14歳と340ヶ月・別館【ヨコウチ会長】

メイドのわたしとご主人さまと


テーマ:
NEW!! 2017年、アニーになりたい歴30周年!
エンタメ特化型情報メディア SPICE
【THE MUSICAL LOVERS】にて、ミュージカル『アニー』についての連載コラム

が 始まりました!
[第1回] あすは、アニーになろう
[第2回] アニーにとりつかれた者たちの"Tomorrow"(前編)
[第3回]アニーにとりつかれた者たちの"Tomorrow"(後編)
[第4回]『アニー』がいた世界~1933年のアメリカ合衆国~ <その1>フーバービル
[第5回]『アニー』がいた世界~1933年のアメリカ合衆国~ <その2>閣僚はモブキャラにあらず!
[第6回]アニーの情報戦略
[第7回]『アニー』に「Tomorrow」はなかった?
[第8回]オープニングナンバーは●●●だった!
[第9回]祝・復活 フーバービル! 新演出になったミュージカル『アニー』ゲネプロレポート
[第10回]『アニー』がいた世界~1933年のアメリカ合衆国~ <その3>ラヂオの時間
[第11回]『アニー』がいた世界~1933年のアメリカ合衆国~ <その4>飢えた人々を救え!
[第12回]『アニー』がいた世界~1933年のアメリカ合衆国~ <その5>ウォーバックスにモデルがいた?
[第13回]ブラックすぎる!? 孤児院の実態
[第14回]ウォーバックスの財力と華麗なる元カノ遍歴
☆☆9月1日 アニー連載更新!☆☆
[第15回]Leapin' Lizards! リメイク映画『ANNIE』のトリビア<前編> 9/1 NEW!!
ミュージカル『アニー』2018年のアニー役・孤児役募集要綱もあります。
ぜひアクセスしてください!


☆!ブログの無断転載・転用・お断りします!☆
☆☆文中 リンクがあるものは わたくしの当時の記事またはオフィシャル記事などに飛びます☆☆
☆!鑑賞レポートはすべてネタバレです!
(メモを取っていないので、間違いがあるかもしれませんが)☆


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ダイワハウスpresents
ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』

9月12日火曜マチネに 行ってきました。
☆初日(前田ビリー)の感想は こちら
☆7月29日(木村ビリー)の感想は こちら
☆8月30日(未来ビリー)の感想は こちら

FullSizeRender.jpg
ビリー:加藤航世さま
父ちゃん:吉田鋼太郎さま
ウィルキンソン先生:柚希礼音さま
おばあちゃん:久野綾希子さま
トニー:中河内雅貴さま
オールダ―・ビリー:栗山 廉さま
マイケル:山口 れん様
デビー:夏川あさひ様
トール・ボーイ:笹川幹太さま
スモール・ボーイ:岡野凛音さま
バレエガールズ:アッシントン

FullSizeRender.jpg
チーム・アッシントン
初お目見え!
チケット取る前 何も考えずにスケジュールを組んでいたら
5回ともアッシントンが入らないことに 
組み直して 買ったのです。

そしてこの日は 初の1階席。
しかも 下手側通路際で
最後に ビリーが 通る特等席!
(マイケルのセリフ待っているのに 横を通るとき 拍手しない勇気を持ちづらい!)
舞台にも すごく近くて
表情が よく見える~~!!

というか まず 言いたい。
加藤航世ビリー、ファッキン スペシャル!
自然な演技、よくわかる口跡、バレエの美しさ・・・
歌も声も 素晴らしいし
あと 足が めっちゃ長い! 大人キャストなみに長い!
あんた めったくそ
特別よ!!

加藤ビリーで初めて
♪こんな 興奮 めちゃくちゃで じゃなくて
♪混乱 興奮 めちゃくちゃで
なのだと わかった「Electricity」、
加藤ビリーが飛ぶと ほんとうに 一瞬
ふわっ
と 舞い上がる。
♪僕は舞い上がる 鳥のように
が 真実。
白いポロシャツの男の子じゃなく 白い鳥みたいに
そう 「白鳥の湖」の 白鳥のように。
重力がなくなって 羽根そのものになった瞬間も 2回ありました。

そして あの まったく力みもなく
ほんの子どもでもあり 大人になりそうでもある 少年の姿が
わたくしも サッチャー政権時代
このくらいの年齢だったことを 思い出させる。
なんだろう、この 特別な
だけど ごくごく普通な 加藤ビリーは!
だからこそ 最後に マイケルに
チュッ
と キッスするの、ドキドキした~~ッ

そして 山口マイケル。
先に 山口マイケルを体験した ご主人さまが
彼の美しい声を 大絶賛していたのだけど
本当にそうだし
それに 山口マイケル
山口のん様の弟だから、というわけではなく
『アニー』に 出られます。
というか 彼の存在が
「次代のアニーを発見!!」と わたくしを興奮させました。

カーテンコールで いちゃいちゃする 加藤ビリーと山口マイケル
FullSizeRender.jpg
IMG_2961.JPG
FullSizeRender.jpg

アニーといえば 出口稚子さま。(2015年タップキッズ)
この日は 席が舞台に近かったこともあって
ツイッターにて 噂になっている件を
やっとこの目で 確かめることができました。
それは 出口シャロンの ウィルキンソン先生に褒められたあとの表情。
嬉しそうな表情から、「うん」という 密かなうなずき、
その後のバレエも すんごくいい笑顔になるの
と~~~っても 可愛い!

ロイヤル・バレエ・スクールの オーディションで
通り過ぎる レオタード姿の女の子たちの
つーん
とした表情と つんけんした いやみなバレエ歩き。
お目目もシニオンも丸い 出口稚子さまに ここでも目が行く。

ティナ・ハーマー秋山綾香さまは ビリーが上手くなったり 褒められると
「もう!」と ぷりぷりするけれど
ヒトデダンスでおなじみ スーザン・パークス井上花菜さまは
ビリーが上手くなりだして 最終的には ピルエットで回り出すとき
お口を思いっきり
あんぐり
して 目を見開いているんだけれども、
その表情は 嬉しそう。
ああ、ビリーの成長を 喜んでいるんだね!
スーザン・パークス、下手に引っ込む際、
一人だけ 一拍多く 踊って(?)いるのも 笑わせてくれます。

チーム・アッシントン(小野 梓さま、久保井まい子さま、近貞月乃さま、並木月渚さま、堀越友里愛さま) の バレエガールズの
うるさ細かさ。
トレイシー並木月渚さまが パイを食べているのみならず
堀越友里愛さまら ちびっこチームも お菓子を回し食べしているんですね。

それにしても 舞台である ダーラムでは
なんであんなに
シマシマが 流行っているのですか??

バレエガールズのレッスン服、炭鉱夫私服、マイケルのボクシングタンクトップ。
ビリーにいたっては かばんに詰めるシャツ 全部 シマシマじゃないか!?

さて わたくしは 日本版4回目の観劇にして
相変わらず 辰巳智秋さまで マジ泣きしております。
この日にいたっては
辰巳さまが かぶっている
カウチンっぽい毛糸帽が わたくしが1980年代に買ったのとおそろい(だと思う)というだけで 泣きました。
ダーラム、相当寒いんだな~~
スモール・ボーイが 最初 飴をなめるけれど
あれ、最終的に 辰巳さまのもとへ行くんですね。。
なめかけをポケットに入れている スモール・ボーイ岡野凛音さまの 得意げな表情!
そして 地下に潜る時の 辰巳さまの りりしい笑顔、
指揮者の方 ここ 立って指揮するんだなーー!!
女性指揮者の方(お名前がわからない・・・) カッコよかったです!

「My Darling Clementin」の 歌詞、
♪ろくでなし 甲斐性なし 保守党のブタめ
の時の
ちょっぴり憎々しい 夏川あさひ様デビーの顔も あらためて堪能。
トニー兄ちゃん中河内雅貴さまの せつなさ、
オールダ―・ビリー栗山 廉さまの 美、
そして
トール・ボーイ笹川幹太さまの 絶対的な上手さ。
トニーに唾を吐くときと
ロイヤル・バレエ・スクールの こましゃくれお坊ちゃまとの 差ときたら!

父ちゃんの 吉田鋼太郎さまとは
この日で お別れ。
「ビリー!
ビリー!!」
の うるささは
みんなだいすき 『海をゆく者』
「シャー
キー!!」

を 思い出させて くれました。
家族みんなの「だるまさんがころんだ」も かわゆいっ

さて、「The Letter(Reprise)」における
♪僕らしく 生きる
のあとの
♪いつまでも いつまでも

ここって もとは
♪Love You Forever Love You Forever
で、同じ言葉の繰り返しだから 
愛している のほうを 削除して
Foreverの訳の繰り返しを優先したんだと思ったけど
(愛していることは、なくても わかるし
Foreverのほうが 「Solidarity」にも入っている言葉だし)

ここを 
♪いつまでも いつまでも
にすることで
いつまでも愛している、という以上に
いつまでも僕らしく生きる ということに つながる。

お母さんが ビリーに望んだこと、
そしてビリーが 決意したことは
Always be yourself(自分らしく生きる)
それは すなわち
individuality(個であること、私が私であること)
カーテンコールの最後の最後にも歌われる
♪What we need is individuality(個性が世界 救うのさ)
にも 歌われている。
群れない勇気。
自分らしく生きるために
たった一人で ダーラムを出て行くビリー。

これらのことが 加藤ビリーが
♪僕らしく 生きる
と 歌ったときに 一気に身体に入ってきたのです。
この解釈が 正解なのかは わからないけれど
わたくしは むちゃくちゃ 胸が 熱くなった・・・

さて、わたくしが『ビリー・エリオット』本編なみに
大好きである カーテンコール。
もう 全部の部分が 好きなのだけど
『ビリー・エリオット ミュージカルライブ』のときは
おばあちゃん 椅子に座っていて
それはそれで 大野一雄さまっぽくもあり 良かったのだけど
日本版は 久野綾希子さまも 根岸季衣さまも
お尻のチュチュを ぴょっ ぴょっ
と 自分でめくるのが 大好き!

そして わたくし
日本版ビリー4回目、ウィルキンソン柚希礼音さま3回目なわけですが
カーテンコール 大好きだから
全体を観ようと思っておるのに
柚希礼音さまの 輝きが・・・キラキラ
「ライトッ」と お茶目に おっしゃる瞬間に 胸キュン、
バレエの チュチュ&ティアラ姿で 出て来てから
下手側で 踊っている 柚希礼音さまの輝きときたら
本番中抑えられていたオーラが
漏れ出しまくっていて
視線が奪われる・・虹

全身に スパンコールがついているの?!という輝きに
目が引っ張られて
「これがオーラか!」と 圧倒されて
恋に落ちないようにするのが 精いっぱい
でした・・・ドキドキ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆エンタメ特化型情報メディア SPICEにて 演劇記事を掲載中です。
●ミュージカル『アニー』についての連載コラム【THE MUSICAL LOVERS】が始まりました!
[第1回] あすは、アニーになろう
[第2回] アニーにとりつかれた者たちの"Tomorrow"(前編)
[第3回] アニーにとりつかれた者たちの"Tomorrow"(後編)
[第4回]『アニー』がいた世界~1933年のアメリカ合衆国~ <その1>フーバービル
[第5回]『アニー』がいた世界~1933年のアメリカ合衆国~ <その2>閣僚はモブキャラにあらず!
[第6回]アニーの情報戦略
[第7回]『アニー』に「Tomorrow」はなかった?
[第8回]オープニングナンバーは●●●だった!
[第9回]祝・復活 フーバービル! 新演出になったミュージカル『アニー』ゲネプロレポート
[第10回]『アニー』がいた世界~1933年のアメリカ合衆国~ <その3>ラヂオの時間
[第11回]『アニー』がいた世界~1933年のアメリカ合衆国~ <その4>飢えた人々を救え!
[第12回]『アニー』がいた世界~1933年のアメリカ合衆国~ <その5>ウォーバックスにモデルがいた?
[第13回]ブラックすぎる!? 孤児院の実態
[第14回]ウォーバックスの財力と華麗なる元カノ遍歴
[第15回]Leapin' Lizards! リメイク映画『ANNIE』のトリビア<前編> 9/1 NEW!!
●アニーになりたい歴30年のわたくしが 本物に出会った!
丸美屋食品ミュージカル『アニー』が全面刷新、ウォーバックス役に藤本隆宏、ハニガン役にマルシア!
丸美屋食品ミュージカル『アニー』2017年新演出家とアニー役・孤児役発表
丸美屋食品ミュージカル『アニー』初日直前ゲネプロレポート
2016年アニー役の河内桃子(こうちももこ)さん・池田葵(いけだあおい)さんにインタビュー
丸美屋食品ミュージカル『アニー』制作発表に野呂佳代アニーも乱入
動画撮影とレポート執筆担当しました!【動画あり】中川晃教×平野綾×橋本さとし×濱田めぐみが熱唱、日本版『マーダー・バラッド』製作発表ミニライヴ レポート
横浜版への意気込み、横浜版の見どころ。韓国版『イン・ザ・ハイツ』横浜公演開幕! ヤン・ドングンとf(x)ルナが会見
●『笑点』の新司会に抜擢された“時の人”昇太さまに質問バブル!熱海五郎一座 熱闘老舗旅館『ヒミツの仲居と曲者たち』開幕直前の囲み会見&ゲネプロレポート
●登壇キャスト全員の写真&コメント 全部掲載!『天使にラブ・ソングを』女性メインキャストが開幕直前会見
●山内ケンジさまと山内健司さまの Wけんじ漫才動画あり!Wけんじ企画 山内ケンジさま×山内健司さまにインタビュー
●佐藤B作さま・銀平さま親子が舞台初共演!東京No.1親子”『あぶくしゃくりのブリガンテ』初日レポ
掲載中です。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。