Nikon Z 9 | 川村 勲のブログ

川村 勲のブログ

北海道札幌市のフリーランスフォトグラファー 川村勲 の仕事ブログです。よろしくお願いいたします。  http://www.office-one.net/

Nikonミラーレスカメラ フラッグシップ機「Z9」 がいよいよ発表間近になってきて

何やらザワついております。

 

 

発売までに順に公開されるテザー動画、4本中の1本目が先日公開されました。

Z 9 is Coming - Teaser 1

 

動画を見ると縦グリップ一体型は予想通り、そして今動画での注目点は

背面液晶モニターが3軸チルトが採用されている様子ですね。

しかし全編チラ見せ、思わせぶり満載の動画ですね。

 

3軸チルトはこんな感じ(写真はSONY機)

 

3軸チルトモニターだと縦位置でもローアングルが使い易い、

自分的には真俯瞰料理や内観撮影でも使い易いような気がして◌です。

 

 

Z 9には新開発の高解像積層CMOSセンサーや画像処理エンジンの搭載を予定し

これまでとは次元の違う実力やパフォーマンスを目指している。

あらゆるジャンルの写真家が満足して使えるカメラとして開発が進められている。 

高解像積層型CMOS搭載と8K動画撮影、年内発売は確定しています。

とニコンの担当者のコメントでした。

 

動画は8Kに対応しましたがどうやらスチール撮影を重視した機種の予感。。

 

Z9,,,,,,,かなり好感触

 

画素数はZ7と同じですが、新開発のプロセッサに期待

連写機能も向上してます、Jpegは1秒に160コマ連写って、動画切り出しですかね、凄い。

AFが進化したのとレンズ交換時にセンサーを保護するシャッターがついたのも良いです。

 

しかし以前から気になっている逆光時ストロボ撮影でモデルの顔が真っ黒になってしまうあの問題点、

モニター照度を調整する機能は追加されたのでしょうか。

この点は先日の代理店主催のカメラマンミーティングでも取り上げていた方がいたな、、

 

予想価格は70諭吉オーバーか、そのくらい。

フラッグシップ機はやはりこの価格帯ですね。

 

以下はZ9の特徴

赤字は特にワタクシが注目する点です。

 

 

  • 4500万画素センサー 8256x 5504pxの解像度
  •  
  • 新開発 高解像積層型CMOSセンサー
  •  
  • 20コマ/秒の連写
  •  
  • 連射速度は6MB相当の低解像度JPEGで最大120コマ/秒もしくは160コマ/秒
  •  
  • 8K 30p、4K 120/60/30pの動画撮影性能
  •  
  • 16bit RAW撮影
  •  
  • 新型 EXPEEDプロセッサおそらく、EXPEED 7
  •  
  • AF 精度・速度向上( 被写体認識AFなど ) D6よりも優れNikon史上最高のAF追尾性能
  •  
  • 車のオートフォーカスが搭載
  •  
  • 低輝度限界が -7EVまでに
  •  
  • デュアルスロット( CFexpress B x2 )且つ、ロックフラップ。
  •  
  • ISO 64-25600拡張:ISO 102,400 相当
  •  
  • 高解像 ( 約 945万ドット )240fps リフレッシュレート且つブラックアウトフリーのEVF
  •  
  • 5.5段のボディ内手ぶれ補正
  •  
  • 2億4000万画素をキャプチャーできる新しいハイレゾリューションモード
  •  
  • マルチリーフブレード保護シャッター搭載
  •  
  • チルト型背面液晶おそらく、3軸チルト
  •  
  • 顔を近づけて撮影する場合に便利な3つ目のジョイスティックセレクターが追加。
  •  
  • Fnボタンが4つに増加
  •  
  • シャッター音のレベルを無音から大音量まで調整可能
  •  
  • 発売時期は、2021年11月から12月正式に年内の発売は発表されている。
  •  
  • 65万8,452円〜76万8,194円