新潟市江南区で新築工事が始まりました!
施主様に許可をいただいたので、いつものように工事の様子を写真を交えてご紹介していきます。

まずは現地の様子です。

頑張れば事務所から徒歩で行ける距離にある造成された土地です。区画内で一番乗りで建築が始まります。

敷地の奥のほうが等間隔にボコボコしているのが見えます。鋼管杭による地盤改良工事が行われました。

ボコボコの穴の中はこんな感じ。鋼管が垂直に埋設されています。

基礎工事に向けて下準備中です。遣り方(木の板)を基礎を造る位置の外周に設置したり、仮設のトイレや水道も設置されました。

基礎を造るための掘削工事です。重機を使って基礎の外周を掘り下げています。

基礎の中央部分にはビニールシートを施工して、地中からの湿気が基礎に伝わらないようにしました。ビニールシートの外周部は掘削されていたところで、捨てコンが施工されています。

給水や排水の管を建物内に引き込むため、先行して塩ビパイプが施工されています。

配筋されました!いつも通り、きれいにそろっています。

捨てコンを打った上に墨出しで線を引いて、その上に配筋を組み上げています。そして、塩ビパイプの周囲は開口部を補強するための配筋をしています。

それから基礎コンクリートを流し込むための型枠を設置します。この型枠も捨てコンでしっかり位置を確認して設置できるので、精確な基礎が造れます。

今回はここまで。
次回、コン打ちの様子をお届けする予定です。
(担当:M.M)