わたしには見えるから

テーマ:




海の底へ  底へ 

船を沈めにゆくの

結んだ綱を引きながら

潜り底へ 底へ 

濁りぬめる水を縫って

海の底へ 底へ

そこから見上げる景色なら

知っているような気がするの




「そこにしか

あなたとの幸せは

ないのでしょう?」




船を沈めましょう

海の底へ 底へ

わたしはあなたのものになるの

光さえ届かない場所へ

海の底へ 底へ



アワヲハクイヌ

テーマ:




アタシノ ダイジナ カワイイ ワンチャン


セナカガ  パックリ ドウシタノ

チガ トクトクト コボレテル


シッポヲ フルノネ カワイイコ


オセナカ サスッテ アゲマショー


アラマァ オカオガ ムラサキニ


コノコノ ナマエハ ナンダッケ?


ワスレチャッタワ オキテヨ ワンチャン


オナカモ サスッテ アゲマショー


アラマァ ナイゾウ ハイチャッタ


モドソトシタラ シンジャッタ


クニャクニャシタノガ チラカッテ


アタシノオテテモ マッカッカ







時が逆さまに進む部屋

テーマ:




そのひとはわたしに椅子をすすめて

奥行きの見えない暗い部屋の中で

まるでプリマスロックのような

白黒の縞に赤が映える美しい魚が2匹

揺らめくようにひらひらとたゆたう

大きな水槽を見せてくれた



ところでわたしの部屋の壁は

いくつかの水槽のつながりで出来ている

魚たちの密やかな泡息が浮かぶ仄暗い部屋

テーブルは果たしてあったかなかったか

わたしは水の中で息を止めていると

いくぶん楽に呼吸できるのだった




そのひとは何も言わない

けれども察するに

かれはわたしと同じものを持っている

人に話しても通じることがなかったから

言うのを止めたのだろう







スポンジタイル

テーマ:




高い高い塔の上に


細い細い塔の上に


あたしはひとりぼっち


目の前のグラグラ揺れるビルの壁に


必死で爪を立てて


グラグラグラ グラグラグラ


空から振り子が


振れているのは


見えるんだけど


グラグラグラ グラグラグラ


届かない







もうこの爪


外しちゃおうかな






落ちたらどうなるのかな