2015-09-01 09:05:00

シニア犬のケアどうしたらいい?→シニア期を迎える前から準備する、という考え方もおすすめです。

テーマ:シニア犬・老犬のホームケア
こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

さて、先週の土曜日は札幌で

●ペットのための東洋医学アロマセラピー

講座でした。

 

精油を11種類ご用意して
その中から愛犬の状態に合わせて

「東洋医学的な視点で」

精油を選び、マッサージオイルを作成していただきました。

 

例えば、「」をケアするのにこの精油、
」をケアするのにこの精油、
」のケアをするにはこの精油、という具合です。

 

また、内臓同士はそれぞれ影響し合うので
ケアしたい臓器を中心に「相性・相克」の考えを活用し
トライアングルでアロマレシピを決める方法もご紹介しました。

 

こちらは明日から動画編集がスタートしますので
ぴん!と来られる方はぜひ動画配信を楽しみにお待ちください。

 

今日はよくある「シニア期の食事をどう考えたらいいのか?」という
ご質問を取り上げていこうと思います。

 

先日、「薬膳で出来ることとできないこと」というテーマで配信したこの記事に対し
かなりの反響がありました。





●犬の薬膳でできること、出来ないことの「ボーダーライン」を知る
http://www.officeguri.com/archives/5544

 

話を要約すると

「犬がシニア期に入り足腰が弱ってきている、体力的な衰えを感じる。
 食事を工夫することで何かできることがあるか?」

というご質問に対し、

「足腰の衰えなどは、筋肉の衰えに原因があるケースがほとんどなので
 食事だけで何とかしようと思うと無理がありますよ」

というのが回答でした。

 

 

以下、その際に回答を下記に引用します。





-----------------------------------------------------------------------------

そのため、それを食事「だけ」で何とかしようとすると
それには無理があります。

 

筋肉は使うことで張りや量を取り戻すことが可能ですが
そのためには運動が必要になります。

 

そのため、シニア期である愛犬に無理のない範囲で運動をさせる、というのが
第一選択肢になります。

 

それと同時並行で、タンパク質の摂取量を意識して増やします。

 

シニア期に入るとタンパク質の要求量は青年期に比べて多くなります。

 

これにはいろいろな要因がありますが
そのひとつに、青年期に比べて、シニア期は同じたんぱく質量を摂取しても
筋肉に合成できる率が下がる傾向がある点が挙げられます。

 

なので、気持ち多めに肉類、魚類を増やす、という工夫で
良い結果が出せるケースが多いです。

 

-----------------------------------------------------------------------------

 

そして、「シニア期に入ったので食事をどう変えて、健康管理に生かしたらいいのか?
というご質問に対し
もう一歩深く突っ込んだ回答をするのであれば

シニア期を迎える前から、しっかり体を作っておければベストです

に、なります。

 

それにはやっぱり、運動が欠かせません。

 

定期的な散歩はもちろんですが
時々ドッグランなどで思い切り走らせる、なんていうのもおすすめです。

 

ちなみに我が家のぐりは、
まだ1歳の頃、実家の父が山の斜面からボールを投げて
坂道を走ってボールを追いかけ、
それを取って坂の上まで登ってくるというのを
毎日特訓されていました(笑)

 

なので、散歩から帰ってくるともうぐったりで
でもおかげで筋肉はしっかりとできていましたね。
獣医さんにも「筋肉がすごいです」と褒められていたくらいです。

 

これは完全に父が趣味でぐりの体を鍛えていたので
絶対にそうしなければならない!というものでは
もちろんありません。

 

ただ、若いころから体をしっかり動かす習慣を持ち
適度な筋肉が発達させることは

「シニア期を迎えるにあたり、快適に過ごすための貴重な貯金をしている」

というイメージをしていただくとわかりやすいかと思います。

 

運動の習慣をしっかり取り入れた上で
食事からサポートできることはたくさんあります。

 

良質なたんぱく質をたっぷりと摂り、
エネルギー源となる栄養素や
体の代謝や疲労回復に必要なビタミン、ミネラル類もしっかり摂取すればOKです。

 



 

このように書くと、緻密な栄養計算がいるのでは!?とドキッとする方もいるかもしれませんが
よほど偏食をしない限り、普通の食事から
これらの栄養素は十分摂取できるので
安心してくださいね。

 

こういう食物には、どういう栄養素が多く含まれているか?を
ざっと知るだけでも、安心材料につながります。

 

例えば、人間向けの栄養についてやさしく書かれたこのような書籍を読むだけでも
基礎的なことが学べますので
それをあとは犬に応用すれば大丈夫です。

 



●あたらしい栄養学

また、シニア期に入っても犬の胃腸の消化機能は衰えないというデータもあります。
なので、シニア期だから全部おかゆにしなければだめとか
消化を良くする工夫をして柔らかくしないといけなとか
そういう一律のルールもありません。

 

犬が元気で、普通に食事をしてくれるのであれば
それでOKです。

 

もし、飲み込む力が弱くなって
とろみをつけないと食べにくそうだとか
そういう場合は個別に対応するのがいいですね。

 

「シニア期だから」

というくくりで見るよりは

「現在の我が家の犬の場合は」

という視点で考えるのが、おすすめです。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

 






 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

ぐり通信、ご購読はこちら

犬の手作り食やマッサージなど、犬の健康をサポートするための情報をメールマガジンで配信しています。
自宅でできる愛犬のマッサージやアロマテラピー、食事について知りたい方はご購読ください*

■無料購読ご登録はこちらから⇒クリックして購読する!







まずは自宅で愛犬のホームケアについて学んでみたい!
そんな飼い主さんのためにOffice Guriでは
無料で学べるオンライン講座を多数ご用意しています。

ぜひ今すぐ申し込みをしてくださいね!


↓   ↓




犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。



犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。



犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。



犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!



愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!








Office GuriのFacebookページ、Twitter、犬用石鹸販売サイトです。
こちらもご活用ください!


Office Guri Facebookページ

Office Guri Twitter

ぐり石鹸公式サイト





人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-06-08 13:28:57

老犬の痰の悩みにアロマ。

テーマ:シニア犬・老犬のホームケア
○○さん、こんにちは。
諸橋直子です。


1週間ぶりのメールです。
ほんの少しご無沙汰しておりました。



ここ1週間以内でこのメルマガをご購読開始された方は
バックナンバーをどうぞ。

↓    ↓

■犬のためのホームケア通信「ぐり通信」
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&240m1








シニア犬に関するご相談が増えてます。




シニア犬は痰がからみやすい、というお悩みが多いです。









話はちょっと飛びますが、私は喘息持ちです。



大人になって病名がようやくついたんですが(笑)
それまで自覚まるでなし!(爆)



だって、分かりやすい「ひゅーひゅー」言うような呼吸音とかないしね。
日常生活も普通に送れてます。




ただ、菌やウィルスには弱いんだなー。




はい、私の喘息はアレルギーではなく
風邪菌等が侵入すると悪化するタイプなのですが…。



息子が保育園通うようになってから
まあ、もらってくるもらってくる、菌の数々!



息子が咳しはじめたら即刻私にうつります(苦笑)





で、息子も私も、病院にも行ってるし薬も飲んでるけど全然効かない!という事態が
よく起こります。





そういうときはこの本の出番でして…。

↓     ↓

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&240m2





この本を参考に
乳幼児でもOKな精油2種でなおかつ咳の元になってる
「痰」を取り除く作用のある精油を選んで
寝るときにディフューザーで拡散することにした次第です。






同時に加湿器のナノイーも稼働。




結果…。




息子はディフューザー使い始めてすぐに咳が止まりました(汗)





咳止めあれだけ飲んで効かんのに
何でこれで止まるのー?




私もしばらくして咳こむのが無くなったので
完全に何かが作用していると思われます。



(薬事法の関係で「効く」とか言っちゃいけないから
 まどろっこしいいい方してますが、まあ体感としては効いてるとしか言いようがない)



理屈としては去痰作用に優れた1,8-シネオールを含んだ精油を使ってるので
それがいい仕事してくれていると思われます。



ちなみにこのとき使っているのはユーカリ・ラディアータ。





コレ、犬用に買ってあったのですが(笑)
犬に使える=人間にも穏やか、ということです。
我が家は犬にアロマを使う時の方が、より慎重ですので。






ちなみに、ユーカリって言う精油はいくつか種類があって
刺激が強い成分を含むものもあるんだけど
選び方を工夫すれば、最大限の効果を引き出しつつ
なおかつ刺激も押さえることが可能です。




そこで選択肢として考えたいのが「ユーカリ・ラディアータ」。



数かるユーカリの仲間の中でも
特に動物への作用が穏やかとされる精油なんですね。




我が家ではこれにティーツリーをブレンドして
咳対策ブレンドとして使用しています。



痰を出しやすくする精油に、殺菌効果の高いティーツリーをブレンドするので
鬼に金棒。



私はこれでマッサージオイルを作って
喉や胸にも塗ってますが、快適です。



…。




こうした経緯がありましたので




「犬が年を取ってきて、痰が絡んで呼吸が苦しそうなのですが
 何とかならないでしょうか?」


「痰が絡むのって年を取ったら当たり前だと思っていたのですが
 少しでも楽にしてやれるのであればしてあげたいです」



というご相談を受けた際に
私はアロマテラピーを自宅での「ホームケア」として
取り入れることをお勧めしています。




犬の場合だったら、マッサージという方法がお勧めです。
犬はマッサージが大好きですから。




実際にこうした形でアロマとマッサージを取り入れて
痰のからむのが少なくなって、犬が楽になってきています、というご報告も
最近頂戴するようになりました。





本当にうれしいことです!




というわけで、無断リンク(笑)

↓   ↓

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&240m3



ワンコのかあさん、いつもありがとうございます!









さて、次号からは新しいテーマを取り上げていこうと思います。


--------------------------------------------------------------------------



諸橋さん、こんにちは。
初めてメールさせていただきます。



我が家のHACHIはおなかが弱く、どうしたものかと思っていたところ、
諸橋さんとぐりちゃんにたどりつきました。


生食には抵抗があり、おじやが大好きなので
フードと缶詰から少しずつおじや・肉・野菜のご飯に切り替えました。


美味しそうに食べて、食器をペロペロ!目ヤニ・口臭が随分なくなりびっくりしています。


ひとつ気になるのが便の量です。
固くはないのですが今までの半分より少ないです。便秘になってしまったかな?


アドバイス頂けると有難いです。(ゴールデンレトリバー・3歳)



--------------------------------------------------------------------------



HACHIさんよりいただきました。



実は手作り食に変えて


「便の量が減った!!」


というケースと


「便の量が増えた!!」


というケース、両方が存在します。




…何故そういうことが起こるのでしょうか?




これについて、次号のメールで詳しくお話しさせていただきますね。








今日はここまでです。




最後までお読みいただきありがとうございます!








ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)


●ランキングに参加しています^^
ワンクリックで10ポイントが加算され、ランキングが上がります。
クリックで応援お願いします。
ワンポチ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

人気ブログランキングへ


●mixiで「犬の石けんと手作り食」というコミュをやってます。
 気になる方は、まずは参加を♪⇒参加する
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD




ブログパーツ

<

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。