めちゃめちゃオルタナチックな居場所になればいいな(*´∀`*)
東久留米のくつろぎ企画、月1回で絶賛開催中♪

場所はいつものYOURBIGFAMILY。
ビーガンでアースコンシャスで道行くひと誰にでもやさしいカフェ♪
というのも変わりなし、ですね。

令和2年5月いっぱい続いた「くつろぎスペース」を引き継ぎながら、小中高生やちょっぴり寂しさ、物足りなさを感じるひとたちの居場所にしていきたいと思います。
カフェの電話番号は080-1397-0419の間違いでした。
ご了承ください。

今後は、
第三土曜日を中心に月1回の開催でしょうか。
土曜日をにぎわすお兄さんグループと理解していただければ幸いです。
今月はこんな感じ↓
3月13日〔土〕13:00~17:00
※変更になる場合がございます(予告はします)。

うん、
少人数対応で絵本読んだり真冬でも川探検やチャンバラしたり、なんでもあり、ガンガンあそび心をカタチにしちゃいましょう!
雨予報...
も、なんのその、雨の日ならではの摩訶不思議なカフェあそびを炸裂させちゃうぞ。
えっと、
ずぶ濡れで外あそびするならお供いたしまする(^_^;)
※画像は冒険松原あそび場のワンシーンから(どろあそびやるかい?)。

東久留米のみなさま、
引き続き温かく見守ってくださいますようよろしくお願いします!!
内田かずひろさん。
漫画家ときどき絵本作家。
新刊『みんなふつうで、みんなへん。』を引っさげて、デビュー30周年の個展が開催されました。

代表作は『ロダンのココロ』。
愛犬ロダンの目線から紡がれるストーリーは社会の不条理やペイソスをひろいあげるもの。
なのに、
じつに不思議なほど軽やかなんですね、なぜだろう。

ところで、
内田さんのことは個展ではなく、生活保護申請却下の新聞記事で知ることになりました。
転職圧力に屈しないまっすぐさに共感する反面、生活困窮とその支援のあり方に複雑な想いを抱かざるをえません。

コロナ禍の失業や住宅喪失を見ていると、おそらく、特定給付金以上生活保護未満の貸し付けが必要なのではと思います。
10万円程度ではなく。
最低保障はするが、無料低額宿泊所スタートでも、個人事業の転職強要でもなく。
チャレンジネットのような過剰なサービスもいらない。
どうなんでしょうね。


とはいえ、
この個展が生活の安定と次の展望につながりますように。
底抜けの前向きさで、ここからさらに、内田ワールドを切り開いていけますように!!