1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2013-03-29 09:42:44

フィラリア薬についての良くある誤解~アロマテラピーを犬の虫よけに活かす(3)

テーマ:犬とアロマテラピー:虫よけ
こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。


本日も「フィラリア」をテーマにお話を進めていきます。


これまでの過去記事はこちからから。


↓   ↓

■マダニの本当に怖い話:アロマテラピーを犬の虫よけに活かす(1)
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&360m1


■ダニの写真、ショックでした!と、フィラリア投薬で結構誤解されていることの話:
アロマテラピーを犬の虫よけに活かす(2)

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&360m2


昨日の記事については、このようなメールもいただいています。


----------------------------------------------------------------

今日も、衝撃的な写真、ありがとうございます。気持ち悪いけど、
気持ち悪さゆえに、意識が高まります…人間って、見えないものは、
なかなか理解しにくい動物なので。


(登武子さん)

----------------------------------------------------------------


はい、やはり画像で見るとインパクトが強いですね。




視覚から入ってくる情報は強く印象に残るので、
あえて2日間に渡ってショッキングな写真をご紹介した次第です。





さて、ここからいよいよ
今日のテーマの核心に迫っていこうと思います。





前回のメールで、私はこのように書かせていただいたのですが
覚えていらっしゃいますか?





>はい、現在、フィラリアのお薬は
>一か月に1回ずつ飲ませるタイプが主流です。


>そのため、


>「投与後一か間、薬の効果が持続してフィラリアの感染を防いでくれる」


>といった誤解をされているケースも多いのです。



>ワクチンなどと同じようなタイプの「予防」と誤解されているケースがある、
>ということですね。






今日はこの部分の解説です。



フィラリアが蚊を媒介して感染する
「寄生虫」だということは既にお話ししました。


ただ、このフィラリアは成長がゆっくりです。



犬の体に入ったフィラリアの幼虫は
実は2~3ヶ月かけて犬の皮膚の下や筋肉の中で静かに成長し、
約2cmほどの虫になると言われています。





その後、さらに犬の体内で移動し
心臓や肺動脈まで移動することが知られています。





つまり、寄生されたその日や翌日に、
すぐに何らかの症状が出る、というわけではないんですね。





なので…。



「虫が小さいうちに、駆虫薬を投与することで
”虫が小さいうちに殺しましょう”」




というのがフィラリアの薬の目的です。






「え!じゃあ殺虫剤みたいなものですか!?」





そうですね。



やっているのは「殺虫剤的なこと」ですが
フィラリアの駆虫剤は内服薬なので、
犬の健康に影響を与えないようそれでいて効果を発揮するように作られています。



つまり、こういうことです。



「蚊は避けられないし、不幸にも感染してしまうのは仕方が無いので、
虫が小さいうちに定期的に駆除することで
犬の体内でフィラリアが大きく成長することを防ぐための薬」





そのため私は「より理解がしやすいように”駆虫薬”と呼びましょう」と言う
言い方をしていた次第です。





毎月決まった日に薬を飲むことで、
過去1か月以内に感染してしまった場合の、
犬の体にいるであろうフィラリアの幼虫を定期的に駆除してあげる。




これがフィラリア駆虫薬の役割です。




余談ですが春の投薬開始前に、
必ず「血液検査」をすることと思います。





これは万一、前シーズンの最終投薬日の後に季節外れの蚊が犬を刺し、
その際に犬がフィラリアに感染している可能性がゼロとは
言い切れないから行う検査です。



もし不幸にも前年の秋の終わりごろに感染していたとしたら
目立った症状は無くても、犬の体内でフィラリアが大きく成長している可能性があります。





その場合…。






「去年残っていたお薬があるから飲ませよう」


と飼い主さんが自己判断で飲ませてしまうと
心臓に寄生していた結構な大きさに成長していた虫が死に、
心臓に詰まって犬の命に関わる症状を起こす場合があるので注意が必要です。




…。




フィラリアの恐ろしさは、
もう十分にご理解いただけたことと思います。





話を「蚊」に戻します。



「蚊」に噛まれるということには
「フィラリアに感染」以外にも実はもっと別の「デメリット」があることを
○○さんはご存知でしょうか?



「え!フィラリアに感染するリスク以外にもまだ
何か怖いことがあるんですか~???」



はい、まだ数はさほど多くないのですが年々
「蚊に噛まれることがきっかけ」で増えてきている厄介な疾患があります。





その疾患とは…。



長くなったので次号に続きます。



本日は以上です。



ドッグホームケアセラピスト諸橋直子




(終)









◇犬の食事作りの基礎を学ぶ◇
ペット食育入門講座 2013年4月7日(日)札幌市中央区開講!
2時間で犬の食事についての大事なことをピンポイントで学ぶ基礎講座です。



●本日の記事がお役に立った場合は、ワンクリックで応援をお願いします!
ワンクリックで10ポイントが加算され、ランキングが上がります。
ワンポチ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

人気ブログランキングへ



ぐり通信、ご購読はこちら

犬の手作り食やマッサージなど、犬の健康をサポートするための情報をメールマガジンで配信しています。
自宅でできる愛犬のマッサージやアロマテラピー、食事について知りたい方はご購読ください*

■無料購読ご登録はこちらから⇒クリックして購読する!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-03-27 11:50:20

ダニの写真、ショックでした!と、フィラリア投薬で結構誤解されていることの話:アロマテラピーを犬の

テーマ:犬とアロマテラピー
こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

前回のメルマガ記事には非常に多くの反響をいただきました。


↓   ↓


■マダニの本当に怖い話:アロマテラピーを犬の虫よけに活かす(1)
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&359m1



----------------------------------------------------------------


まだにの写真を見て力がぬけてしまいました・・


そしてあまりにも衝撃的でその後の内容がなかなか読めませんでした。
いまも身体がぞぞぞぞぞ~ってなっています。信じられない写真でした。


可哀想なワンちゃんです。この子は全部駆除してもらえたのでしょうか。


昨日ちょうどマダニで人間が亡くなっているという話をしていたところの
今回のメルマガで恐ろしさを再認識しました。


昔実家で飼っていたラッシーにも数匹マダニがいて、
駆除していたのですがそのころはフロントラインとか知らず・・
可哀想なことをしたなと心が痛くなりました(TOT)


繁殖の早さもしりませんでした。


ダニの怖さと何をしなければいけないかまた認識した内容でした。ありがとうございます。


(sanaさん)


----------------------------------------------------------------

こんにちは!

ダニの写真、ショックでした!わが家の子達は
今までダニをつけてきたことは無いので安心していましたが、
年をとっていく毎に免疫も落ちてくるかもしれないので、
もう少しチェックを念入りにしようと思いました。


(古川 孝子さん)


----------------------------------------------------------------


役立ち情報、ありがとうございました。実は先々週、
熱海の山中で犬達を遊ばせ、
我が家の2頭含め連れて行った8頭がマダニをお土産に持ち帰り大騒ぎをしてしまいました。


今年は大量発生と聞いています。とてもタイムリーな情報発信に敬意を評しますm(_ _)m。


(Sさん)


----------------------------------------------------------------


この他にも、あの写真は衝撃的だった…というメッセージをいただいております。


私が以前お世話になっていた獣医さんは
(引っ越し後は別の獣医さんのお世話になっていますが)
マダニが100匹くらい着いた犬の治療で


「専用のダニ取り器で1匹1匹取り除いた経験があります。
あれは犬も大変ですが、獣医師も大変です…」


(ダニ取り器っていうのがあるのか!と思った私。欲しい…)


という経験をされたと話してくれたことがあります。



ダニの繁殖力は強力なので



犬の身体に付けない>付いてしまった場合は早急に除去!



この2ステップが重要になってきます。



ここまではOKでしょうか。



そして今日は「蚊」のお話をしていこうと思います。


そろそろフィラリア投薬開始のお知らせを受け取った方も多い頃だと思います。
ちなみに私が住む北海道は6月頃からの投薬開始が多いですね。


で、肝心の「蚊避け」のアロマですが、その前にまた今回も「ダニ」同様。


↓   ↓





■アロマの虫よけ、どの精油がどの虫に効くか?
…その前に基本の復習~「蚊」編






「フィラリア」の何が怖いのか?


「フィラリア」の薬は何をどうしてくれるのか?


この基本部分をおさらいしていこうと思います。



フィラリアは別名を犬糸状虫という虫です。



フィラリア成虫は…嫌なたとえですが見た目がそうめんに似ています。



メスで長さ30センチにもなり、犬の心臓や肺動脈に寄生します。





これだけでもかなり嫌な感じですがさらにいやなのは、
虫が大きくなり、数が増えると団子状になって心臓に住みつく、という事態が起こります。



団子状…とさらっと書きましたが
実際に画像でみるとかなりの気持ち悪さ炸裂です。




…。



写真、見ます?











(こういうのが苦手という方は見ないことをお勧めします。
間違ってクリックしないよう、間隔をあけています)





http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&359m2



この手の写真は、獣医さんによってはポスターを待合室に貼って


「こういうことになると怖いですからね!フィラリアの駆虫薬は
ちゃんと飲ませてね!」


と注意を促しているところもあります。



想像してください。



もし、自分自身の心臓や動脈といった血液の循環にとって
「キモ」となる部分にそうめんみたいな虫が詰まってしまったとしたら…。


気持ち悪いというのもありますが、
心臓をはじめとする循環器に何らかの障害が起こりそうですよね。


ゼーゼーした咳をする、運動を嫌がる、といった症状が
フィラリア症の典型的な症状として言われるのはこのためです。



「そっか!だからフィラリアの予防薬を飲ませることが大事なんですね!」


はい、そうです。


ただ「予防薬」という呼び方だと、
この薬の働きについて正しく理解できない場合もあるので
このメルマガでは「駆虫薬」という呼び方でお話を進めて行こうと思います。




「え?それはどういうことですか?」




はい、現在、フィラリアのお薬は一か月に1回ずつ飲ませるタイプが主流です。




そのため、


「投与後一か間、薬の効果が持続してフィラリアの感染を防いでくれる」


といった誤解をされているケースも多いのです。



ワクチンなどと同じようなタイプの「予防」と誤解されているケースがある、
ということですね。


「え、違うんですか!


…。


ちょっと混乱してきました!!(汗)」



大丈夫です。


そういう方のために、
フィラリア駆虫薬の働きと月1回投薬する意味について
次号のメールで引き続き解説していきますのでお楽しみに。



本日は以上です。



ドッグホームケアセラピスト諸橋直子




(終)









◇犬の食事作りの基礎を学ぶ◇
ペット食育入門講座 2013年4月7日(日)札幌市中央区開講!
2時間で犬の食事についての大事なことをピンポイントで学ぶ基礎講座です。



●本日の記事がお役に立った場合は、ワンクリックで応援をお願いします!
ワンクリックで10ポイントが加算され、ランキングが上がります。
ワンポチ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

人気ブログランキングへ



ぐり通信、ご購読はこちら

犬の手作り食やマッサージなど、犬の健康をサポートするための情報をメールマガジンで配信しています。
自宅でできる愛犬のマッサージやアロマテラピー、食事について知りたい方はご購読ください*

■無料購読ご登録はこちらから⇒クリックして購読する!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-03-26 10:50:06

マダニの本当に怖い話:アロマテラピーを犬の虫よけに活かす(1)

テーマ:犬とマダニ:虫よけ対策
こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。


東京では桜が満開。
北海道はまだまだ雪の中。


我が家の犬が寝そべる先にある庭も
まだまだ雪がこんもり…。






さて、そんな中
「アロマテラピーを使った犬のための虫よけについて詳しく知りたいです」という
メールが最近増えてきましたので
今日からはこのテーマでお送りしていこうと思います。








----------------------------------------------------------


■アロマの虫よけ、どの精油がどの虫に効くか? 
 …その前に基本の復習。


----------------------------------------------------------



リクエストにお答えして
今日から「アロマの虫よけ」をテーマにお送りしていこうと思います。



と、その前に…。




そもそも何故、虫よけって必要だと
○○さんはお考えになりますか?




「はあ?何言ってんですか!
 犬だって蚊やダニに噛まれたら痛いし痒いからに決まってるじゃないですか!」




はい、ごもっともです。



ところで、「ダニ」「蚊」という話が出てきたついでにお聞きします。



私たちは犬に対して、この2つの虫に対してはことさら気を遣います。



何故でしょうか?







●理由その1:ダニは犬の体につくと、短時間で増えて恐ろしいことになるから





耳の裏側に100匹ほどマダニが寄生していた犬の例もあります。




あんまり見せたくないんですが…。
こういうようなことになるかも…ということですね。





↓   ↓







(お世辞にも気分がいい画像ではありませんので
 そういうのが苦手な方は見ないでください。
 こういうことになる可能性もある、という参考事例としてご紹介しています。




 間違ってクリックしないよう、間隔をあけています)



↓   ↓




http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&358m2













そのため、


「万一、ダニが犬の体についてしまった場合は
 すみやかに駆除する」


といった目的でフロントラインなどが使用されます。



フロントラインにもいくつか種類がありますが
「駆虫薬」であることが基本になります。



つまり、これは「運悪くダニが寄生してしまった場合に速やかに駆除してくれる」ということであり



「ダニそのものを犬に寄せ付けないようにしてくれる薬ではない」



という正しい認識が必要です。







…。







ダニが恐ろしいのは、先ほどの写真でご紹介したような
ダニそのものが皮膚表面にびっしりついて吸血する、というようなこともありますが
輪をかけて恐ろしいのが「感染症」への感染です。




●犬のライム病
●犬のQ熱
●犬のバベシア症





この3つが、ダニが媒介する感染症としてよく取り上げられます。



バベシア症のように発熱を伴うなど、重篤な症状を引き起こすケースもあれば
Q熱やライム病のように、不顕性感染といって
まったく症状が現れないまま経過することがほとんどの病気もあります。



それでも、免疫力が弱った状態で感染すれば
症状が出ることもありますし
もっと怖いのはこれら3つの感染症は、



犬だけでなく人にも感染する人獣共通感染症
(ズーノーシス、人畜共通感染症とも呼ぶ)





だということです。




ダニが犬の体についてしまい、
血を吸う際にその唾液により感染する、とうケースもありますから
そうなると




「犬の体にダニそのものがつかない予防策」



が非常に大切になってくるということが
おわかりいただけるかと思います。





また、最近はこのような「ダニ感染死」のニュースも世間を騒がせています。


↓   ↓

●ダニ感染死:5人目を確認 05年、長崎の60代
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&358m3



これは人間のケースですが、
犬と一緒に散歩で山道を歩くことが多い私たち飼い主も
しっかりと「ダニ対策」をすることが
ますます大切になってくるでしょう。




いかがでしょうか?




「うん、確かにフロントラインなどで
 犬の体についてしまったダニを”駆虫”することは大事。



 でも同じくらい”ダニが体につくことそのもの”を予防することも
 大事なんですね!」




はい、そのようにご理解いただければ幸いです。






そして実は…。







同じことが「蚊」にも言えるとしたら…。




○○さん、びっくりされますか?




実は「蚊」も噛まれるだけで色々な「デメリット」をもたらします。




「それって一体どんなデメリットなの!?」



これについては、次号のメルマガで引き続きお話ししてきますね。






本日は以上です。




ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子



●4/7:犬の手作り食講座の受講お申込みと詳細確認はこちら!
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&358m4


●4/7:ドッグアロマとマッサージの基礎を学ぶ講座の
お申込みと詳細確認はこちら!

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&358m5



(終)







2時間で犬の食事についての大事なことをピンポイントで学ぶ基礎講座です。



●本日の記事がお役に立った場合は、ワンクリックで応援をお願いします!
ワンクリックで10ポイントが加算され、ランキングが上がります。
ワンポチ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

人気ブログランキングへ



ぐり通信、ご購読はこちら

犬の手作り食やマッサージなど、犬の健康をサポートするための情報をメールマガジンで配信しています。
自宅でできる愛犬のマッサージやアロマテラピー、食事について知りたい方はご購読ください*

■無料購読ご登録はこちらから⇒クリックして購読する!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD




ブログパーツ

<

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。