【今年最後の茶通会】4名限定とっても贅沢なお茶遊び | “京都らしい紅茶教室 ティージョルノ”Official blog

“京都らしい紅茶教室 ティージョルノ”Official blog

『世界の紅茶を通して 文化を伝える』
雅な日本人の心を残しながら、海外の茶文化をどんどん取り入れ
“紅茶のある暮らしで心豊かに”をテーマにQuality of Lifeを過ごしませんか。 
毎年、紅茶生産国、紅茶文化の国々に出向き、体験に基づく授業を行なっております。


テーマ:

 

京都らしい紅茶教室「ティージョルノ」 

 

今年最後の茶通会がおわりました。

 

和の心得chapter2.「ティージョルノ流・和のしつらえ」
日本の心を大切にお祝いのティーテーブルレッスンです♪

わたくしの大好きなやきもののひとつ佐賀の器たち。
ほか、お気に入りの器ばかりが並びました。新作交え、ティージョルノ初登場の器が沢山。

 

お招きは、骨董と九谷焼作家もの、タイの青磁、イタリアの上質な革・・

そして日本の素材を生かした小物をシンプルに。

 

今春、生徒さま方とご一緒した有田・伊万里ツアーで、購入した器たちも登場!

ツアーの自由行動の際に見つけた出逢ったばかりの器たちも
お手に取ってゆっくりじっくりご覧頂きました。

 

一部の器たちが4セットということもあり、募集人数も贅沢に一席4名様という、
とっても贅沢な茶通会ですキラキラこれまでに無い少人数*^^*。

 

わたくしの実践と体験から、皆さまと一緒に日本料理のおもてなしを器の観点から検証してみたり、

老舗日本料理店の主人たちのもてなし方なども、ご紹介。

 

茶懐石のお持てなしについても、たっぷりとお話致しました♪

参加者の生徒さま方から「へえ~」 「ふ~ん」 「だからビックリマーク」 「それでビックリマーク・・とお声が聞こえました。

皆さま、これまで外食などで味わってらしたお料理の器の扱いや、料理人の器の選び方に

やっとご納得がいったご様子でした*^^*。

 

そして、10月の和の心得chapter1.「ティージョルノ流・和の心って?」でもたっぷりと

お話させて頂きましたわたくしの独断と偏見のティーテーブルアレンジ。

 

Mayumi先生の「和styleの法則」とは?

わたくしの日本の和の心得は、全て『茶道』を軸に表現しています。

 

 

レッスン最後は、お好きな器たちを選び、各々個性豊かにティーテーブルを作っていきます。

何も言わなくとも、皆さまそれぞれにテーマやタイトルを考え、早速 日本の季節感を

表現して下さいました。自由に、楽しくキラキラ

おもてなしは、心。それがティージョルノ流。

 

皆さまからのご感想を少しご紹介させて頂きます

Kさま手紙「Mayumi先生の「和」のコーディネートを学べる機会は絶対はずせませぬ」

Nさま手紙「和は好きですが、詳しくないので参加しました。器、すてき(すぎ)でした。」

Sさま手紙「日本人でよかったなあと改めて思いました。いつも新しいことが知れるので、

      是非次回も参加したい。」

Cさま手紙「先生の和のしつらえを伝授して頂きたくてまいりました。

      おもてなしの心とお皿について学べてよかったです。」

おまけ^^~

Cさま手紙「新教室、泊まり込みたいです♡」

ハートマークを付けて、最後にお書き添え下さいました*^^*。

Kさま手紙「本当に良いお部屋ですね!しかも先生のアレンジのセンスが並では無いです!」

 

ありがとうございます*^^*。ひいき目にも、とても嬉しいです。

来年も、このまま自己流、オリジナリティー満載キラキラでまいります!

どうぞよろしゅうおたの申します

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

“2017.1スタート”

新クラス生徒募集のお知らせ

「体験・レッスン説明会」  

Tea giorno 

  ティージョルノstyleで、感性を磨きながら学ぶティーレッスン。

はじめてレッスン~資格取得コースまで コース「紅茶レッスン」

感性を高める分科会「茶通会」  

12/20(火)11:30~、12:00~満席、13:00~満席

12/21(木)11:30~満席、12:00~、13:00~

追加12/25(日)12:00~、13:00~

12/26(月)11:30~、12:00~

12/27(火)11:30~、12:00~

追加12/28(水)11:30~、12:00~、13:00~

追加12/29(木)12:00~、13:00~

 

ティーカップ 受講生のご感想は、こちら。

京都らしい紅茶教室「ティージョルノ」さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ