2011-10-05 21:24:02

犬の手作り食でもう悩まないために…。

テーマ:犬の手づくり食:カルシウム
●ランキングに参加しています^^
ワンクリックで10ポイントが加算され、ランキングが上がります。
クリックで応援お願いします。
ワンポチ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

人気ブログランキングへ


●mixiで「犬の石けんと手作り食」というコミュをやってます。
 気になる方は、まずは参加を♪⇒参加する





○○さん、こんにちは。
諸橋直子です。



先日から、犬の手作り食についての疑問を
テーマに取り上げています。


「犬に骨を与える必要はあるのか?
 カルシウム源として骨はどうしても必要なものなのか?」



という疑問についてこれまで回答してきましたが
今日は結論です。






「カルシウム源としてどうしても与えなくてはならないか?」


と言われれば、骨以外にもカルシウムを含む食材はたくさんあるので
骨にこだわる必要はありません。



アジや煮干しなどの魚、納豆、、豆腐などの豆製品にも
カルシウムは含まれているわけですから
こうした食材を、食事を通して適量食べていれば
不足によって体調不良を起こすということは通常ありません。



また、加熱した骨の場合、
噛み砕くことで先が鋭くわれて、消化器を傷付ける可能性が指摘されているため
これも「敢えて与える必要は無い」という風に考えることができるでしょう。





一方で、今は通販なので気軽に「犬用の骨付き生肉」なども
手に入れられる時代です。




中には「知人が鹿撃ちが趣味で、時々いただくのよね~」なんていうご家庭もあります。
(うらやましい!!!!)



こんな風に、新鮮で生でも食べられるような安全な骨付肉や骨が入手できる場合、
それは犬たちにとって大きな楽しみとなりますから
ごちそうとして食べさせてあげるのもよいでしょう。







どんな栄養素や食材にも言えることですが



「~~~でなくてはならない」


という限定的な考え方は、私たちの選択肢を狭め
息苦しい思いを強いてくるものです。




なので、もし○○さんが



「犬には○○しか与えてはいけない」
「犬が××という栄養を取るためには○○を摂取しなければならない」



という情報を見かけたら



「何でこの人はこういう風にいっているのかな~?
 そう言い切るだけの根拠は何かしら~?」



と落ち着いてその行間を読むようにしてください。



情報を鵜呑みにしない。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




この習慣が、犬の食事で悩まない
大きなポイントとなります*







(終)






◇追伸1:


今回の「骨を与えるべきか否か?」の事例のように
そういわれる背景を正しく知ることで
不安が無くなり


「我が家の場合はこうだから、こうしよう」


と飼い主さん自身が判断できるようになるケースが
少なくありません。



一方で、そうした判断をするためには
ある程度、ベースとなる基礎知識を持つ必要があります。




「カルシウム」ひとつとっても
栄養学の基礎知識さえあれば



「カルシウム摂取のために骨をあげなきゃだめだよ!」


と言われた場合も



「豆腐にもチーズにもカルシウムははいってるじゃん♪
 骨以外からも摂取できるからいいんだよ~」


と余裕を持って、ベストな方法が選択できるというわけです。






もし○○さんが、


「私もそんな風に、犬の食事についておおらかに考えられるようになりたい!!」



とお考えでしたら、
是非この講座を受講してください。




↓      ↓



【ペット食育士(R)2級認定講座:10月29~30日札幌開講決定】


「入門講座」の次のステップである
「ペット食育士(R)2級認定講座」の開講が決定いたしました。


日時:
2011年10月29~30日の2日間。
各日10:00~17:00(休憩各日1時間)


各日6時間×2時間=12時間で
ペットの正しい栄養学や食事、生理学についての知識を学んで頂きます。



尚、この講座を受講後
確認テストを受験いただき、合格となった場合


「ペット食育士(R)」



の資格が認定されます。






ちなみに…。




この2級講座は『入門講座』で学んでいただいたことをベースに
さらに食事に関する知識を深めていただく講座となります。



巷では犬の食事については色々なことが言われていますし
そうした情報を目にして、○○さんも不安を感じることが
まだまだたくさんあると思います。



2級講座ではそうした情報に対し



「これは○○と言われているけれど、実際には××で、
 だから世間で言われているほど神経質になる必要はないな」


というようなことを、

正しい情報の裏付けを持って
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
○○さんご自身が判断できるようになるための
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
力を養うための講座となります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




また、トリマーや動物看護士と言った
ご自身がお客様から食事のアドバイスを求められる立場にある方は
2級講座でしっかり学んでいただくことで
堂々と、ご自身のクライアントさんにアドバイスをすることも可能となるでしょう。





特に、栄養学の基本をびっちりやりますので


「大丈夫って言われてもやっぱり栄養バランスって気になるんだよね~」


という方の不安は、徹底的に潰します(笑)








尚、北海道では初めての開催となる講座ですが
すでに他県で『入門講座』を受講後、転勤などで北海道へいらした方で
2級講座を受講したい、という方も受講いただけます。





そのため、受講を希望される場合は
今すぐお申込みいただくことをお勧めします。



*『入門講座』を受講済みの方のみお申し込みいただけます*

↓       ↓


★お申込み・詳細のご確認はこちらから。
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&149m1



◇追伸2:


まだどうなるかわかりませんが
圧力鍋を使った犬ごはんレシピを作っていただけますかー?という打診を
某企業さんからいただいております(・∀・)♪



確かに圧力鍋、便利ですねー。



私のイチオシはこちらの鍋です。
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&149m2



ああ、先日釣りをする人からもらった
ブリのアラを煮なくては…。

→もちろん犬用で!


●本日の記事がお役に立った場合は、ワンクリックで応援をお願いします!
ワンクリックで10ポイントが加算され、ランキングが上がります。
ワンポチ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

人気ブログランキングへ



ぐり通信、ご購読はこちら

犬の手作り食やマッサージなど、犬の健康をサポートするための情報をメールマガジンで配信しています。
自宅でできる愛犬のマッサージやアロマテラピー、食事について知りたい方はご購読ください。無料デス*

■無料購読ご登録はこちらから⇒クリックして購読する!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-09-21 12:10:56

過剰に摂取するとカルシウムの吸収を阻害するミネラルとは?

テーマ:犬の手づくり食:カルシウム
●ランキングに参加しています^^
ワンクリックで10ポイントが加算され、ランキングが上がります。
クリックで応援お願いします。
ワンポチ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

人気ブログランキングへ


●mixiで「犬の石けんと手作り食」というコミュをやってます。
 気になる方は、まずは参加を♪⇒参加する




○○さん、こんばんは。
諸橋直子です。



先日から、犬の手作り食についての疑問を
テーマに取り上げています。


「犬に骨を与える必要はあるのか?
 カルシウム源として骨はどうしても必要なものなのか?」



という疑問についてこれまで回答してきましたが
今日は「カルシウム」を摂取する際に
積極的に摂取したい「カルシウムの吸収を補助する栄養素」について
さらに詳しく解説していきます。





カルシウムの吸収率が


●リン
●マグネシウム


という2種類のミネラルによって影響を受けることは
前回のメールでお話ししました。


■犬にカルシウムを効率よく摂取させるには?
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&147m1




「リン」はカルシウムに次いで、体内に多いミネラルです。
カルシウム1~2に対し、リン1のバランスで摂取するのが
効率的と言われています。



それでは「リン」はどのような食材に多く含まれているのでしょうか?


実は「リン」は多くの加工食品に「添加物」として使用されています。


通常私たち飼い主や犬が口にする食材そのものにもリンは含まれていますが、
インスタント食品や缶詰などの、
非常に身近な加工食品の添加剤として
(食品の鮮度維持、変色や変質の防止目的で使用されます)
摂取する機会が非常に多いミネラルです。


(ドッグフードにも『リン酸塩』という形で
 「リン」は含まれているケースがほとんどです)




そのため、どちらかというと
「過剰」になりやすい傾向にあるミネラルと言えるでしょう。




「過剰」になった場合、
リンはカルシウムと非常にくっつきやすい性質があるため
体内でカルシウムが吸収されるのを阻害する事が指摘されています。




何事もバランスよく、ということですね。






食材としては:

卵、大豆、高野豆腐、のり、昆布、ヨーグルト、牛乳


等に多く含まれます。







もうひとつの「カルシウムとの関わりが深いミネラル」である
「マグネシウム」については
次回のメールで引き続きお話ししていきますね。






(終)






◇追伸1:


犬のあれこれを調べていると
どうしても情報の出所として「英語サイト」をチェックしなくてはならない!
という場面が出てきます。




私も英語は得意な方ではありませんが
いろいろなNG食品情報の出所はどこだ~と調べているうちに
こちらのサイトに行きあたることもしばしば。
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&147m2




「英語くらい最低限読めるようにしておいてくださいね~」


と、ペット食育指導士になる際の研修で
ご指導いただいた獣医師の須崎先生に
サラっと言われたのですが(笑)
犬のことについて、深く学びたい、という方は
今後、英語は避けて通れない場面が増えると思います。



そういう意味で…「英語を勉強したい!」という方は
こうした教材を活用されるのも手かと。
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&147m3



ぶっちゃけ、値段がすごく魅力的です。
完全に「お試し価格」(笑)


ちなみに期間限定だそうです。
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&147m4




◇追伸2:


あ、このカレンダー。
もうご予約お済みですか?
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&147m5



私も先日、ようやく予約できましたー。



我が家の実家も、もうじき盲導犬パピー・カンナが
盲導犬の修行のために協会に帰ります。



訓練を頑張る犬たちの
力となりますように…。





◇追伸3:

この石鹸、相変わらず売れてます♪
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&147m6


まとめ買いでメール便送料無料です★

●本日の記事がお役に立った場合は、ワンクリックで応援をお願いします!
ワンクリックで10ポイントが加算され、ランキングが上がります。
ワンポチ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

人気ブログランキングへ



ぐり通信、ご購読はこちら

犬の手作り食やマッサージなど、犬の健康をサポートするための情報をメールマガジンで配信しています。
自宅でできる愛犬のマッサージやアロマテラピー、食事について知りたい方はご購読ください。無料デス*

■無料購読ご登録はこちらから⇒クリックして購読する!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-10-18 13:38:13

犬は他の動物と比べて2倍のカルシウムが必要?【ぐり通信】

テーマ:犬の手づくり食:カルシウム
●ランキングに参加しています^^
ワンクリックで10ポイントが加算され、ランキングが上がります。
クリックで応援お願いします。
ワンポチ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

人気ブログランキングへ


●mixiで「犬の石けんと手作り食」というコミュをやってます。
 気になる方は、まずは参加を♪⇒参加する





○○さん、こんばんは。
Office Guriの諸橋直子です^^



昨晩、黒豆ごはんを炊きました!!

むくみ対策で


「水分代謝がよくなる!!」



とされているものは
とりあえず食う!!!!(笑)
と言う食生活です。






黒豆は、特に下半身のむくみに良いというので
早速戻した汁ごと炊いて、
綺麗な紫色の黒豆ごはんとなりました^^






そして、同じごはんを今日、ぐりさんも食べています。






ただし、黒豆はそのままあげると
消化されずにそのままの形で出て来て



「もったいないこと」

になりますので
豆の部分はよけて、黒豆エキスのしみ込んだ
紫色に染まったごはん部分のみを
ひき肉の野菜炒めと一緒に食べてもらいましたが
これでぐりさんの腎機能もUPするかも???






ちなみに朝、昼と黒豆ごはんをいただいた私は
いつもは夜になってぱんぱんになるふくらはぎが
今日はむくまずにいて、快適です♪





参考にしている書籍も併せてご紹介しておきますね。



↓      ↓


http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&58m1









さて、ここからが本題*




今日は犬の手づくり食で気になる



「栄養素」




について、こんなご質問をいただきましたので
ご紹介します。








-----------------------------------------------------------


諸橋さん、こんにちは。

今日は手づくり食の栄養について質問があって
メールさせていただきました。


手づくりをされている皆さんは
カルシウム摂取はどうされているのでしょうか?



私は以前、何かで

「犬は他の動物と比べて2倍のカルシウムが必要」

と読み、それ以来
カルシウム不足にならないように!!と気をつけています。




うちは煮干し、小エビ、鶏の骨を乾燥させて粉末にしたものや、
たまにししゃも、小魚煮込んだものをあげたりしてますが、
手軽に加えられるものでもう少し種類があればなと
いつも思ってしまいます。



もしよろしければ
メルマガ上でご回答いただけると嬉しいです。

よろしくお願いします。



-----------------------------------------------------------





まずはじめに、カルシウムについて重要なことを
ズバッとお伝えしますね。




































「カルシウムは過剰症がある栄養素です」























つまり、



「与えすぎると様々な、体に嬉しくない症状がでますよ」



ということ。





具体的には、
嘔吐や腹痛、下痢など「高カルシウム血症」というものを
引き起こす場合があります。






普段の食事でいろいろなものをバランスよく口にしている限り
煮干しや魚などの動物性の食物からも
納豆、豆腐、小松菜などの植物性の食べ物からも
カルシウムは摂取できます。





そう、何事も過ぎたるは及ばざるがごとし。





いろいろなものをバランスよく口にすることで
トータルで栄養が摂取出来ていれば
それでいいのではないでしょうか?

















誤解していただきたくないのですが
私は決して、



「カルシウムだってあげすぎると過剰症になるんだからね!」



と、脅したり、ご質問者さんを怖がらせたりするつもりで
このメールを書いているわけではありません。






よほど大量のカルシウムを摂取しない限り
そうそう中毒なんて起こるものではありません。








ただ、そうした特定の栄養素の摂取量のみを気にすること自体に
どれだけの意味があるのだろうか?ということです。






このメルマガを通して、私は過去に何度も繰り返して
○○さんにお伝えしていますが、
ある情報を目にした時、それに対して自分自身がどう考え、
どういう立場を取るか?ということが
最も大切なことです。




本当にその情報は正しいのか???









例えば



「犬は他の動物と比べて2倍のカルシウムが必要」



って、一見正しいように見えて
すごく矛盾をはらんでいると思いませんか?







【疑問その1】


他の動物ってどの動物>猫?フェレット?象?馬?



どの動物と比較して2倍なのかがわかりません。


比較対象がわからないと
そもそもご自身のわんちゃんにどのくらいのカルシウムが必要なのか
分からないと思いませんか?





【疑問その2】

そもそも、


「犬は他の動物と比べて2倍のカルシウムが必要」


と言い切る根拠は?



このお話の出典元が明らかでないので
誰がどういう実験をして、どういうデータをもとに
こういうことを言っているのかが非常にあやふやです。









そして、ネット上には
こうしたあやふやな情報がゴロゴロしています。







こういう情報を見た方が



「これは大変!!!」


ということで、あくまでも善意なのでしょうが
ご自身のBLOGなどで何の疑いもなく
紹介しているのをよく見かけますが
私はこうした



「根拠のはっきりしない情報がどんどんコピーされ、伝達される」



ということには、
はっきり言って怒りすら感じる方です。



何故なら、それを見て
不安になる飼い主さんが連鎖的に増えるから。









そして、過去に私自身も
そうした情報にさんざん振り回された飼い主の一人だからです。








私が手づくり食を始めたきっかけは
このサイトで以前、詳しく書かせていただきましたが

↓     ↓


http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&58m2






本を読めば読むほど
調べれば調べるほど、
情報の沼にはまって行き、何が何だかわけがわからなくなっていきました(苦笑)



一時は材料をグラム単位ですべて計り
ごはんを作ること自体にものすごくピリピリしていました。



カロリー計算もものすごく厳密にやっていましたし
凝り性の部分の良くないところが



「犬の健康を守らなくては!!」



という気持ちと重なって
どんどん自分を追い詰めていました。



結果、本の通りにつくっているし
量も正しいはずなのに
ぐりさん、何故か体重増加に(苦笑)









楽しくないし、ぐりさんは太らせてしまうしで
本当に落ち込みました。






4年ほど前の出来事です…。







そしてあるきっかけを経て、
現在は


「家にあるもので、肉、野菜、ごはんをバランス良く与えること」


で、我が家の手づくりごはんは
のんびりとした、楽しいものになりました。




作り置きなども上手く活用すれば
朝の忙しい時間でも
5分でできる犬用冷やしラーメンもできますし。


↓      ↓

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&58m3




茹でた豚肉を乗っけるだけでできる
犬用パスタもぐりさんは大好きです。


↓      ↓


http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&58m4




毎日のごはんづくりは楽しいですし
獣医さんで定期的に受けている血液検査でも
健康そのもの^^


太鼓判を押していただいています。




そして、手づくり食に対する不安はありません。



何故なら
4年間手づくり食を続けてきて
目に前にいる我が家のぐりが健康で日々、
元気に暮らしているという現実が
何ものにも代えがたいからです。



情報は情報。



それと、我が家のケースは
こうだから、自分はこういう風に考えるし
こういう風に対応する、という
我が家の基準がしっかりできあがっているからです。









そしてもし、今現在
○○さんが手づくり食について
様々な情報を目にして



「これって…どうなんだろう?心配だな、不安だな」




と思うことがありましたら、
こちらのメールフォームよりお送りください。



↓      ↓

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&58m5





できるだけ、実際に役立つ情報で
読者である○○さんが知りたいことを
メルマガで今後も配信していきたいと考えています。










(終)



●本日の記事がお役に立った場合は、ワンクリックで応援をお願いします!
ワンクリックで10ポイントが加算され、ランキングが上がります。
ワンポチ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ




ぐり通信、ご購読はこちら

犬の手作り食やマッサージなど、犬の健康をサポートするための情報をメールマガジンで配信しています。
自宅でできる愛犬のマッサージやアロマテラピー、食事について知りたい方はご購読ください。無料デス*

■無料購読ご登録はこちらから⇒クリックして購読する!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD




ブログパーツ

<

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。