尾木ママ、起立性調節障害の子ども達への応援と親の会へのご理解に感謝申し上げます。

NPO起立性調節障害ピアネットAliceは、全国の公私立の中学校へ「起立性調節障害の子どもを支える人たちへ」と言う冊子を送って起立性調節障害の子ども達への理解をお願いしています。

学校の先生方に起立性調節障害について正しく理解していただくために、この冊子を手に取ってご覧いただきたいと思います。

 


鹿児島市の秋のお祭り おはら祭

 

11月になり、今年もあと2か月。

鹿児島市では最大のお祭り、おはら祭が、11月2日の夜祭、3日の本祭りが盛大に行われました。

おはら祭が過ぎると、南国鹿児島も、こたつやストーブを出して冬の準備が始まります顔文字

 

33回目の起立性調節障害親の会のお知らせです。

 

第33回鹿児島起立性調節障害親の会開催のお知らせ

 

日時  12月2日(日)  13時半~17時

場所  鴨池公民館 視聴覚室

参加料  200円(使用料、資料代)

  飲み物は各自でご持参ください。

 

3日に放送されたNHKEテレ「ウワサの保護者会」で、尾木ママが一人で悩んだり、抱え込まず、親の会に繋がることが大切と話されていました。

親の会には同じ経験を持ち、同じ思いの仲間がいます。

病気について、学校、進路の問題、病院、子どもへの関わり方について等、一緒に考えましょう。

経験豊富な優しいお母さん方のお話しも聞けます。

今年最後の親の会開催になります。

今年の色々な思いを話して心を軽くして新年を迎えましょう。

会終了後には忘年会を兼ねて懇親会を開催します。

 

参加申し込み・問い合わせ

 odkagoshima@gmail.com

 

名前・ 住所・ 連絡先・ 子どもさんの学年、懇親会参加の有無をお知らせください。

 
親の会は特定の施術、治療法、宗教、スピリチュアル系、政治関係などの勧誘目的の参加はお断りしています。

安心してご参加ください。

また、親の会参加は予約制にさせていただいています。

 

起立性調節障害に関して、学校、進路、病気、病院、子どもとの関わり方について等のご相談は

  o d k a g o s h i m a @ g m a i l . c o m

までご連絡ください。

直接電話でお話しすることもできます。

 

初めて参加の方、県外からの参加、学校関係者、お父さんの参加大歓迎です。

皆様の参加お待ちしています音譜

起立性調節障害の子ども達をいつも温かく応援してくださっている尾木ママこと尾木直樹先生が出演されているNHKEテレ「ウワサの保護者会」では、11月3日、「心身の不調」をテーマに放送があります。

その中で、起立性調節障害を取り上げ、体験された保護者の方や専門家の先生と起立性調節障害について考えます。

起立性調節障害を正しく理解していただくために11月3日夜Eテレをご覧ください。

 

心配された雨も降らず、晴天の土曜日、動物保護団体NPOあんじゅりあんのイベントに、ブース参加させていただきました。

地元のテレビ局KTSが開局50周年とKTSの日25回の大きなイベントが開催され、たくさんの方が来場されました。
県民ホールの内外で楽しいイベントが開催されました。
外のイベントでは、お笑い芸人さんたちやHKT48のメンバーが参加しての賑やかなイベントがありました。


NPOあんじゅりあんのコーナーではフリーマートや子どものおもちゃとゲームコーナーがありました。

可愛い猫グッズが各種手作りされ販売されていました爆笑

朝採れたてのブドウの販売があり皮ごと食べられる美味しいブドウの試食もありましたライフ白ブドウ

 

起立性調節障害親の会のブースは、目立つように前の方にコーナーを作らせてもらいました。

お手伝いに来てくださったお母さん方のご協力を得て、資料や本、チラシ、パンフレットなどを気軽に立ち寄れるように展示しました。
遠くは県北の出水から、親の会サポートチームの先輩ママが応援に駆けつけてくださいました。
海を隔てた鹿屋からも家族で朝早く家を出て来てくださいました。

 

起立性調節障害の子ども達も小5、小6、中2、中3の男の子が集まり、将棋合戦をしたり、ルービックキューブに挑戦したりして楽しそうでした将棋の駒ルービックキューブ

皆、今日初めて会う子ども同士ですが、気心が通じ合う仲間同士すぐ仲良くなって一緒に遊んでいました。
暑い日差しの外で、チラシを配ってくれた子もいました
ありがとう

中3の女の子もあとから来てくれました。

 

起立性調節障害親の会のブースには、たくさんの方が立ち止まってくださり、資料を見たり、説明を聞いてくださいました。

子どもさんがODの診断を受けているという方、子どもがこの病気みたいだという方、スクールソーシャルワーカーの方、小学校の先生、チャイルドラインの方とお話しさせていただきました。

初めて聞く病気だという方が殆どでしたが、お話させていただき起立性調節障害と言う子どもの病気について、知っていただけたのではないかと思います。

まだ、社会でよく知られていない子どもの病気起立性調節障害を一人でも多くの方に知っていただくために、これからも活動を続けていきたいと思います。

このような広報活動の場を提供してくださったNPOあんじゅりあんに感謝申し上げます。

 

 

ODのR君と妹ちゃんが作ったイベントポスター

 

 

外のステージではKTSの日のイベントが行われていました

親の会のブース

 

将棋大会将棋の駒

 

ルービックキューブで遊ぶODっ子達ルービックキューブ

 

暑い日差しの外でチラシを配ってくれましたありがとう

9月22日、鹿児島県県民交流センターで開催される動物保護団体あんじゅりあん主催のイベントに、起立性調節障害親の会がブース参加させていただきます。

今回で3回目の参加になります。
前回のイベントの様子は(=^・^=)
 
9月22日、23日は地元のテレビ局KTSのイベントKTSの日も同じ県民交流センターで開催されます。
22日は爆笑ライブのゲストMCにハリセンボン、お笑い芸人、パンサーととろサーモンがゲストです。
HKT48から12人のメンバーも出演します。
出店や各種イベントがあり、楽しく賑やかなイベントになりそうです爆笑
 
NPOあんじゅりあんのイベントは交流センター1階のロビーで行われます。
動物愛護活動の広報とフリーマーケット、子どものためのゲームコーナーもあります。
起立性調節障害のブースでは、資料や本の展示と、DVD視聴を行ないます。
ODの子どもが考えてくれたイベントコーナーもあります。
子どもなら誰でも参加できるチャレンジコーナーです。
たくさんの来場者が予想されますので、起立性調節障害を知ってもらうために会場でチラシやパンフレットを配ります。
知名度の低い起立性調節障害を一人でも多くの方に知っていただくために親の会のお母さん方で広報活動を頑張りたいと思います。

NPOあんじゅりあんイベントのご案内
日時  9月22日 午前10時~
場所  鹿児島県民交流センター1階
内容  動物愛護広報DVD上映、フリーマーケット、 起立性調節障害のコーナー
 
たくさんの皆様のご来場をお待ちしています音譜
 
 

 
 
 
 
 
コロナも参加しますニコニコ
9日9日大雨警報が出されて心配しましたが、午後からは小雨になり第32回の鹿児島起立性調節障害親の会を無事に開催しました。
32回目の親の会開催には、16名の参加者がありました。
初めて参加された方が5名ありました。
中2の女の子が2人、中1の男の子1人が起立性調節障害と診断されています。
お母さんが3人とお父さんがお一人参加してくださいました。
診断されてまだ間もない方もおられます。
親の会のお母さんと同じ会社に勤務されている30歳の女性の方が、学生時代に学校に行くことが辛い時期があり、話を聞きたいと参加されました。
結婚されたばかりで体調が辛い時もありますが、自分なりに疲れすぎないように調整されて生活されているとのことでした。

 

動物保護団体あんじゅりあんから今回も3名の方が参加してくださいました。

9月22日に動物保護のイベントを開催されますが、親の会もブース参加させていただきます。
地元のテレビ局のイベントも開催され
、出店やお笑い芸人が来られたり、ストリートダンスの大会もありODの子ども達も楽しめるのではないでしょうか。

たくさんの方が来場されるので、起立性調節障害を知っていただく良い機会と捉え、親の会ではお母さん方と協力して広報活動に取り組もうと計画しています。

 

初めに「あさイチ」のDVDと、以前に放送されたDVDを視聴しました。

その後お一人づつ自己紹介をしていただきました。

ベテランのお母さん方からは、子どもの起立性調節障害を通して親も子も成長できたとのお話がありました。

まだ、発症して浅い初参加の方々からは、心配と焦り、不安なお気持ちが伝わってきます。

参加されたベテランのお母さん方も、初参加の時はそうであったように、子どものことを話す時、涙で言葉に詰る時もあります。

その気持ちを皆が理解し共有できるのが親の会です。

気持ちを話すことで気持ちの整理も付き、前へ進む力も湧いてきます。

親の会に参加されるごとに、お母さんの顔が明るくなっていくのが長く親の会をしていて嬉しいことです。

親の元気が子どもの元気に繋がります。

 

今回の親の会には久しぶりでぽれぽれさんが参加してくださいました。

ぽれぽれさんは親の会立ち上げからのメンバーですが、片道2時間かかる遠隔地にお住まいでしたが、この4月に転居されました。

それと同時に教職に復帰され、支援のお仕事をされています。

大学3年の長男さんがOD でしたが、現在教職を目指して勉強されています。

高校1年生の二男さんもODで学校へ行き難い時期がありましたが、現在は部活に入り遅刻もなく登校されています。

学校関係者で、子どもの発達や心理の専門の知識のあるぽれぽれさんに、起立性調節障害の子どもが学校へ行った時に、学校で安心、安全に過ごすことが出来るようにするための取り組みについてお話していただきました。

障害のある子や、病気の子、心理的な面で不登校になっている子ども達にも同じことが言えます。

家庭と学校が、子どもの立場になって、よりよいサポートをすることが必要となっています。

お忙しい中、ぽれぽれさんが資料も準備してくださり、とても貴重なお話をお聞きすることが出来ました。

ぽれぽれさん、ありがとうございました。

 

ぽれぽれさんのブログ 鹿児島起立性調節障害親の会~ぽれぽれなるままに~

長男さんのODを通して感じたことを書かれた明るいおうち生活のススメシリーズは必見!!

 

今回の親の会では初参加の方へお渡しする資料の準備や当日の会場設営、受付、後片付け迄、中3の子どもを持つお母さん方(中3トリオ)がしてくださいました。

中3トリオの皆さん、有難うございましたニコニコ

 

時間が過ぎるのはいつもながら早く感じます。

話したいこと聞きたいこと、尽きないですがまた次の会で

皆さんで話し合いたいと思います。

参加してくださった皆様ありがとうございました。

 

台風21号が関西地方に甚大な被害をもたらしたばかりの翌日、6日の午前3時8分に、北海道胆振中東部地方で震度7地震が発生しました。
未明の一瞬の地震で逃げ出す余裕もなかったと思われます。
午前10時現在で32名の安否不明者がいるとの報道がありました。
一刻も早く、救命されることをお祈り申し上げます。
また、1週間は余震に注意と言うことですので、くれぐれもお気をつけ頂きたいと思います。
空港の閉鎖、交通、電気、ガス、水道などライフラインの早い復旧をお祈りいたします。
 
 

 

9月5日付南日本新聞26面「みなみのカレンダー」に親の会開催のお知らせが掲載されました。

 

新学期が始まりました。

夏休み中は自分の体調で課外学習に参加できていたけれど、学校が始まると朝から学校へ行くことが出来ないという二人の子どもの保護者からのご相談がありました。

学校に行けない自分を自分で責め、苦しんでいる子どもを見るとなんと言葉かけをしていいのか、親も悩むところです。

もともとまじめな性格の子ども達ですので、学校へ行けないことを自分で責めてしまいがちになります。

子ども達、自分を責めないでください。

自分を責めることはストレスになり病気を悪化させることにもなりかねません。

今は体調が悪くて動けないだけで、時が来れば、おなたの意志次第でどうにでも道は開けます。

やがて来る明るい未来を信じて、今は無理をせず、できるときには少し頑張って、自分のできること、楽しいことをして過ごしましょう。

かって起立性調節障害だった子ども達は、自分のやりたいことを見つけ大学や専門学校へ進学しています。

体調に波のあることもありますが学生生活を楽しんでいます。

社会人となって社会の一員として働き、結婚して子供を出産した人もいます。

大丈夫!

子ども達は無限の可能性を持っています。

子どもの持つ力を信じて、焦らず見守っていきましょう。

 

  第32回鹿児島起立性調節障害親の会開催
 

 

前回の親の会開催には3名の学校の先生方が参加してくださり、たいへん有意義な話し合いが行われました。

休日にも関わらず起立性調節障害を理解したいと会に参加してくださった先生方に感謝申し上げます。

親の会には、まだ診断が付いていなくても参加できます。

同じ経験をした同じ思いの仲間がいます。

一人で悩まないで、参加してみませんか。

 

起立性調節障害に関して、学校、進路、病気、病院について等のご相談は

  o d k a g o s h i m a @ g m a i l . c o m

までご連絡ください。

 

初めて参加の方、県外からの参加、学校関係者、お父さんの参加大歓迎です。

皆様の参加お待ちしています音譜

 

 

  第32回鹿児島起立性調節障害親の会開催
 

 

朝夕幾分涼しさを感じるようになった鹿児島地方ですが、日中はまだまだ暑い日が続いています。
熱中症にじゅうぶん気を付けて、こまめな水分補給に心掛けましょう水

 

前回の親の会開催には3名の学校の先生方が参加してくださり、たいへん有意義な話し合いが行われました。

休日にも関わらず起立性調節障害を理解したいと会に参加してくださった先生方に感謝申し上げます。

親の会には、まだ診断が付いていなくても参加できます。

同じ経験をした同じ思いの仲間がいます。

一人で悩まないで参加してみませんか。

 

起立性調節障害に関して、学校、進路、病気、病院について等のご相談は

  o d k a g o s h i m a @ g m a i l . c o m

までご連絡ください。

 

第32回鹿児島起立性調節障害親の会開催のお知らせ

 

日時  9月9日(日)  13時30分~17時  

場所  鹿児島市鴨池公民館 第2研修室

参加料  200円

      飲み物は各自でご持参ください。

 

参加申し込み・問い合わせ

 odkagoshima@gmail.com

 

名前・ 住所・ 連絡先・ 子どもさんの学年をお知らせください。

 
親の会は特定の施術、治療法、宗教、スピリチュアル系、政治関係などの勧誘目的の参加はお断りしています。

安心してご参加ください。

また、親の会参加は予約制にさせていただいています。

 

初めて参加の方、県外からの参加、学校関係者、お父さんの参加大歓迎です。

皆様の参加お待ちしています音譜

 

参加申し込み待ってるにゃん爆笑