「おかあさ〜ん、今日高校の出前授業で、めちゃ面白かった。私の選んだコース、男子校やってん」と、中学生の娘がどさりと男子校のパンフレットを持って帰ってきました。だ、男子校ですか!

なんでも、近隣のいろいろな私立高校からの出前授業で、将来何をやりたいかで今日の授業のコースを選ぶようになっていて、公務員、看護師、アニメ・アートなどと分かれており、娘は面白そうだからと「浪速の商人コース」に行ってみたらしいです。もし私が中学生なら、私もそこを選んだな。DNAですね。

で、牛丼屋を開くよ、あなたは店主で社長で(ふむふむ、個人事業ではないのね)、奥さんに商売を手伝わせる?それとも外に働きにいってもらう?から始まり、原価がいくらで、牛丼一杯いくらで売るとか、思わぬアクシデント発生!とか、借入をするとか、いろいろ生徒たちに考えさせる、なかなかリアルで楽しい授業だったようです。

わ〜〜その授業の講師、私もやりたいかも!

「おかあさんは普段、仕事で社長さんたちとこんなことしゃべってるよ」とか、細かいところに突っ込みをいれたりしてみたら、「お母さん、中学生向けの授業だから」と、高校生の息子にたしなめらてしまった(笑)

こういうの、いいですね。今の子が羨ましいです。
AD