ひさしぶりの投稿になりますウインク

 

先日、私が所属する公益財産法人不動産流通推進センターの公認不動産コンサルティングマスターの更新のための研修に参加してきました。

 

朝から夕方までの一日中の研修なのですが、不動産相続を軸にした研修内容で非常に有意義な時間を過ごせて勉強になりました。

 

講師は、ダンコンサルティング株式会社代表取締役で税理士でもある塩見哲先生。

 

塩見先生は不動産業界、税理士業界では有名な先生なのですが、私自身は塩見先生の研修を受けるのははじめてで、少しワクワクしながら谷町九丁目の研修会場に向かいました。

 

研修がはじまると、塩見先生の不動産相続への深い思慮や今までのご経験などに基づく不動産相続の根本ともいうべき話の内容に、ぐいぐいと引き込まれ、あっという間に研修終了の時間となってしまいました。

 

その塩見先生が書かれた著書が【不動産相続の教科書】です。

 

 

不動産相続と企業継承の支援に関する実績豊富なプロフェッショナルが書いた「不動産相続の教科書

 

内容は非常に深いです。不動産相続の根本まで深掘りして、それをもとに思考を構築していくような感じですびっくり

 

不動産相続コンサルティングを行っている不動産のプロや士業向けの本なので、相続や遺言、相続税制について知識があることが前提になっています。

 

ですので、一般の方が読み込むのは難しいと思いますが、相続を専門に扱う行政書士、不動産業者、税理士は必ず読んでおいた方が良い一冊と言えます。

 

単なる相続知識や手続きの話ではない、コンサルティングとはどういうものなのか?

 

そういうことを考えるきっかけを与えてくれる不動産相続の教科書です。

 

 

 

行政書士向井総合法務事務所

http://office-mukai.net/

電話:072-807-7530

 

大阪相続研究所/遺産・相続・遺言の相談窓口
http://osakasouzoku-k.com/