トイレ掃除は可哀想なことなのか? | 子どもからお年寄りまで利用できる【鎌倉よしみ鍼灸院】

子どもからお年寄りまで利用できる【鎌倉よしみ鍼灸院】

院長よしみが日常で感じたことをつぶやています


テーマ:
トイレ掃除を障害者にさせたらいけないのか?




昨日、事件は起きた。


母から夕方電話が鳴った…



仕事中に電話があるからには
何か起きたのか???

心配になって急いで電話を折り返した。




「お兄ちゃんが通っている障害者施設で
トイレ掃除をさせられた!
もう許せない!
施設を変える!」

涙声の怒り声で訴えてきた。


「何、何、何、なぜ???」


母を説得できず、怒鳴り合いに。
疲れる…




母の言い分は次のとおり。
・車椅子なのに、トイレ掃除をさせてかわいそう
・片手しか動かないのに、ひどい
・物も言えない兄にやらせた
・お金払って通っているのに、なぜ兄にトイレ掃除を押し付けたんだ!
(ほとんど国のお金使ってるくせに…)


兄に確認(電話で)
・自分からトイレ掃除をした
・いじめられているわけではない
・騒ぎ立てることではない


私の考え
・兄がトイレ掃除をできたってすごい!
・兄の将来に向けてできることが増えてよかった
・何でトイレ掃除を障害者がしたらかわいそうなのかわからない
・「障害のある兄がトイレ掃除=可哀想」と思う母親の思考が悲しい
・兄が掃除したって、最後に職員がもう一度掃除はきっとしているはず





施設では長年とても良くしてもらっている。
施設通所は気に入っている。

先日、私が母の愚痴に提案した際のこと。
「送迎が大変だったら、送迎してもらえる施設に変えてみたら」
「今の施設ではお兄ちゃんはみんなの役に立っているの。職員さんにもいつも来てくれると助かるんですよ〜。と頼りにされているんだから、変えないわよ」

そう言っていたはずなのに…




今日ケアマネジャーが施設に確認してくれた。
利用者の中で順番で掃除ができる人がやっていっているとのこと。
利用者60人くらいの施設で19人がそのグループのようだ。

子どもからお年寄りまで利用できる【鎌倉よしみ鍼灸院】さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ