まずは断熱工事の様子から。

床に押出法ポリスチレンフォームが敷き詰められ、その上に床下用構造用合板が施工されました。右奥に見えるのは天井や壁に用いる断熱材の高性能グラスウールです。

床の断熱材の上に施工された構造用合板の継ぎ目にもしっかり気密テープを貼って隙間をなくし、建物の気密性能をアップさせます。

ユニットバスを施工するための下準備。壁に断熱材の高性能グラスウールを施工し、その上に石膏ボードを施工しました。中央上部には換気口の管、天井には電気配線、床下は配管がスタンバイしています。

電気配線と言えば、壁にグラスウールを施工する前に室内のそれぞれの場所に配線されました。グレーは電気配線、オレンジは光ケーブル用の空管です。あらかじめ空管を入れておけば、あとから壁に穴をあけるなどの工事が不要になります。

バスルーム完成しました!壁面は高級感のあるブラックのパネルです。

高性能グラスウールを建物の天井と外周に隙間なく施工しています。快適な建物をつくるためには性能の良い材料はもちろんですが、職人さんが隙間なく施工する必要があります。完成時に目に入ることはありませんが、しっかり施工されました。

1階にも高性能グラスウールが隙間なく施工されました!

その頃の外の様子です。

大量の材料の正体は、

外壁材です。この窯業系サイディングは防火性能や雨で汚れを落とす防汚効果があります。施主様が選ばれたカラーはブラック。
この外壁材を建物に施工すると……

あれだけ積み上げられていた置き場所から外壁材がすっかり消えて、

建物全体に綺麗に施工されました!(カッコイイ!)


今回はここまで。見えないところまできっちり工事が行われている様子を見ることができました。
工事の様子は続きます。

(担当:M.M)