犬、飼い主さんが悩む皮膚トラブルを薬膳ではどう考える? | 犬のための手作り食[ぐり通信]公式BLOG
2016-07-12 11:34:56

犬、飼い主さんが悩む皮膚トラブルを薬膳ではどう考える?

テーマ:犬と漢方
こんにちは、Office Guriの諸橋直子です。

私が住む北海道もようやく夏らしくなりました。
犬たちはおやつに冷やしたキュウリをぼりぼり食べて過ごしています。

さて、先週配信のメールで、

●飼い主さんの美容と犬の皮膚トラブルケア、根本は同じです。
http://www.officeguri.com/archives/6028

という話をしました。

 

皮膚は内臓の状態を反映する鏡、と考えるのが東洋医学であり
その考え方で行くと、

・犬の皮膚トラブル

・飼い主さんの美容

も、根本的には内臓の状態の影響を受けるので
内臓の問題にも目を向け、そこにアプローチしましょう、という風になる、という話でしたが
覚えていらっしゃるでしょうか。

 

 

では、その考え方でいうと、

・女性が悩む吹き出物やニキビ



・犬が悩まされる湿疹やブツブツなどのトラブル

も、東洋医学ではやはり、内臓の状態に原因があるのでは?という風になります。

 

今日はその話をします。

---------------------------------------------------------

●一口に「吹き出物」「ぶつぶつ」と言っても

 それぞれ原因が異なる、と考えるのが東洋医学です

---------------------------------------------------------

犬の吹き出物やブツブツ、飼い主さんのニキビ、と言っても
実は形状はさまざまです。

 

例えば、

・熱をもって赤い吹き出物

・大きくて黒く固くなった吹き出物

・白くて小さなぶつぶつ

と、ざっとあげただけでも、どれも確かに「吹き出物、ぶつぶつ」ですが
状態や色なども大きく違いますよね?

 

東洋医学では、こうした「吹き出物、ブツブツ」の状態や色などから
細かく体の状態を探り、それぞれ違う原因を抱えているので
それらの原因に個別に対応する、という方法を取ります。

 

 

 

・熱をもって赤い吹き出物

であれば、体力が比較的ある場合に生じやすいとされ
この場合のケアでまず考えられるのは、「清熱(せいねつ)」といって
体の炎症を和らげるような食事や生薬などを使うことです。

 

清熱作用がある食材を一つ上げるととすると
最近我が家の犬たちがおやつ代わりに食べている「きゅうり」はその代表です。

 

 

「ええええ、きゅうりでいいんですか!?」

とびっくりする方もいると思いますが
薬膳は、本当に身近な食材でいいんですよ。

 

この場合は、脂っこい食事を避け、淡白なものを中心に
体の熱を冷ます薬効を持つ食材を組み合わせる、という方法が取れます。

 

要は、食生活の乱れも影響して、その結果、体の中に熱がこもる=炎症、となっていると
考えるわけですから
その原因となるような高カロリーなもの、脂っこいものを避けて
淡白な食事で少し体を休ませましょう、という考え方になります。

 

・大きくて黒く固くなった吹き出物

という場合、「血行不良」によって、血液の流れが悪くなり
血液自体も食生活や生活習慣によって、質が悪くなっている状態と考えます。

 

この場合は、血行を促進するために軽い運動をしたり、マッサージを取り入れる
飼い主さんの場合ではゆったり入浴する、
犬の場合であればアロマを使った足浴などのケアを取り入れる、といった対策が取れます。

 

血行を促進するアロマであれば、例えば「ジンジャー(生姜)」精油等がお勧めです。

 

その他にも、ラベンダーなど、リラックスを促す精油をお持ちの場合は
そうした既にあるもので、自分自身が好きな香りで
犬も心地よく感じられるものでも大丈夫です。

 

食事面では、血液の流れを良くするために
体を温める食材などを積極的に取り入れる、血液の汚れを解消しきれいにするとされる薬膳食材を取り入れる、などの
方法を取ることができます。

 

血液の流れを良くし、血液の質の改善によく使われるものに

「酢」

が、あります。

 

 

「ええええ、酢ですか!」

と、これもびっくりされる方が多いと思いますが
最近では東洋医学の知識のある獣医師が、診察結果によっては「食事に酢をプラス」と勧めるケースも
増えてきています。

 

酢も特別な酢でなくてOKです。
その辺で売られている、普通の穀物酢でいいですからね。

 

わざわざ特別な高級な酢などを買わなくてもいいですよ。
(我が家の場合は飼い主が好きなので黒酢を使っていますが完全に好みの問題です)

 

 

いかがでしょうか?

 

 

「へー、結構身近な食材でも
 皮膚トラブルの原因になっている体の状態に
 アプローチできるものがあるんですね」

 

はい、そのように感じてもらえると、私も嬉しいです。

 

薬膳は決して難しくないですし
特別な材料を使わなくてはいけない、というものでもないのです。

 

大事なのは、「その問題が起こっているのは内臓の状態を反映しているのでは?」という視点と
それをチェックする方法、あとは観察眼です。

 

これさえそろっていれば、薬膳は家庭で
手軽に実践することができます。

 

吹き出物やぶつぶつは、犬でも人間でも、体の状態が反映されて
皮膚表面上の現れてくるサインというのが東洋医学の考え方です。

 

なので、その東洋医学の食事法である「薬膳」も考え方は同じです。

 

バランスを崩した体の状態を整えることで
吹き出物などのトラブルも解消する手助けとなる、というのが基本にありますから
そういう食材を犬も人間も、普段の食生活に取り入れるのことで
健康になれる、という考え方ですね。

 

いかがでしょうか?

 

もし、今回のメールを読んで

「愛犬の体のケアを、体全体のバランスを整える、という視点で考えてみたい」

「食事から健康を考えたい」

という風にあなたが感じたり、思った場合は「薬膳の基礎」を学ぶことをお勧めします。

 

 

または、

「最近我が家の犬の食事がマンネリ気味で手作り食もちょっと行き詰りを感じている。
 どうせだったら、美味しくて体にもよさそうな”薬膳”という新しいジャンルも
 学んでみたいなあ」

という方も、ぜひ薬膳の視点を取り入れてみることをお勧めします。

 

 

もし薬膳を学ぶことに興味がある!ぜひ学んでみたい!
何が学べるのかを知りたい!という場合、薬膳に特化した情報を
配信しますので、下記よりメールアドレスをご登録ください。

 



http://www.officeguri.info/tdk/index.php/form/reg?mid=rtktn5
*本名を正しく感じでご登録ください。
カタカナのみ、ひらがなのみ、ローマ字のみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、配信しません。

後日薬膳の情報をメールでお届けします。

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子




 

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
このメルマガの最新号を購読しませんか?

ぐり通信、ご購読はこちら

犬の手作り食やマッサージなど、犬の健康をサポートするための情報をメールマガジンで配信しています。
自宅でできる愛犬のマッサージやアロマテラピー、食事について知りたい方はご購読ください*

■無料購読ご登録はこちらから⇒クリックして購読する!






まずは自宅で愛犬のホームケアについて学んでみたい!
そんな飼い主さんのためにOffice Guriでは
無料で学べるオンライン講座を多数ご用意しています。

ぜひ今すぐ申し込みをしてくださいね!


↓   ↓



●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。


犬の手作り食無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。



犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。



犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。



犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!



愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!








Office GuriのFacebookページ、Twitter、犬用石鹸販売サイトです。
こちらもご活用ください!


Office Guri Facebookページ

Office Guri Twitter

ぐり石鹸公式サイト





人気ブログランキングへ

諸橋直子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス