●読んだら忘れない読書術 マヨ♪ | 【うさんくさい成幸法則 マヨ♪】

【うさんくさい成幸法則 マヨ♪】

お金の気持ちと成幸の専門家。長崎と東京のデュアルライフを満喫中。気が付くと、旅費交通費だけで年間2000万円超えのハーフリタイヤ生活。仕事と妻と笑いが大好きな2児のパパ。

どもども、

昨日の記事 には思いもかけず、

「元気になった!」とのメッセージが多数届き

調子に乗っているモゲです(笑)



で、そんなモゲ、

昨日はこの本、読んでたマヨ♪


読んだら忘れない読書術/サンマーク出版
¥1,620
Amazon.co.jp



 
せっかくなので備忘録も兼ねて
自分なりにまとめてシェアするマヨ~(^O^)/

それでは、どうぞ♪


●一年経って古くなるのが「情報」、10年たっても古くならないのが「知識」


 

●ザックリまとめるとネットは「情報」を得るもので本は「知識」を得るものといえるでしょう


 

●日本人の年間の読書量は12.3冊、1ヶ月にたったの一冊。


 

●月に7冊読むだけで、読書量において日本人の上位4%に入ることができる


 
●本を読む人と読まない人の決定的な違いは「文章力」があるかどうかに表れます
 


●「作家になりたいのなら、絶対にしなければならないことがふたつある。
たくさん読み、たくさん書くことだ。私の知るかぎり、そのかわりになるものはないし、近道もない」
by スティーブン・キング
 


●セミナーでスライドをそのまま印刷したものを配ることは、絶対に避けるべきだ。まして、プレゼンテーションの前に配布するのはもってのほかである
 


●6分間の読書でストレスが3分の2以上軽減する
 


●読書量と収入は比例する
20~30代の年齢層を見ると、年収800万円以上の人の月額書籍購入費は2,910円。
年収400~800万円未満の人たちは2,557円。
400万円未満の人たちは1,914円
 


●成功している経営者で本を読まない人はいないのかというと、当然そういう人もいるそうです。
しかし、本を読まない経営者で10年、20年と継続的に結果を出す例は極めて稀なのだそうです。
つまり、本を読まない経営者は結果を出せたとしても「一発屋」で終わる可能性が高い。
 


●最も効果的な記憶術として「最初のインプットから7~10日以内に3~4回アウトプットする」
 


●「何度も利用される情報」と「心が動いた出来事」は忘れにくい
 


●ノルアドレナリン、ドーパミン、エンドルフィンなどの記憶力を高める脳内物質を意識的に
分泌させることで、ほんの内容を鮮烈に、そして長期間記憶してしまおう!
 


●私が考える「本を読んだ」の定義は「内容を説明できること」、そして「内容について議論できること」
です。感想や自分の意見を述べられなければ、本を読んでいる意味がないのです。
 


●一冊の本から、3行ラインを引ければ「1500円の書籍の元がとれた」といえるでしょう
 


●本は複数の切り口で人に紹介できることが大事。
 


●だれでも集中しやすい「15-45-90の法則読書術」
 


●人間の脳は「自分の能力よりもすこし難しい課題」に取り組んでいる時に、最も活性化します
 


●ビジネス書の場合は、1年前に読んだ内容ですらおぼろげなのに、漫画の場合は30年前に読んだものでも
ストーリーの細部まで記憶しています。この違いはどこにあるのでしょう?
それは、漫画を読むときはワクワクするからです。
 


●「おもしろそう!」と思って本を買ったなら、買った直後から読み始めることです
 


●もし、あなたに100万円の貯金があるのなら、銀行にあずけておくよりも、100万円分、
本を読んだほうがいいと思います。
もし、10年前からそれを実行していたのなら、貯金は100万円ではなく、
きっと今では1000万円になっていたはずです。
 


●本を買うか買わないかで迷っているのは時間の無駄だから、本を買うかどうかは1分で決めなさい
 


 

で、一番衝撃的だったことはコレ!
 
【本を上手に活用できる人はストレスが緩和され、「悩み事」でくよくよすることから解放されます。しかし、この事実は殆どの人が知りません。】
 

なるほど、一理ある。
 
 
で、
  
 
【「悩み」や「ストレス」を抱えた場合、心理的に余裕がなくなってしまいます。
普段から滅多に本を読まない人が、そんな心理状況で本を読めるかというと、読めないのです。】


うんうん、たしかにそうマヨ(^_^;)
 
 
ということは、日頃から読書している人は

成功しやすいし、悩みもなくなりやすい。

いいことづくめではないか!
 
 
でも、そんなことを言うと、

「読みたいけど、読む時間がないよー」

という声が聞こえてきそう。
 
 

そういう人に対して著者は
 
【「読書したいけどその時間がない」というのは読書ができない人に最も多い「言い訳」です】
 
 
お~、冬山に登山している人からムリヤリ衣服を取り上げるような、なんてスパイシーなお言葉(笑)
 
 
ということで、モゲの備忘録を兼ねた記事でした。
 
 
いつもありがとございます。感謝!
あなたがますます成幸しますように。。。






※ブログに載せれないような、
濃くて笑える情報が欲しい方はメルマガ登録へ♪
https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=mogenano



<シェア大歓迎です。ご自由に>

【関連記事】 ●あなたは悪魔と契約してませんか?