漢方薬と鍼灸 | 子どもからお年寄りまで利用できる【鎌倉よしみ鍼灸院】

子どもからお年寄りまで利用できる【鎌倉よしみ鍼灸院】

院長よしみが日常で感じたことをつぶやています

踊る鍼灸マッサージ師 小田よしみです。



鎌倉の鶴岡八幡宮の近所で

鎌倉よしみ鍼灸院を開業しています。




最近は、病院でも漢方薬を処方されることも増えました。


実際に漢方薬を飲む人も増えていますね?




実は

漢方と鍼灸って関係が深いんです。



というのは、

診断の仕方は同じなのです。



鎌倉よしみ鍼灸院では

漢方内科の専門医「森クリニック」と

連携しています。



詳しくはこちらをご覧ください!

森クリニック

http://mori-clinic.or.jp/


社交ダンス仲間の森クリニックの森先生↓







実はこんな質問がありました。


足の調子が悪く森先生のところに行ったら、

胃に関する漢方薬が出たんですけど…



その薬は、確かに胃に関するものでした。



五臓の中の「脾」を滋養することで

結果的に身体が元気になるように持っていく漢方薬だったのです。



このように

出していただいた漢方薬から

患者さんに今何が必要かどう診断したのかも

わかってきます。


漢方薬を元に鍼灸師は治療する「ツボ」を選ぶことができます。


患者さんにとって

漢方薬と鍼灸治療の両輪の力が合わせることができます。


ぜひ鍼灸マッサージ院では

飲んでる漢方薬のお話をしてください。