風煉ダンス『泥リア』@調布市せんがわ劇場 | 14歳と340ヶ月・別館【ヨコウチ会長】

14歳と340ヶ月・別館【ヨコウチ会長】

メイドのわたしとご主人さまと


テーマ:
風煉ダンスといえば
わたくしと ご主人さまが
はじめて デートしたのは
そう、横浜・中華街での 
野外 風煉ダンス『悪漢-AKKAN-』・・・!

ふんどし の 輩が
無意味に 泥水に 飛び込んでいく
姿に
ドキドキ、
つり橋効果 で ご主人さまにも
ドキドキ!?

その後も 
バレンタインに シベリア少女鉄道に 行くなど
演劇愛
を 深めていた わたくしたち。


そんな 思い出の 風煉ダンス、
ご主人さまと いっしょに 観に行きたかったのですが
日が合わず、
それなら わたくしは、
仕事の休みの日に 仙川を堪能すべく
開演の 7時間前から 
仙川に 遊びに来ていました。
(この直前に アド街で 仙川特集をやっていたのは あいにく 旅行中で 見られず・・・!)

まずは ご主人さま おすすめの
「ララパスタ」へ。

黒毛和牛のミートソースと ランチサラダを いただいたのですが
タバスコ中毒、粉チーズ中毒の わたくしが
一切 それらを使わないほどの 美味しさ!
さらに シェフが イケ麺!

そして その後は
一度 行ってみたかった
島忠&しまむら へ

と 思ったら 駅前のお洋服屋も
しまむら が あるせいか、
のきなみ 安くて 可愛い服ばかり。

1つ スカートを買ってから
しまむらで
KARA
みたいな ズボンやら
ブラジャー大嫌いな わたくしも 仕方なくブラらなければならぬ 夏に向け
らくちんそうで 安い 下着を 大量に 買い込みましたが

それでも
洋服1枚?
みたいな お値段
でした。
さすがわ しまむら・・・。

島忠 では
台風でも 大丈夫そうな 24本骨の傘が 1000円!
ハンズメッセのは すぐ こわれたけど
強風でも 傘が さかさまになる機能が あらかじめついている すぐれもの!
さすがわ 島忠・・・。

疲れたので お茶をしに
風煉ダンス 笠原座長さま夫妻が やっている
という 桐朋学園裏門近くの
niwa-coya へ。
(あとから知ったんですが、アド街ランキングで23位に入っていた
んですねー。)
ここで 刺された
ぶよ? だか
蚊だかの かゆみは 3日経っても消えず・・・


さらに 駅前を ぶらぶら散歩して
(まだ2時間くらいあったので、湯けむりの里に行けばよかった!
できた当初行って あまりのしょぼさに 愕然としたのですが
最近リニューアルしたんだとか。。。)

安藤忠雄さま設計の 調布市せんがわ劇場へ。

コンクリ な だけあって
さっそく

YES

と ふっくらした文字で 落書き
が・・・。

なぜ コンクリには プログレバンド・YES の ロゴが
落書きされてしまうのでしょうか?

過去 あらゆるところで 何度も 目撃しております。
♪ああ~ いちどでいいから~ YESと こたえて~♪

ちょっと、ここ
世界の 安藤忠雄さま
建造物よ!

と 誰に言っていいのか わからない思いで
受付を すませ、
いざ 観劇!

ああ、2人の リア王のうち
飯田孝男さまが

「ひざが
痛いよ~」


と 老人な つぶやきを するたびに わたくし爆笑
してしまう 発見の会力・・・!

もう1人の リア王
真那胡敬二さまが

タモリ
とか 言われたときに

「タモリ?
それは アテネの 学者か?」


と マジ顔で 現代人に 聞いちゃう
その自由劇場すぎる姿も わたくし爆笑・・・!

この 老人力
あっての
『泥リア』ですが、

震災前から 稽古していた、と
いうことですが、

震災前に『泥リア』と 雰囲気だけで つけたであろう
題名が
震災後、
地に足がついた、という言い方はヘンですが、

『泥リア』の 泥は 津波の 泥となり

当たり前だったものを 当たり前じゃなくしていく
・・・思い出のもの、
というよりも
昨日まであたりまえに そこにあったものを
泥まみれにして
海底・地底に 沈ませてしまう


そして あの 泥まみれの 地底の人々が
火葬場が 足りず、
番号札で 埋められていった 
名なし(身元不明または戒名なし)の たくさんの人々・・・

「あたりまえが あたりまえで なくなってしまうこと」
の 哀しさ
が だんだん わかってくるにつれ、

そして
リア王の 娘(三姉妹)が
福島第一原発の 1号機・2号機・3号機を 思わせる 怪物
となり 毒を撒き散らしていく

その つくり、
うならされました。

ここは 40年後の 日本。
甲状腺の病気が 多発し、
ボケ老人(リア王)は 昔 東電に勤めていたようで
すぐに 家の ブレーカーを 落としてしまう・・・。

ボケ なのか 昔の記憶なのか、

そして 泥まみれの人たちに 名前をつけてあげた
少女こそ 名前がなくて

彼女は 
リア王の 産まれなかった子。

「男でも女でも
ひかり
と つける 予定だった」

と 聞くと
「私は ひかり!」
と うれしそうに 言う その笑顔が まぶしくて

光を点ける・・・
心に 光を ともすような 感動的なシーン

だと 思ったのに

ご主人さま
東京電力の やってる 通信サービスが
TEPCOひかり
だから

もしくは 林周一さまが ツイッターで 
満島ひかり様が好き
って 言ってたから 
満島ひかり様から とったんじゃない?」

ちょっと!
そうなの?!ドロ林!!!


ああ、細長い ファッションショーを 思わせる 舞台(実際 役者の
無意味な ファッションショーシーンには
『パラダイス☆キス』も まっつぁお だね!)や
アースマラソン などの ちょい古ネタ、

最後 停電になって
「外の星が きれいだ」と 言うから

「広くて~
すてきな~
宇宙じゃないか~~~」


と 言う 準備は できていたのですが、

劇団自家発電 ならぬ
自転車発電


という 謎深い
ラストシーン!

この先の日本は 自家発電しろ!
演劇も 東京電力の 電気使わないで
あいてる役者が 発電しろ!!


という ことと 受け止めました。

ああ、
細かい ギャグ おおざっぱな ギャグから
深くて 大きな テーマまで
ぞんぶんに 楽しめました!

ひとつ ざんねんだったのは
開演前に 商店街を歩くと

「夜の時間は せんがわ劇場~
せんがわ劇場~」


と 
かつての
「レインボー」
みたいな アナウンス
が かかっていたらしいのを 聞けれなかった
こと!

よ~~し!
美味しい店、湯けむりの里 ついでに
今度は 絶対 聞くゾ~~~


あと 受付で「誰扱いですか」って 聞いたら fringeさまの監査が入るので 次回から 気をつけてNE!

ヨコウチ会長さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス