<成長のヒント>


 ありのままに生きるのは素晴らしいが
 

 ありのままの自分で働いていても

 なかなか成長しない。
 
 

 背伸びして働く方が

 実力は早く伸びる。
 
 

 そもそも

 「背伸び」とは、何か?
 
 

 自分の損得を超えて

 周りの人たちを守ること。
 

 自分だけのためでなく

 人のためになることをすること。
 

 求められている役割(ポジション)を

 めいっぱい果たすこと。
 
 

 まずは自分のことは、さっさと終わらせて

 そんな背伸びしながら働いていたら
 
 

 最初は

 「今の自分には...」

 と、仕事に実力が伴わないときが、たくさんやってくる。
 
 

 「これぐらいでいいや」

 と、心が折れそうになるときも、何度もある。
 
 

 そんなときほど
 

 みんなが笑顔になって喜んでいる

 向こう側の世界を夢見て
 

 立ち上がって、かかとを上げ

 背伸びを続ける。
 
 

 すると
 

 あるときから

 自分でも驚くぐらい
 

 それまで大変だったことが

 ラクにできるようになったりする。
 
 

 自分の世界の外側にある

 分不相応の役割(ポジション)が
 

 能力と実力を伸ばしてくれて

 チャンスの受け皿になってくれる。
 
 


 あなたの光に触れる全ての人たちが

 ますます輝いていき


 その光の波が

 世界の果てまで広がることを祈っています。

 小田真嘉

 

 

 <新時代をつくっていきたい経営者やリーダーへ>

 100年先まで影響が残るほど
 業界全体に革命的なインパクトを与える
 「フラクタル経営」が無料で学べる音声講座
  https://fractalist.info/academy/