先延ばしにしていいの? | 子どもからお年寄りまで利用できる【鎌倉よしみ鍼灸院】

子どもからお年寄りまで利用できる【鎌倉よしみ鍼灸院】

院長よしみが日常で感じたことをつぶやています

踊る社会福祉士 小田よしみです。



鎌倉の鶴岡八幡宮で鎌倉よしみ鍼灸院の院長をしています。



先程、地域のフリーペーパーを見ていたら

目に留まったタイトルがありました。



「先延ばしにしていいの?」


何??



気になった。



私は矛盾がいっぱいな人です。

だから思考がぐるぐるします。


その結果、先延ばしにするクセがあります。




自分で事業を始めてわかったことです。




あとで必ず後悔します。

「あ〜〜、あの時やっとけばよかった〜〜。」


後の祭りです。




皆さんもそんなことありませんか?




とりあえず、

私は早速、必要なものをAmazonで購入。

お客様からのご要望にお応えし、調整しました。

自分のこれからのための問い合わせもし、申し込みを決意しました。




自分と向き合うことを先延ばしにすると

同じような事件や物事が必ず私には起こります。


目の前に起きたことを素直に感じ、

さっさと向き合うと意外と大したことじゃないんだな〜〜と思えるようになった今日この頃である。