能力を封印する過去生の続きです。

 

 

サイキックリーディングは

簡単に出来そうと思っていた方が

 

 

高次に繋がることを

拒否していて

 

 

その原因が

過去生で、呪術や魔法を

扱っていることにあるとのこと。

 

 

視えてきた過去生では

不思議な力を

周りの人が喜ぶことに使っていました。

 

 

役に立てることが嬉しくて

奢ることなく

素直に、自分の力を発揮していたのに

 

 

権力者に目をつけられ

立場を脅かされる存在と認識されてしまい

山に幽閉されてしまったのでした。

 

 

自分の力のせいで

ねたまれて

哀しく、孤独な思いを味わうことになり

 

 

誰かを責めることもせず

自分を追い込んでしまいました。

 

 

視えないことや

物理的に説明がつかないことを扱うと

 

 

大変な目に合う!

命を危険にさらす!

 

 

という強い想いがあり

 

 

さらには

目立ったらいけない!

頭角をあらわしてはいけない!

 

 

という想いも持ったようです。

 

 

きっと、何度も

サイキックな力で、活躍したり

大変なことになったりしてきたと思います。

 

 

でも、今の日本は

スピリチュアルの認識が

だいぶ、広まってきているし

 

 

瞑想や引き寄せの法則なども

普通に語られるのだから

 

 

どれだけ力を発揮しても

大丈夫ですよね。

 

 

自分でかけた頑丈な鍵を

はずすタイミングが来ています(*´▽`*)

 

 

楽しみながら

スピリチュアルリーディング基礎編を

やっていきましょうね♪