○雑感 | 勝山靖久税理士事務所ブログ
2017-12-05 09:08:55

○雑感

テーマ:ブログ

おはようございますニコニコ

 

 

相撲界が揺れている

 

 

 

いわゆる日馬富士の暴行問題だ

 

 

 

しかし、個人的には最近のマスコミ報道や、世間の論調、力士の所作に極めて不快感を覚える。

 

 

 

まず日馬富士の引退会見である。

 

 

 

日馬富士や、親方である伊勢ガ浜親方のふてくされた態度

 

 

 

一体どちらが加害者か被害者か錯覚してしまうような発言

 

 

 

日馬富士の謝罪は当然だが、親方が管理不行き届きだった管理責任について

 

 

 

私の見る限り何の言及もしていなかったのはなぜでしょう?

 

 

 

また白鵬の優勝会見にも大きな違和感があった

 

 

 

やはり、モンゴル人には本当の日本文化や伝統は理解できないのでは?と感じている

 

 

 

モンゴル人の人間関係や文化はわかりませんが、ここは日本です

 

 

 

あれだけのけがをしている相手がいたら、このような結果になるのは

 

 

 

モンゴル人の中では許されても、日本では至極当然のことなのです

 

 

 

以前友人の子供のけんかをして相手にけがをさせたそうです

 

 

 

子供たちはその場で仲直りしたそうですが

 

 

 

相手側は目に後遺症が残ってしまいました

 

 

 

当然相手の親は弁護士をたてて損害賠償請求をかけてきました。

 

 

 

その後、私が友人に弁護士を紹介する騒ぎになりました。

 

 

 

大人と子供の違いはあれど、まさに今回と同じことです

 

 

 

また、白鵬が貴乃花が巡業部長として参加するなら巡業に行きたくないとか言っているそうですが

 

 

 

いったい何様のつもりでしょうか?

 

 

 

日本の国技で生きているのなら、巡業に参加するなど、横綱として当然の務めではないでしょうか?

 

 

 

こうやってモンゴル勢が幅を利かせてきている相撲界に

 

 

 

日本の伝統が脅かされている気がしてなりません

 

 

 

そんな中、不器用だけどまっすぐに日本人の心をもって突き進む貴乃花親方が

 

 

 

私にはまぶしく映っています

 

 

 

 

勝山税理士事務所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス