おぢゃっこ倶楽部ブログ|宮城県大崎市の通所介護施設(デイサービス)「おぢゃっこ倶楽部」代表のブログです。

地域と介護のみらいを考える、宮城県大崎市のてづくり介護の通所介護事務所「おぢゃっこ倶楽部」代表のつぶやきです。


テーマ:

はい。おぢゃっこさん、生きてます。大丈夫です。

 

 

さて、前回は『怒の感情が生じるただ一つの原因』をアップしましたが、介護などで明らかになるのは、前々から申しております『そんなに自分は信頼がおける?』か、という問題をないがしろにしてきた、という事実です。

 

つまり、「自分が思っているような自分は存在しない」という問題ですね。

 

 

例えば、僕は職業柄「自分をメタ認知(まー、平たく言えば究極的な客観視とでも考えてもらえばいいです)できない方々」との触れ合いが少なくない訳です。

 

そんな方々であっても他人にはどうとでも言えるもので、当然にご立派な事は言えるのですよ。

 

ただね、昔から言うじゃありませんか。

 

「言うは易く行うは難し」ってね。

 

答えはまさにコレです。

 

 

自分が「知覚している自分」とは「普段言っている自分」なんです。

 

ところが「実際の自分」とは概ね「普段からやっている自分」な訳です。

 

だから僕は書いてますでしょ。ここに書いているようなおぢゃっこさんなんて存在しないんですよ(笑)。もうね、書いたことに合わせようとするだけで、ただただ必死(笑)。

 

 

語弊があるかもわかりませんが、残念ながら単発の言葉など大して信用に値しないもんなんです。言葉がその重さを持つにはやっぱり「1000日」くらい掛るもんなのだな、と思います。

 

どんなご立派な事を書かれていても、365日未満なら…まー、ペテンでも書けるわけです。だいたい篩い落としていい。

 

逆に1000日以上続けて自分を晒しているとしたら、信用性が高いと思って拾っても損はないでしょう。

 

 

さて、話を元に戻しますね。

 

つまり、実際の自分とは、実際に行動してきた自分(その基準は最低1000日、長ければ長いほど確実性は増すでしょう)としてみたら相当分かる訳です。

 

言っていたり考えてたり思ってたりする自分は殆どでたらめなんで「置いておく」。言葉の方は「3年以上」の長きにわたって公言してきた内容以外を篩い落としていいでしょう。それは思考の過程で漏れ出た「世迷い事」です。だいたいにして何の労力もかけることなく0.02秒で出来ちゃう思考なんてもんに信用を置く方がどうかしてます(笑)。

 

 

話は終わりなんですが介護部門なんでね、一応、介護にくっつけますね。

 

だからね、

 

「出来る限り家族で看ていきたい」とか「認知症を理解して関わっていきたい」とか平気でその場で言ったことをプランに書くでしょ?

 

…ブラック君に言わせりゃほとんど嘘だからね。だって、実績ゼロだもん。1000日やってたらまあ、信用してもいいけど、じゃあ、「自分が辛くてしんどくて疲れ切っていても看ていくの?」「寝不足の時に壁一面にウ○コ塗りたくって、深夜に出て行く認知症症状でも付き合うつもりなの?」って釘刺してみたらいい。

 

そしたら「出来る限りを越えてる」とか「理解を越えてる」ってなる訳じゃん?そしたらプランの書き方も変わるんですよ。

 

「現状維持できてるうちは家族で看ていきたい」とか「今の言動程度なら理解して関わっていきたい」とか、ね。

 

少なくとも「実際にやってきた自分」を越えるようなケアプランや介護意思は示さない方が賢明ですよ。そっから3年鍛えに鍛えたってんなら、別ですけど、ね(笑)。

 

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

 



~お読みくださいまして誠にありがとうございます~『おぢゃっこ俱楽部』

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(1)

おぢゃっこ倶楽部さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。