"つながる"ということの幸せ②〜コネプラを生きる | 明珠掌在〜【日常がスピリチュアル!】掌の上にある小さな宝物たち
コネプラは素晴らしく、人類の希望だ!と感じた話は以前書いたけれど、だからといって順調にラスール(認定講師)への道が拓けた訳ではない。


コネプラとの出会い〜森田玄さん・きくちゆみさんご夫妻のこと


学んでいた当初、過去の自分と向き合うことは辛過ぎた。
友達にひどい言葉を浴びせられた子供の頃の悲しい思い出。
大人に囲まれて責められた恐怖の体験。
寂しさ、虚しさ。
諦め、自暴自棄。
良い子でいなくちゃという呪縛。
へんなことを言うとまた叱られるという恐怖。
そんな記憶に向き合う、そしてその時の自分に共感する…
辛くて壊れてしまいそうだった。

そんなとき。
コネプラを学んでいる仲間やメンターは、限りなく共感をしてくれた。
自分で自分に共感できないとき、彼らが代わりに感情を推測してくれる。
私が辛くて混乱していても、ジャストミートな感情を言い当ててくれる。
そして、その感情を満たすためのニーズを教えてくれる。

無条件の共感のシャワーを浴びることで、無条件の愛や寄り添いに気づく。

赤の他人の私に、しかも子供の頃の私に、こんなに共感してわかってくれる人がいる…

やがて、コネプラのコミュニティは、私の安心と安全を満たす場所になった。
一緒に受講した仲間。
指導してくれたメンター。
フォローしてくれる先輩ラスール。
そして、最初は受講生やメンターでありながら、いつしか心から分かり合える間柄になっていた人たち。

コネプラは、私にもう一度子供時代からやり直させてくれたのだと思う。
仲間に含まれることの意味。
人に寄り添うことの意味。
自分を嘆くことの意味。
全てとは言わないけれど、少なくともトラウマが何か違うものに…ただの思い出に変わったと思う。



何度も自己共感でつまづき、苦しみ、ラスールにはなれないと嘆いた自分がいた。
忘れてしまった方が楽なことを、なぜ引っ張り出さないといけないのか。
なぜもう一度傷つかなければいけないのか。
葛藤した。

でも、今ならわかる。
何かあるごとにトラウマが反応して、傷つくことを繰り返し、そこから生まれる怒りをエネルギーにして一生生きていくのが良いのか。
それとも。
今それを引っ張り出し、悲しみや苦しみに共感して思い出に昇華し、もう同じことで傷つかずに穏やかに生きていくのが良いのか。

それは…
繰り返し出血する生傷のまま見ないふりをするのか。
瘡蓋が張るまでは痛みがあるけれど、傷跡は残るかもしれないけれど、今後気にしなくていいくらいに治癒するのが良いのか。
そういう問題と同じ。



今なら、私に「気持ち悪い」と言った同級生の感情にもフォーカスすることができる。
隠し通したかったことを見抜かれて、居心地がわるくて神経がすり減っただろう。
暴かれる恐怖も感じただろう。
不安で混乱してどうしたら良いのか途方に暮れたかもしれない。
それは配慮や安心安全、何より感情的な安心感が大事だったからだろう。

人は、自分を脅かすものから自分を守ろうとするとき、暴力的な反応を起こすんだな…
過去のいくつもの経験にフォーカスし、共感することで、そんなことがわかるようになった。
人と付き合うとき、自分自身の安全を守るためには、まず相手が安心していられる場所になること。
相手が自己防衛反応を起こすことなく、安心して接することができる存在になること。
それできっとうまくいく。
苦しかった自己共感から得た答え。


ではどうしたら相手に対して安心安全な場所になれるのか。

答えは「共感的であること」だ。
まさしく、コネプラの仲間たちや、メンター、先輩ラスールは、私の"安心安全な場所"になってくれていた。
無条件の共感のシャワーを浴びせてくれることで。

過去の経験、それに共感する辛さや不安は、コネプラをやってみることでぐるっと一周回って、他者に共感することで安心安全な場所を手に入れる、というところに戻ってきた。
そして自分が安定する。
閉ざさなくても良い。

気がつくと、私はたくさんの人とつながっていた。
本当に自然に。

過去は面倒だと思っていた人間関係…
気持ち悪いと言っていた「親友」…
今では、わざわざそう呼ぶ必要もないくらい許しあえる仲間がそばにいる。
過去の「ひとり」も今思えば悪くはなかった。
孤独も好きだ。

誰とでも親しくしようと思わなくても、そうなってしまう。
そして誰かと一緒にいる不安や緊張は私の中から消えた。


コネプラを実践すること、それをラスールたちは「コネプラを生きる」と表現する。
共感し続ける。
自分に聞き続ける。
つながり続ける。
難しくない。
たったそれだけのことをやりつづけること…
それがコネプラを生きる、だ。

共感のシャワーをもらった分だけ、今度は私が誰かに寄り添い続ける番。
一番辛かったときのゆみさんの言葉を思い出す。

「きっとあなたと同じような経験をした人が、これからもコネプラに合流してくる。そのときには気持ちをわかってあげられると思うよ」

そのときがきた。
これが私のライフワーク。
ひとりでも、無用な苦しみから解放されるように。
生きていくのが楽しいと思えるように。
つながることの幸せを実感できるように。

50年生きてきてやっと、つながることの幸せを知った今。
私自身もコネプラを生きながら、感謝とともに、寄り添い続けて行きたいと思う。


**********

コネプラでつながってみませんか?

10/7-8 
コネクション・プラクティス基礎コースパート1
岐阜・各務原 ヒーリングスペースHarumonia にて
講師 : 認定ラスール いわた明珠

【講座詳細・お申込み】

コネクション・プラクティスとは?

http://harumonia.biz/cp/


コネクション・プラクティス関連ブログ

https://ameblo.jp/office-harumonia/entry-12340793988.html


ラスールジャパン公式ページ

http://rasurjapan.com/


**********


◉出張講座承ります◉


コネクション・プラクティス基礎コース

コネクション・プラクティスエクスペリエンス(体験講座)

その他(レイキヒーリングクラス、チャネリングクラス、アルケミストの会など)

※詳しいつ講座内容はFBページをご覧ください


ご希望があればご相談下さい!


**********


FB : ヒーリングスペースHarumonia 

https://m.facebook.com/Harumonia888/