子宮体がん闘病記(4)カミングアウトの効果 | 散らかる頭の中をスッキリ整理! ADHDコーチ 大阪 奈良

散らかる頭の中をスッキリ整理! ADHDコーチ 大阪 奈良

迷走から脱したい女性を丁寧にサポート。

個性に合った具体的アドバイスをします。 頭を整理すると、外見も、家の中も、人生も変わります!

 

「半分だけ取るとかはないので、

 

 子宮全摘になります」

 

 

無神経な医者の言葉にショックを受け、

 

大病院から逃げ帰ってきたのは

 

1月の終わり。

 

 

朝から寒い雨が降り続く日でした。

 

 

 

 

一息入れてから、

 

私は情報を整理し始めました。

 

 

「よいか悪いかで言ったら悪い方」

 

 

「手術室がかなり混んでいるので、

 

 手術するなら数ヶ月先」

 

 

曖昧な言葉は不安を煽りました。

 

 

 

…手術待ちの間に、進行するのでは?

 

…手術すると、腸の癒着が怖い!

 

 

 

私は帝王切開のせいで腸が癒着しており、

 

大腸内視鏡検査で地獄を見るのです。

 

 

遺伝的に大腸がんハイリスクなので、

 

これ以上の癒着は避けたいところ。

 

 

 

 

担当医に強い不信感を持った私は

 

SNSで友人たちに相談してみました。

 

 

遠方住みの現役産婦人科医が

 

さっそくアドバイスをくれました。

 

 

「いきなり手術を言われたわけですか。

 

 子宮内膜の異常は

 しばらく薬剤投与で様子を見る

 こともやるのですよ。

 

 次回、検査結果を聞きに行った時に
 薬による治療はできないんですか?

 と聞いてみてもいいと思います」

 

 

 

他の友人も親身に助言してくれました。

 

 

子宮筋腫が肥大化したため

 

内視鏡手術で子宮全摘した友人は、

 

納得のいく手術を受けるために

 

医療機関を4つも渡り歩いたそうです。

 

 

また、

 

子宮がんで開腹手術を2回した友人は

 

「やはり お腹を開けると後がきつい」

 

と教えてくれました。

 

 

重症の子宮脱で

 

今まさに全摘を勧められている

 

という友人もいました。

 

 

 

子宮の病気を経験している人は

 

意外と身近に多かったんだ!

 

と私は驚きました。

 

 

 

それを知って、勇気が湧いてきました。

 

 

 

 

結局、まず自分から

 

周りにカミングアウトすれば

 

必要な情報は集まってくるんです。

 

 

 

だったら、奈良や大阪に住んでいる

 

リアルの知人にも相談してみよう。

 

 

病院の情報を得るには、それが早い。

 

 

 

いつの間にか

 

私は前向きな気持ちになっていました。

 

 

(次回に続きます)

 

 

 

思考整理アドバイザー・野中ナオミでした。

 

 

 

 

■思考整理セッションご案内■

チェック片付けられない。 忘れっぽい。
チェック時間管理が苦手で、いつもバタバタ。
チェック気が散りやすくて物事をやりおおせない。
チェック考えがまとまらない。言葉にできない。
チェック人間関係がうまくいかない。
チェックADHD児の子育てで悩んでいる。

1つでもチェックがついた貴女。
思考整理で生活をスッキリさせませんか?


丁寧なヒアリングで問題点を整理し、
個性に合った具体的提案をします。


 お問い合わせはこちら★ 

 サービスメニューはこちら★ 

 お客様のご感想・一覧はこちら★