大阪というと、なんとなく都会のようなイメージかもしれませんが、私が住んで事務所を構える地域は、ド田舎とは言いませんが鉄道が不便な地域で、忙しい人はみな自分で車を転がして移動しています。

 

先日、地元のお客様の手続きで行政窓口へ行った時のこと。駅前にあるお役所で、担当者さんが私の提出した事業所案内図を見ながら「駅はどこにあるんですか? 駅も含めた地図を出してください」とおっしゃいました。

 

「う~む」と思わずうなってしまう私。バス停から事業所までの詳細な道案内と、どのバスが停まるかといった情報は盛り込んでいたので、十分だと思っていたのですが。「駅まで入れると、相当広域になりますよ?」と申し上げると、それでもいいと言うので、補正の時にものすごい広域地図を持っていきました。

 

その地図を見て、担当者さんもわかってくださった感じ。「駅からかなり遠いですね……、これは大変ですね」と。そうでしょう、そうでしょう。みんな大変な思いをして大阪の街中へ出ているんですよ。……的なことを、私もつい熱く語ってしまいました。

 

今、その最寄り駅(終点)の地下鉄が延伸工事をしていて、2年以内にわりと近くに駅ができます。とは言ってもわが家は「駅前」とは呼べませんが、飲んで帰ってバスがなくなっていたら、タクシーに乗らずとも歩けるぐらいの距離です。のん兵衛の私は今から楽しみです。

AD