<成長のヒント>
 

 食べ方には

 無意識、本能、欲、クセ、心の状態...

 が表れている。
 
 

 好き嫌いの食べ物が多いなら

 付き合いの好き嫌いも激しい。
 
 

 たいてい

 苦手で嫌いな食べ物は

 過去に美味しくなかった記憶が原因になっている。
 

 もし、先入観なく

 本物の美味しさを味わったなら
 

 記憶が書き換えられて

 好みが変わる。
 

 
 そんな経験をするほど
 

 身近な人たちに対しても

 本来の良さを見つけられて

 いい関係を築いていける。
 
 

 また

 普段から、一人で食事するときも

 キレイに食べることを心がけていたら
 

 ・普段の振る舞い(所作)

 ・人との付き合い方

 ・働く姿勢(お金の稼ぎ方)

 ・お金の使い方

 ・何か起きたときの後始末
 

 もキレイになっていき

 品性が磨かれていく。


 
 

 あなたの光に触れる全ての人たちが

 ますます輝いていき


 その光の波が

 世界の果てまで広がることを祈っています。

 小田真嘉

 

 

 無料登録するだけで

 電子書籍「THE SHIFT」をプレゼント中!
  

https://the-shift.odamasayoshi.info/members/cf/if
 
 仕事と人生を劇的に加速させる
 「4つのステージ」理論を解説!