おはようございます!


三連休ですか?
三連休ですね。

今日から宿泊生達がいますね(笑)



今日明日と、新しくできたフェニーチェ堺にて、
堺シティオペラ、

Verdi「AIDA」が上演されます。



フェニーチェ堺、凄い劇場ができました。




アイーダは宝塚でもよく上演されますねラブラブ




本日アムネリスの福原寿美枝さんラブラブ

以前、
共演させて頂いてから大ファンのメゾソプラノ様ドキドキドキドキ

お歌の素晴らしさは言うまでもなく、
とにかくカッコ良い、美しい、優しい、素敵アップアップアップ



他のキャストの皆様も素晴らしい方々ばかりですラブ



アイーダは合唱が多く…
今回も100名程の合唱が入っているとか。

大人の生徒さんがお二人、
出演させて頂いておりますおねがい



行きたいのですが…
三連休は講習です…汗


バレエをして頂いている間は、
私は音楽学校生や劇団生のレッスン。

バレエが終われば宝塚受験生達のレッスンです。




昨晩も劇団生ちゃん。

ゼロから育てている子なので、
今どういう状態かすぐにわかります。

歌は常に一番の子。



公演明け、
体調、
役、

などで声のポジション、
体のバランス、

まだ若い子達なので、
ころころ変わります。



大切なのは常に修正しながら、
鍛えて行く事。




かなりバランスが崩れていたので、
修正しつつ、
トレーニングを伝えました。



これ、たまにしか来ない子は難しい。

皆、忙しいし、うちは遠いので、
なかなか来れません。


でも、試験前だけとか、
数ヶ月に一回来ても、
正直そんなに伸ばせません汗



歌の成績上位の子は、
やはり頻繁に来ます。

千秋楽からそのまま来る子もいるあせる




宝塚受験生でも、

既に癖のついてしまっている子、
他のお教室と平行している子、

も結構難しいダウン



歌の世界では、ダブルで通うのはアウト。

門下制ですから、

歌舞伎の世襲制や、
日本伝統芸能の師弟制度の様に、

一人の先生に習うのが基本です。



先生が複数になると、

言われる事もメソッドも違いますから、

まだ習得出来ていない子には対応できません。



芸の基本は、

先ず教えて頂いた事を徹底的にやる事。
(但し、正しい指導者に)



こんな感じ。
これ位。

では無く、

「これ」と言われた事を、
そのまま、何もアレンジせずに「これ」をする事。



初心者が、
複数の先生につくとそれは不可能。

芸は、そんな簡単なもんじゃないです。


芸の真似事で終わります。




その先生の良い所だけ習う、

みたいな良い所取りをする子で、

本当に上手くなれる子はいません。




でも、宝塚の場合は、

日舞でさえ、同時に三流派。

花柳、藤間、山村。

習います。



劇団レッスンにも様々な先生がいらっしゃって、

様々な先生に習うのが普通です。



特に宝塚受験生は、

受験スクールに行く子も多いですから、

そこから紹介された先生だと断れないし、

スクールでは声楽も取らないといけない。
(いけない訳では無いけどね)



もしくは、
沢山レッスンを受けた方が伸びると勘違いしているから、
とにかくレッスン数(先生、教室)を増やす。



または、
自分がやっていないだけなのに、
伸びないから、と、

自ら新しい先生を探す。




だから、

複数の先生に習う子、
教室を転々とする子が多い。

そして、よく混乱している

ずっと横に歩いているだけで、
前には進んでいない。




ゼロから育てている子は、

順調に伸びてくれますが、

そうでない子は、色々話を聞きつつ、

混らない様に、
本人達が混乱しない様に、苦心します汗汗汗





そういう子は受け入れなくて良いんじゃないの?
と、よく言われます。


でも、皆、必死なのもわかる。

時間が、無い。

音大生の様に数年かけて育てる、は間に合わない。




一人一人の人生、切り捨てたくないです。


でも、
それで本当に変わってくれる子もいます。



変わってくれた劇団生、
先日も公演でお歌を披露していましたが、

良い声で歌えていました照れ
役がどんどん付いて、楽しみアップ




皆、それぞれ、色々あるけれど。

とにかくがんばろね!







吉武貴子オペラ教室