わんこも、そして飼い主さんも

ocean style オフィシャルブログ


テーマ:


「犬を叱る」「犬を褒める」というエントリの第二弾です。
これまで「褒める」と「叱る」について、色々と書いてきています。
まだお読みでない方は、「しつけ、問題行動改善について」のテーマ にある、これまでのエントリをお読みいただければと思います。
それらが前提となっての、このエントリです。

さて、「犬を叱る」「犬を褒める」というエントリ の最後に、このように書きました。


では、この「いいところを伸ばす」ためにやる「褒める」だけでやっていくには、どう考えればいいのでしょうか?
「叱る」という行為と、「褒める」という行為をよくよく考えると、そこに実はヒントが隠れています。

それは「禁止」と「代替案」です。


近年「犬を褒めてしつけましょう」ということは、本当によく言われるようになってきました。
しかし、ただ闇雲に褒めているだけでは、やはりうまくいきません。
だからでしょうか。
叱ることも、ときには必要だ」という意見も、やはり見られます。
この「叱る」という行為の目的は、「やめさせる」「制止する」「禁止する」と考えることができます
時折、「反省させる」という意見も目にしますが、多分犬は反省しません(反省しているように見えることはありますが)。

さて、少し具体的に考えてみましょう。

たとえば家のリビングに、1頭の犬がいるとします。
のんびり寝ていたと思ったら、むくりと起き上がり、そわそわし始めました。
そして、近くにあったゴミ箱に顔をつっこみ、中身を出して遊び始めてしまいました。
飼い主さんは、「あー!コラ!ダメ!」と言いながら、止めに入ります。
しかし、犬は捨てられていたビニールを咥え、家の中を逃げ回ります。
飼い主さんは何とか捕まえようとしますが、逃げ回ってなかなか捕まりません。
捕まえたら捕まえたで、なかなかビニールを離しません。
飼い主さんはやれやれといった表情でオヤツを取り出し、「ちょうだい」と言いながらビニールとオヤツを交換します。
犬は、なんだか満足そうです。

これは、いわゆる「イタズラ」の問題ですね。

この問題への対応には、いくつかのパターンがあります。

イタズラへの対応一つ目:叱って止めさせる

しかし、この「叱って止めさせる」という対応では、うまくいかないことがあります。
それがまさに、↑に挙げたようなパターンです。
飼い主さんとしては「叱ること」で、すぐにイタズラを止めさせようとするわけですが、この犬のように「逃げ回る」という行動から、「追いかけっこ」という遊びに発展してしまうことがあります。


イタズラへの対応二つ目:オヤツを出して交換

この対応なら「口に咥えているものを出させる」ということは可能ですね。

しかし、この二つの対応はある意味で「犬の思うツボ」になっていることがあります。
勘のよい方なら、もうおわかりでしょう。
犬の行動と、その後の結果の流れを見てみましょう。

  イタズラをする → (結果的に)追いかけっこが始まる
  咥え続ける → 「ちょうだい」とオヤツが出てくる

どちらも、犬にとっての「いいこと」が、行動の後に起こっています。
これでは、「イタズラ」と「咥え続ける」という行動は、増えるいっぽうです。

そこで、こうした問題への対応として、このようなことを勧められることが多いです。


イタズラへの対応三つ目:イタズラするような物は片付けておく

これは、「イタズラをしてからの対応」では、↑に挙げたようなパターンにはまることが多い。
だから、「事後の対処」ではなく「事前の予防」として、「噛まれて困るような物は、片付けておく」ということになりますね。

しかし、人間だって動物です。
常に100%片付けておくというのは、なかなか難しいです。
あるいは、お母さんは一生懸命片付けているけど、子供さんがオモチャや帽子、あるいは文房具などを置きっぱなしにしてしまい、それを犬が咥えてしまうなんていうことも、多々あります。
そうなると、やはり上のパターンにはまりこんでしまうことになります。
そこで「やっぱり、ちゃんと叱って、やってはダメなんだということをわからせないと」と、思ってしまいたくなりますね。

しかし、それはやはりよくないわけです。
じゃあ、どうしましょう?


続きます。




◆◆◆ お知らせ ◆◆◆

ocean styleのTaKaYaMaが講師をさせていただいている「イヌのしつけと行動分析学」のセミナー、下記日程で行います。

■飼い主様向け

犬の色んな”ナゼ?”がわかる 犬の行動科学セミナー in 新潟

しつけのことだけじゃなく、イヌの色んな「ナゼ?」の部分がわかる、そんなセミナーです。
去年の12月に開催しましたが、ご好評につき、もっとわかりやすい内容でお伝えします。
飼い主さんだけでなく、プロの方もどうぞ。

・日時:平成24年3月20日(火)春分の日 13:00~16:00
・会場:新潟テルサ
※会場に関するお問い合わせは、すべて聖籠ドッグスクール さんか、DLC-PROさん までお寄せください。
・費用:3,500円/人
・参加:完全予約制
聖籠ドッグスクールさん:サイトはこちら  ブログはこちら
DLC-PROさん:サイトはこちら  ブログはこちら


第4回 かいぬし塾 関東

イヌのしつけに困っている方や、もっとイヌのことを知りたい方、コミュニケーションを楽しく取りたい方、そういった方向けに「行動分析学に基づいた考え方、かかわり方」をお伝えするセミナーです。
飼い主さんだけでなく、プロの方も是非どうぞ。

・日時:平成24年4月1日(日) 11:00~15:00
※途中、お昼休憩を挟みます。
・会場:青山SIビル
(東京都渋谷区渋谷1-1-11)
URL:http://www.kasikaigisitusibuya.com/access.html
・費用:3,500円 /人
・参加:完全予約制

詳しいことは、主催のDLC-PROさんのサイトブログ でご確認ください。



■プロの方向け

お手入れ嫌いのメカニズム 原因から対処まで 行動分析学セミナー

トリマーさん向けのセミナーです。
お手入れを嫌うわんこは、なぜ嫌うのか?
そういう子達にストレスや負担をかけずに対応するには、どうすればよいのか?
そんなお話を考えています。
トリマーさんメインのお話ではありますが、トレーナーさんにも参考になるかと思います。

・日時:平成24年3月19日(月) 13:00~16:00
・会場:新潟テルサ
※会場に関するお問い合わせは、すべて犬のとこやJETS さん か、DLC-PROさん までお寄せください。
・費用:3,500円/人
・参加:完全予約制
犬のとこやJETSさん:サイトはこちら  ブログはこちら
DLC-PROさん:サイトはこちら  ブログはこちら



その他の定期開催中のセミナー

トレーナーさんだけでなく、わんこと飼い主さんの行動に関わる方なら、どなたでも。
「行動分析学に基づいた犬のしつけ、問題行動への考え方」を、テクニックだけじゃなく行動と学習の原理からお伝えしています。
トリマーさんや獣医さんや看護師さんも是非どうぞ。
また、飼い主さんも受講していただけます。
詳しいことは、主催のDLC-PROさんのサイト でご確認ください。

 ・「犬塾 関西」
  毎月、大阪で定期開催しています。

 ・「犬塾 関東」
  4ヶ月に一度、東京で定期開催しています。
  次回は4月の予定です。

 ・「犬塾 東海」
  4ヶ月に一度、名古屋で定期開催しています。
  次回は5月の予定です。

 ・「犬塾 関西 2期」
  4ヶ月に一度、大阪で定期開催しています。
  次回は5月の予定です。


お申し込み、お問い合わせ等はDLC-PROさん まで。
飼い主さんはこちら
プロの方はこちら。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
過去に実際にあったケース(事例)をまとめたものです。
年齢は、レッスン開始時(またはカウンセリング時)のものです。
今後、随時追加していく予定です。

■子犬のしつけ
トイレを全然覚えてくれません トイレのしつけ 1 ♂ 4ヶ月
夜中や留守中にやります… トイレのしつけ 2 ♂ 5ヶ月
・子犬のトイレのしつけ 総合解説
・甘噛みとはいえ手が痛い! 甘噛みのしつけ 1 ♀ 3ヶ月
・手も足も服もスリッパも… 甘噛みのしつけ 2 ♂ 5ヶ月
・子犬の甘噛みのしつけ 総合解説
・イス、ソファー、クッション、靴を噛む イタズラのしつけ ♂ 5ヶ月
・怖がりで歩かないんです… 散歩で歩かない ♀ 3ヶ月

■成犬のしつけ
トイレをなかなか覚えない… 成犬のトイレのしつけ 1 ♂ 1歳4ヶ月
・急にトイレを失敗するように… 成犬のトイレのしつけ 2 ♂ 3歳10ヶ月
・ものすごく引っ張るんです… 散歩中の引っ張り癖 1 ♀ 2歳2ヶ月
・まったく横につかない… 散歩中の引っ張り癖 2 ♂ 2歳5ヶ月
・怖がりで歩かないんです… 散歩で歩かない ♂ 1歳10ヶ月
・無駄吠えがひどい! 吠えのしつけ 1 ♀ 1歳7ヶ月
・チャイムが鳴ると吠える… 吠えのしつけ 2 ♀ 2歳4ヶ月
・要求吠えと、散歩中の吠えが… 吠えのしつけ 3 ♂ 5歳6ヶ月
・部屋の中の物をとにかく拾う… 拾い食いのしつけ(屋内) ♂ 1歳
・落ちている物はなんでも拾う… 拾い食いのしつけ ♀ 1歳2ヶ月
・開腹手術を3度も受けて… 拾い食いのしつけ ♂ 3歳6ヶ月

■問題行動の改善
・気に入らないことがあると噛む 家族を噛む 1 ♂ 1歳
・ちょっとしたことで興奮して噛む 家族を噛む 2 ♂ 1歳1ヶ月
・急に豹変して噛む 家族を噛む 3 ♂ 2歳2ヶ月
・側に寄るだけで襲われます 家族を噛む 4 ♂ 3歳8ヶ月
・獣医さんやトリマーさんを噛みます 他人を噛む 1 ♀ 1歳3ヶ月
・家族以外の人はすべて攻撃します 他人を噛む 2 ♂ 1歳9ヶ月


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
トイレをなかなか覚えない…

■ご相談内容
 ・トイレをなかなか覚えてくれない
 ・マーキングがひどい

■レッスン(またはカウンセリング)時の年齢 性別
 1歳4ヶ月 ♂

■基本方針
 ・失敗を防ぐための環境調整をする
 ・失敗をできる限り予防した上で、適切な場所での強化を続ける
  …サークル内から、サークル外へ

■介入
 ・介入Ⅰ期
  サークル内で排泄した際に、おやつを与えて強化する
 ・失敗を絶対に咎めない

 ・介入Ⅱ期
  リード着用の上、サークル外に設置したトイレでの排泄を強化する
 ・失敗を絶対に咎めない

■結果
 カウンセリング時の成功率 正確には不明(おそらく10~20%程度)
 1ヶ月後の成功率 正確には不明(おそらく30%程度)
 2ヶ月後の成功率 70%程度
 3ヶ月後の成功率 ほぼ100%

■解説
 いわゆる「マーキング」に関するご相談でした。
 基本的にはサークルの中にトイレシーツを敷き、そこに入れて生活をさせていたのですが、サークル内ではあまり排泄をせず、出したときにやってしまうことが多いという状況でした。
 まずは「サークル内での排泄」を強化していくという方針でスタートしました。内容としては、「サークル内で排泄してから出す」「サークル内で排泄したら、オヤツなどを与える」というものです。1ヶ月後、多少の改善は見られたのですが、あまりうまくいっているとはいえませんでした。
 そこで、途中で方針を変え「サークルの外にトイレシーツを設置」し、その上で排泄をさせることを目指しました。
 方針変更後、一時期は失敗が目立ちましたが、レッスン開始から2ヶ月後(方針変更から1ヶ月後)には70%程度まで成功率が上がり、3ヶ月後にはほぼ100%となりました。

 ・サークル内での排泄がなかなか定着しなかった要因は?
 はっきりとしたことはいえませんが、一つは「飼い主さんのリアクション」の影響があったように考えられます。
 この子は「足をあげておしっこをする」という行動が定着していました。そして、カウンセリングにお伺いする少し前までは、その「足をあげてのおしっこ」に対して「あー!」や、「こらー!」と言いながら、サークルを叩いてガシャン!と音を立てるという対応をすることが多かったようです。その対応が、この子にとって嫌悪的なものであったためか、そもそもサークル内で排泄するという行動がなかなか生起しなかったと考えられます。
 また、飼い主さん自身の工夫で「サークルの壁面にシーツを貼る」といった対策もされていましたが、何度かそのシーツで遊んでしまったことがあり、それに対しても「ガシャン!」と音を立てるなどして「叱っていた」とのことで、これも影響があったのかもしれません。

 ・サークル外での排泄の強化は?
 サークルから出す際も、必ずリードを着用することとしました。そして、出した後はまずトイレシーツ(足をあげて排泄しても構わないように、半分から折れる形状になっているトイレを使用)に連れて行き、とにかくそこで排泄するまで待つということを、毎日続けてもらいました。最初の2週間程度は、そこでもなかなか排泄をすることがなかったのですが、何度か排泄を強化してからは、徐々に安定してきました。
 レッスン開始から3ヶ月後は、リードを外しても自分からトイレに行って排泄するという行動ができるようになりました。
 その後、他のご相談(チャイム吠えについてもご相談を頂戴していました)との関係で、8ヶ月ほど様子を見続けましたが、途中でちょっと成功率が下がった時期があったものの、すぐに元に戻り、8ヶ月経過後も100%を維持できていました。


 このケースもまた「トイレの失敗を叱る」という対応は、うまくいかないことを示唆しているといえます。


■レッスン回数/期間
 カウンセリング1回 レッスン10回/3ヶ月

■備考
 トイレのしつけと並行してチャイム吠えのしつけも行っていましたので、上記はトイレのしつけのみの期間です。




◆◆◆ お知らせ ◆◆◆

ocean styleのTaKaYaMaが講師をさせていただいている「イヌのしつけと行動分析学」のセミナー、下記日程で行います。

■飼い主様向け

犬の色んな”ナゼ?”がわかる 犬の行動科学セミナー in 新潟

しつけのことだけじゃなく、イヌの色んな「ナゼ?」の部分がわかる、そんなセミナーです。
去年の12月に開催しましたが、ご好評につき、もっとわかりやすい内容でお伝えします。
飼い主さんだけでなく、プロの方もどうぞ。

・日時:平成24年3月20日(火)春分の日 13:00~16:00
・会場:新潟テルサ
※会場に関するお問い合わせは、すべて聖籠ドッグスクール さんか、DLC-PROさん までお寄せください。
・費用:3,500円/人
・参加:完全予約制
聖籠ドッグスクールさん:サイトはこちら  ブログはこちら
DLC-PROさん:サイトはこちら  ブログはこちら


第4回 かいぬし塾 関東

イヌのしつけに困っている方や、もっとイヌのことを知りたい方、コミュニケーションを楽しく取りたい方、そういった方向けに「行動分析学に基づいた考え方、かかわり方」をお伝えするセミナーです。
飼い主さんだけでなく、プロの方も是非どうぞ。

・日時:平成24年4月1日(日) 11:00~15:00
※途中、お昼休憩を挟みます。
・会場:青山SIビル
(東京都渋谷区渋谷1-1-11)
URL:http://www.kasikaigisitusibuya.com/access.html
・費用:3,500円 /人
・参加:完全予約制

詳しいことは、主催のDLC-PROさんのサイトブログ でご確認ください。



■プロの方向け

お手入れ嫌いのメカニズム 原因から対処まで 行動分析学セミナー

トリマーさん向けのセミナーです。
お手入れを嫌うわんこは、なぜ嫌うのか?
そういう子達にストレスや負担をかけずに対応するには、どうすればよいのか?
そんなお話を考えています。
トリマーさんメインのお話ではありますが、トレーナーさんにも参考になるかと思います。

・日時:平成24年3月19日(月) 13:00~16:00
・会場:新潟テルサ
※会場に関するお問い合わせは、すべて犬のとこやJETS さん か、DLC-PROさん までお寄せください。
・費用:3,500円/人
・参加:完全予約制
犬のとこやJETSさん:サイトはこちら  ブログはこちら
DLC-PROさん:サイトはこちら  ブログはこちら



その他の定期開催中のセミナー

トレーナーさんだけでなく、わんこと飼い主さんの行動に関わる方なら、どなたでも。
「行動分析学に基づいた犬のしつけ、問題行動への考え方」を、テクニックだけじゃなく行動と学習の原理からお伝えしています。
トリマーさんや獣医さんや看護師さんも是非どうぞ。
また、飼い主さんも受講していただけます。
詳しいことは、主催のDLC-PROさんのサイト でご確認ください。

 ・「犬塾 関西」
  毎月、大阪で定期開催しています。

 ・「犬塾 関東」
  4ヶ月に一度、東京で定期開催しています。
  次回は4月の予定です。

 ・「犬塾 東海」
  4ヶ月に一度、名古屋で定期開催しています。
  次回は5月の予定です。

 ・「犬塾 関西 2期」
  4ヶ月に一度、大阪で定期開催しています。
  次回は5月の予定です。


お申し込み、お問い合わせ等はDLC-PROさん まで。
飼い主さんはこちら
プロの方はこちら。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
これまで、「犬を叱る」ことのリスクをお伝えし、続いて「褒めるだけでいけるような工夫をしましょう」ということを、前回のエントリでお伝えしました。
まだお読みでない方は、ぜひ左にある「しつけ、問題行動改善について」というテーマのところをクリックして、これまでのエントリもお読みください。
今回からは、この「褒めるだけでいけるような工夫」について。

まず飼い主であるあなたが「犬を叱ろう」と思うのは、どういうときでしょうか。
人によってさまざまだとは思います。

たとえばテーブルの脚を噛んだり、ごみ箱の中を漁ったりなどのイタズラをしたとき。
あるいは甘噛みや、着ている服を噛んできたとき。
いわゆる「無駄吠え」だったり、「チャイム吠え」とか、とにかく暴れて暴れてうるさいとき。
犬や人を噛んだときや、犬と喧嘩をしたときもありますね。
または「指示に従わなかったとき」なども、「叱るタイミング」として考えられることがありますね。
これは、いわゆる訓練をやっていると、そう考えることが多いようです。
「指示に従わせる」ことをよしとするのが訓練ですから、それに従わない場合はきちんと叱る必要があると。

これらのことを総合すると、このように言えるでしょう。

「やって欲しくないことを、犬がしたとき」

こんなときに、犬を「叱る」わけです。
そして「叱ってやめさせる」ということになりますね。
今、目の前で「やって欲しくないことをやっている」ときに、「止めよう、止めさせよう」と考えて「叱る」わけです。
願わくば「もう二度とやらないようになってくれれば」と思い、「叱る」わけですね。
つまり「叱る」というのは、こういう目的でやっている行為であると考えることができます。

「犬がやっていることを、止めるためにやる」

つまり、多くの場合「制止」あるいは「禁止」のためにやると考えていいでしょう。

では、一方で「犬を褒める」というのは、どんなときにするでしょうか。

結論を書いてしまえば、それはこうなります。

「やって欲しいことを、犬がしたとき」

こういうときに、犬を「褒める」わけです。
そして「褒めてもっとやらせる」ということになります。
今、目の前で「やって欲しいことをやっている」ときに、「もっとやってもらおう」と考えて「褒める」わけです。
つまり「褒める」というのは、こういう目的でやっている行為であると考えることができます。

「犬がやっていることを、増やすためにやる」

つまり、ありていにいえば「いいところを伸ばす」ためにやると考えていいでしょう。

では、この「いいところを伸ばす」ためにやる「褒める」だけでやっていくには、どう考えればいいのでしょうか?
「叱る」という行為と、「褒める」という行為をよくよく考えると、そこに実はヒントが隠れています。

それは「禁止」と「代替案」です。

続きます。



◆◆◆ お知らせ ◆◆◆

ocean styleのトレーナー、TaKaYaMaが講師をさせていただいている「イヌのしつけと行動分析学」のセミナー、下記日程で行います。

■飼い主様向け

犬の色んな”ナゼ?”がわかる 犬の行動科学セミナー in 新潟

しつけのことだけじゃなく、イヌの色んな「ナゼ?」の部分がわかる、そんなセミナーです。
去年の12月に開催しましたが、ご好評につき、もっとわかりやすい内容でお伝えします。
飼い主さんだけでなく、プロの方もどうぞ。

・日時:平成24年3月20日(火)春分の日 13:00~16:00
・会場:新潟テルサ
※会場に関するお問い合わせは、すべて聖籠ドッグスクール さんか、DLC-PROさん までお寄せください。
・費用:3,500円/人
・参加:完全予約制
聖籠ドッグスクールさん:サイトはこちら  ブログはこちら
DLC-PROさん:サイトはこちら  ブログはこちら


第4回 かいぬし塾 関東

イヌのしつけに困っている方や、もっとイヌのことを知りたい方、コミュニケーションを楽しく取りたい方、そういった方向けに「行動分析学に基づいた考え方、かかわり方」をお伝えするセミナーです。
飼い主さんだけでなく、プロの方も是非どうぞ。

・日時:平成24年4月1日(日) 11:00~15:00
※途中、お昼休憩を挟みます。
・会場:青山SIビル
(東京都渋谷区渋谷1-1-11)
URL:http://www.kasikaigisitusibuya.com/access.html
・費用:3,500円 /人
・参加:完全予約制

詳しいことは、主催のDLC-PROさんのサイトブログ でご確認ください。



■プロの方向け

お手入れ嫌いのメカニズム 原因から対処まで 行動分析学セミナー

トリマーさん向けのセミナーです。
お手入れを嫌うわんこは、なぜ嫌うのか?
そういう子達にストレスや負担をかけずに対応するには、どうすればよいのか?
そんなお話を考えています。
トリマーさんメインのお話ではありますが、トレーナーさんにも参考になるかと思います。

・日時:平成24年3月19日(月) 13:00~16:00
・会場:新潟テルサ
※会場に関するお問い合わせは、すべて犬のとこやJETS さん か、DLC-PROさん までお寄せください。
・費用:3,500円/人
・参加:完全予約制
犬のとこやJETSさん:サイトはこちら  ブログはこちら
DLC-PROさん:サイトはこちら  ブログはこちら



その他の定期開催中のセミナー

トレーナーさんだけでなく、わんこと飼い主さんの行動に関わる方なら、どなたでも。
「行動分析学に基づいた犬のしつけ、問題行動への考え方」を、テクニックだけじゃなく行動と学習の原理からお伝えしています。
トリマーさんや獣医さんや看護師さんも是非どうぞ。
また、飼い主さんも受講していただけます。
詳しいことは、主催のDLC-PROさんのサイト でご確認ください。

 ・「犬塾 関西」
  毎月、大阪で定期開催しています。

 ・「犬塾 関東」
  4ヶ月に一度、東京で定期開催しています。
  次回は4月の予定です。

 ・「犬塾 東海」
  4ヶ月に一度、名古屋で定期開催しています。
  次回は5月の予定です。

 ・「犬塾 関西 2期」
  4ヶ月に一度、大阪で定期開催しています。
  次回は5月の予定です。


お申し込み、お問い合わせ等はDLC-PROさん まで。
飼い主さんはこちら
プロの方はこちら。



いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。