会社の有志で開催される、春と秋の恒例琵琶湖バス釣り大会~♪

 
ルールはいつもの1匹長寸勝負、
1匹でもいいから長いの釣ったら勝ち。
 
 
さて今回もいつもの自衛隊 裏から開始~!
 
昨晩から降り続く雨…、
人間の活性が低下…。
 
 
でも、周りの方々皆さん、ポツポツといい感じで釣れているバス
 
釣れるならやる気もUPアップ
 
 
釣り開始からシャロークランクやバイブレーション投げるもノーバイト。
 
早くもいつものボウズ逃れの釣りへ。
 
信頼のスワンプクローラー ネコリグワーム
 
大物狙いで粘って失敗しないよう、実に現実的な戦略にひひ冷や汗
 
 
ポツポツとまぁあぁ釣れるバス
 
ウィードが多くて釣りにくい。
ネコリグをウィードに突っ込んでしまうより、
ノーシンカーワッキーで藻の上でフワフワ誘う方がよく釣れる。
 
しかし、サイズは伸びないルアーブラックバスブラックバス
 
 
時おりベイトが水面をピチャピチャ亜友未
 
別タックルに、ケイテック スイングインパクト(アユカラー) 4インチ ノーシンカーをリグって準備。
 
ボイルみたいなのが発生したのでそこに投入。
 
スローに引いてると、重いアタリとラインがスーッ…。
ズシッ!
グイグイグイ!!
 
 
 
イカツい顔!!
これはゴーマルいったか??ブラックバス
 
 
 
拳が入りそうな大きな口、スイングインパクト丸飲み♪

 
11時終了、リリース含め合計7匹ゲット~♪
 

この日の参加者25人中、釣れなかったのは3人だけ。

いつもなら半数はボウズなんて事が普通なのに、今回は本当に良く釣れた♪

計測したら、1センチ足りない49cmアセアセ
 
 
1位は57cm!拍手
ヒットルアーはジャークベイト…!

ウィード多くて釣りにくい状況で、
ジャークベイト引き倒して57cmゲットは男前グッ

自分の49cmは3位でした~OK


さて、お楽しみの景品♪
 

 
 
 
お目当てのクーラーボックスは1位の人が持っていったので、
自分は無難に獺祭3本セットいただきました♪




恒例のネタ景品イエローハーツ

諸事情により、全てをお見せすることはできませんにひひ
 


コレはさすがにモザイク要るなアセアセ 
 
 
今回も盛り上がった、楽しい大会でした!


さて、家に帰ったら休日主夫。
 
 
 
タイのカオマンガイをイメージしてル・クルーゼで炊いた、手羽先の炊き込みご飯鳥
 
 
 

釣って冷凍しておいたアオリイカと、家にあった食材で適当に作った八宝菜。
 
 


八宝菜は、翌日のお弁当のおかずにも詰めましたお弁当
 

さて、いい加減海に行かないと…!

このエギングハイシーズンに、3週間も海に行かないのはさすがに我慢の限界…アセアセ

 
AD

春と秋の恒例イベント

 
会社の有志が集う琵琶湖バス釣り草大会!
 
参加費を納めて5時開始~ブラックバス
 
ルールはいつもの1匹長寸勝負、1匹長いの釣ったら勝ち。
 
 
参加者22人
浜へ向かう人、岬に立ち込む人、みんな思い思いの場所へ。
 
 
自分はスロープへ。
 
 
 
 
 
結局スロープが今日の一番人気。
 
 
 
 
 
10人以上がひしめく😅
 
 
大雨直後のバス釣り大会、どうなるかなーと思ったけど、ポツポツ釣れてはいるブラックバス
 
 
自分はスイングインパクト4インチ ノーシンカーで29cm ゲットバス
 
 
 
 
小さいが魚体はきれいグッ
 


そんな中、バイブレーションのリフト&フォールをやり続けていた人が50cmアップを釣り上げた!ブラックバス


遠めに見ても明らかに大きな魚体ブラックバス
どよめく一同目


その直後に別の人がまた50アップゲット!!ブラックバス


しばらくしてまた別の人が50アップゲットブラックバス


大物が出るたびに
「オオー!でかい!」

パチパチパチパチパチ

歓声や拍手がわき起こるグッ


しかし、基本的には渋い状況、1人1匹釣れるか釣れないかの世界。

複数匹釣った人はわずかブラックバス

それでも釣れれば50アップの可能性があるとなれば、
自然とテンションも上がるアップ


・・・、しかし結局自分は追加ならず、11時大会終了。


いー天気でしたルンルン





計測会
 

 
でかいの釣れてますね~ブラックバス
 
 
 
 
 

 
結果発表とお楽しみの景品ルンルン
 
 
 
毎度の事ながら、怪しげな景品多数にひひ

今回の目玉景品は、サムソナイトのビジネスバッグ学生鞄
実に実用的な景品OKにひひ
 
 

結果発表
1位 55cm ジグヘッドワッキー表彰台

2位 54cm バイブレーション表彰台

3位 50cm センコー(ノーシンカー?)表彰台

上位3人が50アップというハイレベルさブラックバス

以下8位までが40アップブラックバス


参加者22人中釣れなかったのは7人、やっぱ渋めだったかな。

それでも釣れればデカイという楽しさがあった。

久しぶりに大物が出て(自分は小さかったけどあせる
大会が盛り上がって楽しかった音符



自分は29cmブラックバス 10位で「久保田」ゲットグッ
 
 
 
晩御飯に
景品の高菜と豚肉とナスを炒めたおかず。
 
 
 
コレ、簡単でウマーいOK

ナスを切って豚肉こま切れと炒めるだけ、味付けは高菜漬けのみ、本当に超簡単にひひ



バス釣り大会幹事の方々、準備などいろいろ大変だったと思います。
ありがとうございましたキラキラ
 
 
 
 
AD
久しぶりに琵琶湖の沖島へ、ブラックバス釣行♪
 
 
今年の夏、
2回行った琵琶湖の沖島ブラックバス釣り。
 
2016年7月30日の沖島バス釣行記事
 
2016年8月9日の沖島バス釣行記事


どちらの釣行も、巻き物ルアーで釣れまくった、
パラダイスなイメージしかない沖島。

 
冬に行くのは初めてだけど、
釣れる気マンマンで7:15の始発便に乗り込むふね
 
 

相変わらず、のどかな沖島ひょっこりひょうたん猫


 

とても静かな沖島。
 
聞こえるのは波の音、風の音
 
 

そして
猫の鳴き声猫






この日は猫が多かった~neco*猫ニャンコニャンコ

 夏場はこんなに出てこなかったのに。
 
 

では釣り開始。


 
さっそく巻き物系ルアーで探る。

バズベイト
スピナーベイト
プロップベイト
 

・・・

まさかの無タラー

 
夏には見えバス沢山いたのに、この日はブラックバスどころかベイトフィッシュの姿も無い。
 

まさか…、こんなバカな…!

あの沖島が、冬はこんなに生命感無いとは・・・。

 
同行者さんはヘビキャロ+サターンワームで探るも、こちらもアタリ無し。
 
 

たまらず移動、漁港の方へ戻る。
 
 

漁港内で小バス発見、同行者さんゲットルアー




とりあえず漁港内に居る事は分かった。
けど、
今日はこれを狙いに来たわけではないので移動。




・・・
うーむ、バスが全然いない・・・タラー

 
いろいろ探ってみるものの、二人とも全然釣れない。
 
 
時間はもう11時。
12時の船便で帰る予定なので、漁港に戻って小バスと戯れる事に。
 

 
さっそく猫たちがお出迎え猫



 


ネコリグで、やっとこさファーストフィッシュルアー



 

15cm前後くらいのはポロポロ釣れるブラックバス





釣れるたびに、猫の気配が・・・ねこ




ブラックバスねこ




ブラックバスねこ



 

いちおう沖島では「猫ちゃんに食べ物を与えないでね」と書かれている。
 
沖島でバスが釣れると、ちょっとした葛藤に悩む。
 
外来魚リリース禁止
猫への餌付け禁止
 
では、
釣れたバスはどうすればいい…??
 
キャッチ&リリースよりもキャッチ&イートの方が自然の摂理にも合っていると思うので
食べてもらうことに猫と魚




バリバリと音を立てて貪る様子に、野生を感じずにはいられないねこ
 
 



漁業会館では、漁師さん達が外来魚を大量に水揚げ中ブラックバスブラックバスブラックバスブラックバス
 
ロクマルクラスを手に持った漁師さんの姿もブラックバス
 
外来魚回収用の大きなタルが次々と満杯になっていく。
 
今時期は確かビワマス禁漁期間だし、こうやって沖島の漁師さんは生計を立てているのですね。

と、思ったら
ビワマス漁解禁は12月1日からなんだそうです。

またあの美味しいビワマス食べれる機会があればいいなぁ~照れ



 
結局自分は7匹くらい、同行者さん10匹以上ブラックバス釣って帰路へふね

 
大きいのが釣れなかったけど、のどかな沖島で釣りができて癒されましたグッ
 
 
 

帰りに堅田でラーメン食べる事に。
 
らーめん与七





某天一系のこってりスープラーメン


 
 
でも天一ほど後味クドくないので、ラーメン(大)でも最後まで美味しくいただけました☆
AD