【小田原】おだわら治療院~指圧・整体・マッサージ~

【小田原】おだわら治療院~指圧・整体・マッサージ~

小田原駅東口徒歩4分 アパートの一室で開業しています
腰痛 肩こり 膝の痛み 神経痛 骨盤矯正 全身の様々なお悩みに対応します
国家資格所有
徒手療法に特化した鍼灸を使わない鍼灸マッサージ院です(笑)
土日祝日夜間も営業 駐車場あり

 おだわら治療院
指圧・整体・運動療法

 

HP:http://www.odawarashiatsu.com <一時閉鎖中>

料金

小学生以下 2,000円

中学高校生 3,000円

患部治療   4,000円

全身治療   5,000円

特別治療   6,000円


電話TEL:0465-46-9363(予約制)

※ご紹介のない新規のご予約はHPやブログの関連記事をよくお読みになり、治療方針にご理解頂いた上でお電話下さい。

施術受付時間 10:00~20:00


※ 電話受付は9:00~19:00

 


※時期により当日予約では入りずらい状況をご了承ください



定休 火曜日 


〒250-0011
神奈川県小田原市栄町1-6-16ビラ片岡102



小田原駅東口より徒歩4分。旭ヶ丘高校前。Pあり


NEW !
テーマ:

「指の力ではなく全身で押す」

 

このように伝えて勘違いされがちなのが

 

「体重を乗せて押す」

 

私が体現してほしいのは、それとも違うということです

 


身体をを大きく動すことで

 

その運動の力を重心から伝える

 


前者は足が地面から浮いてしまうのに対し

 

後者は足元から力が流れるイメージになります

 


もし体重を乗せて押してしまうと

 

患者さんには圧迫感を与え

 

改善の効果と同時に疲労も与えてしまいます

 

 

ただし、学校の授業や私が一時在籍していた治療院など

 

多くの場所では前者を基礎技術として教えられます

 


この方が教えるのも覚えるのも簡単ではあります

 

 

しかし、私自身が今回の練習を始めて実感出来たことですが

 

受けてみると明らかに触れられている質が違うのが感じられるのです

 

 

ちなみにこの方法は

 

 

太極拳などの伝統武術にも通ずる動きでもあることで

 

太極拳の講師をされている患者さんとも話しが合いました

 


これは言うは易いのですが

 

私自身も時折意識しないと厳密に出来ているか、いないかも分からなくなってしまうほど

 

繊細に求められる技術です

 


テーマ:

私の手技の原点となる治療院教わった練習と

 

今の私の教える練習は

 

まったく同じではありません

 


それは、治療院の中でも先生によって考え方が違っていたことにも由来しており

 

そういう意味では主義思想を受け継いでいると言えます

 


一方で私は短期間、完全に教育がマニュアル化された別の治療院に在籍していたこともあるのですが

 

その方針とは真逆の方向性になっていると言えます

 


後者ではとにかく強く押すことに重きを置いて教育され

 

前者ではそれなりに強く押しつつも刺激量以上に基礎医学や理学療法、治療理論に重きを置かれていました

 

そして現在の私の教育は

 

常によく押すこと以上に治療理論の細部に言及するようにしています

 

これは長年の兄弟子の先生方の意志に自分の拙い経験を加味した上で辿り着いた結論です

 

 

今後、私自身に心境の変化が起こるかもわかりませんが


こうして答えのない道を歩んでいくのです

 


テーマ:

前回の続きです

 

 

いよいよ押し始めです

 

骨格の脊柱のラインを見極め

 

その左右の際を親指で押してもらいます

 

 

しかし、これは親指の力で押すわけではありません

 

全身の重心移動で押すイメージです

 

そこでも常に余計な力みのないよう脱力を意識してもらいます

 

少しでも触れる指が硬く感じればすぐに指摘します

 

これは今後の練習で長らく繰り返し続いていく重要な課題です

 


単純に意識のみで力みが抜ける訳ではありません

 

ただ、そこに力ずくで何とかしようという意識が介在している以上、そこから先には進めません

 

 

次に意識以外で力みが出る原因を探っていきます

 


それは例えば指圧を行う立ち位置であったり動きであったりします

 

うつ伏せで寝て視界を塞がれても施術者の姿勢、動きは触れられる感覚を通じて分かります

 

「立ち位置を下げて」

 

「大きく身体を動かして」

 

練習を受ける側は見られていないのに的確に指摘されることが不思議だったそうです

 

 

ただ、私自身も同じように兄弟子の先生に稽古をつけてもらっていたので

 

個人的に懐かしい思い出でもあります。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス