2012-05-25 12:51:01

犬と果物Q&A:犬の生活習慣病予防に役立つ、果物に含まれる成分は?

テーマ:犬と果物
◇ドッグアロマの基礎を学ぶ◇
ドッグアロマ基礎講座 2012年5月27日(日)開講!
愛犬のホームケアにアロマテラピーを活用する方法を学ぶ基礎講座です。


●ランキングに参加しています^^
ワンクリックで10ポイントが加算され、ランキングが上がります。
クリックで応援お願いします。
ワンポチ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

人気ブログランキングへ


●mixiで「犬の石けんと手作り食」というコミュをやってます。
 気になる方は、まずは参加を♪⇒参加する




○○さん、こんにちは。
諸橋直子です。


本日2通目の配信となります。
今回は「犬と果物」をテーマにした内容の続きです。




◎これまでのバックナンバーはこちら
↓   ↓
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&234m1



犬に果物をあげる事のメリットについては
これまで


「抗酸化力が高いビタミンC」
「塩分の排せつを助けるカリウム」


を豊富に含む、ということにスポットを当ててお話ししてきました。




今日は引き続き、果物に含まれる


「アントシアニン」
「ポリフェノール」


について詳しく見て行きますね。




------------------------------------------------------

ワインで一躍有名になった「ポリフェノール」
何故注目されるようになったの?

------------------------------------------------------



はじめに「ポリフェノール」の話をします。


「ポリフェノール」は現在、サプリメントをはじめ
あらゆる食品に添加されておなじみですが
ここまで有名になるきっかけを作ったのは
フランスのボルドー大学の化学者セルジュ・レヌーという人。



この化学者によって
以下の説が打ちだされたことがきっかけです。


「フランス、ベルギー、スイスに住む人々は、
 他の西欧諸国の人々よりもチーズやバターといった乳脂肪、
 肉類、フォアグラなどの動物性脂肪を大量に摂取しているにもかかわらず、
 心臓病の死亡率が低い」



何故そのようなことが起こるのか?を考えた結果
そこでその地域に住む人たちが日常的に飲んでいる赤ワインに
何か心臓病の発生率を抑える要因があるのでは?と考えました。







そして…。



------------------------------------------------------------------

人間を始めとする動物が、赤ワインに豊富に含まれる
「ポリフェノール」を摂取すると、動脈硬化や脳梗塞を防ぐ抗酸化作用、
ホルモン促進作用が向上する

------------------------------------------------------------------



と発表した次第です。






一方でこれについては


「ワインの摂取だけが『心臓病の死亡率が低い』ことの
 要因とは言えないのでは?」


という議論もあり、
現在も研究がすすめられています。






ところでボルドーと言えば、「あのワインで有名なボルドー?」と
お酒好きの方であればぱっとイメージされたかもしれません(笑)




「そうした世界的に有名なワインの産地であることも
 ポリフェノールの効果に着目するきっかけになったかも!」




と考えると面白いですよね(笑)






こんなきっかけもあり、現在「ポリフェノール」についての研究は
かなり進んでいます。





ポリフェノールにはいくつか種類があり、
その中でも特に有名なのが「フラボノイド」ですね。




フラボノイドと言えば、コレ。
↓   ↓

■お口の恋人 ロッテ
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&234m2






はい、グリーンガムですね!



フラボノイドの仲間に「カテキン」というのがあります。


ワインやお茶にも含まれますが
リンゴ、ブルーベリーといった果物にも多く含まれます。




「カテキン」には殺菌作用、血中コレステロール低下作用、
高血圧を予防といった効果が期待できるとされています。




そして、同じフラボノイドの仲間に「アントシアニン」があります。


これはブドウの実の皮やムラサキイモ、ブルーベリー、などの
赤紫色をした植物体に多く含まれている色素成分です。



肝機能の向上を助け、疲れ目の解消などにも効果的といわれています。



その他、渋み成分である「タンニン」もフラボノイドの仲間です。
柿、バナナなどにも含まれますが、カテキン同様、殺菌効果があります。



我が家のぐりはバナナが大好きですが
あのバナナの中に「殺菌効果」のある成分が含まれているとは
初めて知ったときはちょっとした驚きでした♪



本当に食べ物は、奥が深いです。









果物を犬が摂取する際のメリットとなる
栄養素や成分の解説は以上となります。





ところで…。



「諸橋さん、果物の中に犬の体に良い成分が含まれていることはわかりました。

 でも、ネット上には
『ブドウを食べたら腎臓障害になるので、ブドウはあげちゃだめ!』っていう話もありますよね?

 そのあたりはどうなんでしょう?」


という「果物のNG食品」にちての疑問をお持ちの方も
多いと思います。



そこで次号のメールでは、この



「犬とブドウ」



の関係についてさらに詳しくお話ししますね。




本日は以上です。


最後までお読みいただきありがとうございます!







ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-05-23 14:38:12

犬と果物Q&A:犬の食事の塩分が気になる時にも果物が役立ちます!

テーマ:犬と果物
◇ドッグアロマの基礎を学ぶ◇
ドッグアロマ基礎講座 2012年5月27日(日)開講!
愛犬のホームケアにアロマテラピーを活用する方法を学ぶ基礎講座です。


●ランキングに参加しています^^
ワンクリックで10ポイントが加算され、ランキングが上がります。
クリックで応援お願いします。
ワンポチ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

人気ブログランキングへ


●mixiで「犬の石けんと手作り食」というコミュをやってます。
 気になる方は、まずは参加を♪⇒参加する



○○さん、こんにちは。
諸橋直子です。



さて、「犬に果物はあげてもOK?」というテーマで
今日もお話ししていきます。



果物には様々な栄養素が含まれています。
昨日お話ししたのは「ビタミンC」でしたが
「ビタミンC」は抗酸化力に優れ
体を感染症等から守るのに大切なものであることも
併せてお話ししました。




さらに今日は
「カリウム」
「アントシアニン」
「ポリフェノール」


など、健康食品やサプリメントなどでもおなじみの成分についても
さらに詳しくお話ししていきます。




----------------------------------------------

■りんごやみかんに豊富な「カリウム」!

----------------------------------------------



カリウムは体内の塩分濃度調節に関わる大切なミネラルです。


犬の食事で塩分を気にされる方は多いですが
健康な犬の体は、たとえ塩分を過剰摂取しても
尿として排せつできるので



「塩たっぷりご飯」
(極端ですが・苦笑)



というような極端なことをされなければ
通常、問題は起こりません。



「それでもやっぱり雑誌やネット上で
 犬に塩分はよくない!!と聞くと
 大丈夫だっていわれてもやっぱり気になってしまって…」



という飼い主さんも多いです。



中には、味付けしない肉や魚に
自然のまま含まれる塩分にも神経質になる方もおられますが
そこまではいかなくても



「やっぱり塩分が心配で…」



という場合は、カリウムを豊富に含む「リンゴ」などを
おやつとして与えるのも一つの方法です。




----------------------------------------------

■何故「カリウム」は塩分排せつを助けるのか?

----------------------------------------------



ここでちょっと高校時代の生物のお話をします(笑)



○○さん、高校時代に
「ナトリウムカリウムポンプ」って
教科書に出てきませんでしたか?



塩=塩化ナトリウム、というのを頭の片隅に置きつつ
引き続きお話しします。




・私たち体内ではナトリウムイオンは細胞外液(体液・血液)に多く、
 細胞内液に少ない。


・逆にカリウムイオンは細胞外液(体液・血液)に少なく、
 細胞内液に多く存在している。





これが基本なわけですが
何かの拍子にナトリウムイオンが細胞内に増えることがあります。



本来、細胞内はカリウムイオンが多い状態が正常なので
あまりナトリウムイオンが増えて、
そのバランスが崩れるのは困るわけです。



そこで、その比率を維持するための仕組みが働きます。



ここで活躍するのがカリウムイオン。



このカリウムイオンが
細胞内のナトリウムイオンと交換されることによって
ナトリウムが細胞外に排泄される機能が
私たちの細胞には備わっています。



それが「ナトリウムカリウムポンプ」と呼ばれる仕組みです。



この仕組みが正常に働くためには
カリウムイオンが必須です。



カリウムイオンが不足すると
細胞内にはナトリウムイオンが過剰な状態が続くことになります。



この状態は高血圧の原因になることが指摘されており
カリウムイオンは適度に摂取する必要がある
ミネラルであると言えるでしょう。





----------------------------------------------

■「カリウム」は調理によって失われることが
 多いミネラルでもある。

----------------------------------------------



カリウムは果物以外の食材にも含まれますが
水に溶ける性質があるため
煮る、茹でるなどの調理法では
多くが失われることが知られています。






それでも、通常の食事で体調不良を起こすほど
不足する事態はまずありませんが
意識的に摂取するなら果実をそのまま食べられる
「果物」はお勧めです。




----------------------------------------------

■おやつとして「生」で、がおすすめ!

----------------------------------------------



我が家のぐり(ラブラドール・♀・6歳)の場合は
リンゴが大好きなので
おやつとして時々与えています。



大きめに切って与えることで
ショリショリと非常にいい音を出して食べますし(笑)
噛みごたえもあるので
お気に入りのおやつです。



かんきつ類は苦味がある場合も多く
(グレープフルーツなど)好まない犬もいますが
甘みの強いミカンなどは喜んで食べるケースも多いです。



ぜひ、○○さんのわんちゃんの好みに合わせて
チョイスしてあげてくださいね。





「カリウム」についてのお話は以上となります。






「アントシアニン」
「ポリフェノール」





これらの成分についての解説を
次号のメールで引き続きしていきますね。



本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました!





ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)


◇ドッグアロマの基礎を学ぶ◇
ドッグアロマ基礎講座 2012年5月27日(日)開講!
愛犬のホームケアにアロマテラピーを活用する方法を学ぶ基礎講座です。


●本日の記事がお役に立った場合は、ワンクリックで応援をお願いします!
ワンクリックで10ポイントが加算され、ランキングが上がります。
ワンポチ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

人気ブログランキングへ



ぐり通信、ご購読はこちら

犬の手作り食やマッサージなど、犬の健康をサポートするための情報をメールマガジンで配信しています。
自宅でできる愛犬のマッサージやアロマテラピー、食事について知りたい方はご購読ください。無料デス*

■無料購読ご登録はこちらから⇒クリックして購読する!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-05-22 09:36:29

今日は犬に果物を食べさせるときの注意点とメリットについてお話しします。

テーマ:犬と果物
◇ドッグアロマの基礎を学ぶ◇
ドッグアロマ基礎講座 2012年5月27日(日)開講!
愛犬のホームケアにアロマテラピーを活用する方法を学ぶ基礎講座です。


●ランキングに参加しています^^
ワンクリックで10ポイントが加算され、ランキングが上がります。
クリックで応援お願いします。
ワンポチ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

人気ブログランキングへ


●mixiで「犬の石けんと手作り食」というコミュをやってます。
 気になる方は、まずは参加を♪⇒参加する




○○さん、こんにちは。
諸橋直子です。



さて、先日より「犬に果物はあげてもOK?」
というテーマを取り上げています。



--------------------------------------------------------


諸橋さん、はじめまして。
Fと申します。


カロリーから決めたドライフードだけでは足りず、いつも食べ物を探してる我が家の犬に、
なんとか満腹感を与えてやる方法は無いものかと悩む毎日でした。
こちらを知って、本当に嬉しい。
いろいろ勉強させていただいて、
我が家の犬を幸せにしてやりたいです。


我が家の犬も「黒ラブ ぐり」なんです。
初めて同じ名前に出会い、それも黒ラブ。感激、興奮しました。


諸橋さんのぐりちゃんのように、
我が家のぐりも、ピカピカな幸せにしてやりたいので、
マイペースですが、がんばっていきたい、そんな気持ちでいます。
配信、楽しみにしております。
どうぞよろしくお願い致します。



早速ですが、
我が家はまだあまりいろいろな食材を与えていないのですが、
リンゴ10分の1カット程度を毎日与えています。


ぐりちゃんのご飯には果物の登場がみられませんが、
果物は控えておいた方が良い食材に入るのでしょうか。
少量だからとは思っていましたが、気になってきました。



--------------------------------------------------------


結論から先に言うと、あげすぎに気をつければ
ビタミンCなども豊富な果物は
犬にとって健康維持に大いに活用したい食材と言えます。



あげ過ぎに気をつければ、と前置きしたのは
果物には甘み成分「果糖」が多いものは
食べ過ぎると肥満につながるケースも多いからです。



特に小型犬の場合は
飼い主さんが「ちょっとの量」と思っていても
体重が2~3kgと小さい場合は、
リンゴ1/8個でもかなりの量になりますから
そのあたりは注意が必要です。



次にこうした注意事項を守りながら
果物を上手に取り入れる際のメリットをあげていきましょう。




既に申し上げましたが、果物にはビタミンCが豊富です。



ビタミンCはかんきつ類やイチゴなどに多く含まれています。



ビタミンCは強い抗酸化力を持つといわれ
皮膚や骨の健康を保つのにとても大切なビタミンです。



感染症を防ぐ働きもありますから、
適度に摂取することで
犬の健康維持にも役立ちます。



特にビタミンCは水溶性ビタミンで
一度に大量に取っても
その時必要でない分は体外に排泄されますから…。




果物をおやつ代わりにするなどして、
こまめに摂取するのが賢い方法です。




その他に「カリウム」「アントシアニン」
「ポリフェノール」など、
健康食品やサプリメントなどでもおなじみの成分も
果物は多く含みます。



これらの成分についての解説を
次号のメールで引き続きしていきますね。



本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました!





ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)



■追伸1:


我が家のぐりが果物を食べている動画なかったかなーと
探してみたら、ありました(笑)


↓    ↓


・犬の手作りごはん~犬とあまおう:みんなのぐり
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&230m2




ラブにかかると、
あまおうも瞬殺ですな…。



■追伸2:


果物がらみでもういっちょ。


↓  ↓


・犬どもの、ケーキをめぐる熾烈な戦い。
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&230m3



これはトッピングにスイカ使ってますー。


◇ドッグアロマの基礎を学ぶ◇
ドッグアロマ基礎講座 2012年5月27日(日)開講!
愛犬のホームケアにアロマテラピーを活用する方法を学ぶ基礎講座です。


●本日の記事がお役に立った場合は、ワンクリックで応援をお願いします!
ワンクリックで10ポイントが加算され、ランキングが上がります。
ワンポチ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

人気ブログランキングへ



ぐり通信、ご購読はこちら

犬の手作り食やマッサージなど、犬の健康をサポートするための情報をメールマガジンで配信しています。
自宅でできる愛犬のマッサージやアロマテラピー、食事について知りたい方はご購読ください。無料デス*

■無料購読ご登録はこちらから⇒クリックして購読する!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD




ブログパーツ

<

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。