【特別試飲会】摘みたて紅茶に目からウロコMAX!!~生徒&友人篇① | “京都らしい紅茶教室 ティージョルノ”Official blog

“京都らしい紅茶教室 ティージョルノ”Official blog

『世界の紅茶を通して 文化を伝える』
雅な日本人の心を残しながら、海外の茶文化をどんどん取り入れ
“紅茶のある暮らしで心豊かに”をテーマにQuality of Lifeを過ごしませんか。 
毎年、紅茶生産国、紅茶文化の国々に出向き、体験に基づく授業を行なっております。


テーマ:

インドインド帰国翌日、召集。

「摘みたて、製茶仕立ての紅茶を持ち帰りましたよ~」

生徒たちへ、試飲会しますよと早々にメール。

鼻を利かせた生徒たちキラキラが集まりました。

反応良すぎるチームティージョルノ*^^*。

 

 

いつもとちょっと違うテイスティング風景

とにかく見る目、香る。くんくん

いつもより、お顔が紅茶液に近い。いつもよりお鼻がカップの奥深くへ。

“いつもとちょっと違う”2017年ティージョルノのコンセプトですキラキラ

 

とくかく、皆の反応がこれまでに見たことのない程の目からウロコ状態でした^^。

今回は、1人からでもご希望があれば開催しますと採算度外視の試飲会(笑)。

 

普段から紅茶に深い関心を寄せて頂いて知人、友人にもお知らせ。

少しでもたくさんの皆さまに、新鮮な紅茶がどうゆうものかを、ぜひこの機会に味わって頂きたかった。

何せフレッシュティーというもの、早々に体験できない代物です。

紅茶は、通常収獲して、製茶して、プローカー、バイヤー、ティーオークション・・

様々な機関を通過して、各国へ送られます。

 

さくらにお店やメーカーで商品として、ブレンド、パッキング作業をし、消費者のもとに届くまで

いくらかの時間を要します。あっちの国へ行って、そこからこっちの国へと、時には製茶から

数か月ということも。

 

そんな道のりがあるので、昨日、今日に収獲、製茶した紅茶を飲めるチャンスは、非常に稀なことなのです。

もうひとつ、茶工場や紅茶園に行って、

「遥々遠い日本からやっとの思いでここに来れました!」と熱弁をふるっても、

このような長い道のりがあるため、原則的に紅茶は売って貰えません。

 

皆さま~、フレッシュティーを飲むって、貴重な体験ですよね~*^^*。

なぁ~んとなく、このような説明で伝わりましたでしょうか(笑)。

そんなこんなで、ティージョルノでは持ち帰ったフレッシュティーを

ぜひこの機会に沢山の皆さまに味わって頂きたいと思います。

 

第3回フレッシュティー試飲会のお知らせコーヒー

赤ちゃんとご一緒にお越し頂ける日を設けました。

4/28(金)12:00-13:30 ティージョルノ本校にて

お問い合わせ下さい

 

----------------------------------------------------------------------------

“紅茶コース、コースに増設!

新クラス生徒募集のお知らせ

「体験・レッスン説明会」  

Tea giorno 

  ティージョルノstyleで、感性を磨きながら学ぶティーレッスン。

はじめてレッスン~資格取得コースまで コース「紅茶レッスン」

感性を高める分科会「茶通会」  

(完全予約制)

 

“京都らしい紅茶教室 ティージョルノ”Official blog

 

 

4/20(木)15:30~

4/26(水)11:00〜、12:00~、13:00~

4/28(金)13:00~、14:00~、16:00~、16:30~

4/29(土)12:00~、13:00~、14:00~、

4/30(日)12:00~、13:00~、14:00~

 

 

※5月のゴールデンウィーク中の開催日は、こちら。

 

ティーカップ 受講生のご感想は、こちら。

 

京都らしい紅茶教室「ティージョルノ」さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ