3人が気取らずにあれこれ言い合う、大変楽しいトークだった。それぞれの出会いの話や、互いをどう思っているかや、何がどう転機になったかなどについて話がはずみ、浅野さんが特にとってもよく喋ってくれた。浅野さんにとって寺島さんはアニキであり、いろいろ相談に乗ってもらう存在。寺島さんは浅野さんの芝居を見てファンになったと言う。寺島さんと青山監督は、修行時代からの付き合いだが、この3人で会うのは初めてなのだそう。オダギリの名前が、青山監督の口から一回出た。監督が太ったので、『サッド ヴァケイション』 の撮影をしているときに、「オダギリジョーと浅野くんが両側から、監督ハラ出てますよって、ボクのおなかを突っつくんだ」 と笑っていた。監督は浅野さんにトレーニングのメニューを教わって、撮影が終わるまでになんと10kgの減量に成功したそうだ。

浅野さんは、やはり結婚が転機になったと話し、奥様のほうが稼ぎが多かったので、とにかく追いつかなくちゃと必死になったという。そして、とくに子供が出来たことが大きいと言う。女の子が生まれて、それまで思いもしなかったような行動を自分がするようになったというのが印象的だった。キティーちゃん、可愛いななんて思うようになったという話に大笑いしてしまった。


(2007.9.16 フジテレビ)