わんこも、そして飼い主さんも

ocean style オフィシャルブログ


テーマ:
トレーナー心得 その5

「できないことはやらせない」

これは、犬と飼い主さん、両者に共通する心得です。

飼い主さんにアドバイスしたときに、「それは抵抗がある」とか、「ちょっと私には無理です。できそうもありません」といった言葉が返ってくることがあります。
本当は、アドバイス通りにやってもらうことが一番の近道なのですが、飼い主さん的にはNGというのは、割とよくある話なんですね。

犬も同様で、いきなり難しいことにチャレンジさせても、うまくいきません。
たとえば「チャイムにものすごく吠える犬」に対して、いきなり「チャイムが鳴っても、一切吠えない」なんていうことを達成させることは、なかなか困難です。

そんなとき、僕は「できないことは、やらなくていいです」と必ず伝えます。

人によっては、「できないことにチャレンジをするから、成長するんだ」ということをおっしゃる方も、いるかと思います。
確かにそれはそうなのかな?とも思いますが、実はこの「できないことは、やらなくていい」という考えには根拠があります。


行動分析学の中に「スモールステップ」という考え方があります。

何か新しい行動や技術を身につけようとするとき、誰でもすぐにはうまくできません。
なにせはじめてのことですから、当然です。
そんな時に「失敗の連続」に出会ってしまうと、前に進めなくなってしまいます。

そこで、そういった「失敗の連続」にならないよう、細かく細かく目標を設定するんですね。

たとえば、「ダイエット」を考えてみましょうか。
ダイエットのために、「食事制限」「間食は一切無し」「30分のジョギング」「筋トレ」「ストレッチ」といったことを、「毎日やりなさい」と言われても、なかなかできることではありません。
これだけのことをやれば、そりゃ痩せるのは間違いありません。
でも、続かなかったら意味がないですよね。

しつけも同じで、続かなかったら意味がないんです。
そこで効いてくるのが、「スモールステップ」という考え方です。

たとえば、上に挙げたダイエットメニューの中の、どれか一つだけでも始めてみる。
それも、一番楽なもの。
あるいは、それでも無理だったら、更に条件を落として「とりあえず、一日10分歩いてみる」とか、「間食は2日に1回にする」とか、そういった「始めやすいことを、始めてみる」という具合に、細かく目標を設定するわけです。

無理をせず、楽に続ける。

これが、一番の「しつけのコツ」です。

そのためには、「できないことは、やらない」「できることを、やる」が、大切だと思います。

そしてトレーナーは、その「できること」を、探して提案する仕事だと考えています。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
トレーナー心得 その4

「具体的に説明する」


飼い主さんに対して、何かを説明しようとする時には、「具体的に」説明することを心掛けています。

心得その3 でも書いた、「判断の根拠を明確にする」とも繋がる話でもあります。


世の中には、いわゆる「精神論」と呼ばれるものがありますね。
「気合い」や「根性」といったもので、物事に当たっていこうとする考え方になるでしょうか。
犬のしつけにおいても、そういった説明は少なくありません。

たとえば、こんなアドバイスを目にすることがあります。

 「飼い主が、強く『変わって欲しい』と想えば、
  犬はきっと変わってくれます」
 「しっかりと愛情を注げば、しつけはうまくいきます」
 「最後は飼い主さんの信念、気合いです。
  そこで負けてはいけません」

あるいは、こんなアドバイスもあります。

 「犬の気持ちや心を、きちんと理解しましょう。
  その上でしつけをしていかないと、うまくいきません」

こういったアドバイスは聞こえも良いですし、なんとなく「わかった気になる」ものです。
しかし、少し考えてみると、どうも変なことになってしまいます。

たとえば「強く『変わって欲しい』と想えば、犬は変わる」というアドバイス。
これは言い換えれば、「犬が変わらないということは、飼い主の想いが弱い」ということになります。
でも、そもそも「強い想いって何?」という疑問がわきますね。

また、「犬の気持ちや心を、きちんと理解する」というもの。
これなんかは、なんとなく「ハートフル」というか、あたたかい感じがしますね。
それに、もっともらしくもある。

でもね、言葉を持たない犬の気持ちや心なんて、究極にはどう頑張ってもわからないんです。
怒ってるのか、悲しんでるのか、喜んでるのか、楽しんでるのか…
推測することはできます。
でも、「はっきりとわかる」ことは、残念ながら不可能です。
言葉が通じる人間同士だって、「相手の心がわかる」なんてことは、ありえないわけですから。

それと、心理学をやっている人間から言わせてもらえれば、簡単に「相手の心がわかる」だなんて言ってほしくありません。
もしもそんなことが可能なら、すぐに発表すべきです。
ノーベル賞どころの騒ぎではありませんから。
あまりに簡単に「犬の心」というものを、扱いすぎです。
犬に対して失礼です。

でもこれは、「どうせわからないから、考えても無駄だ」という話ではありません。
「わからないという前提に立って、ではそこからどうするのか?を、しっかり考えよう」という話です。

「気持ち」とか「気合い」とか、そういった「精神論」には実体がありません。
ちょっとつつくと、途端に「実はなんにもわかってない」ってことが、はっきりと見えてしまいます。

そして飼い主さんが求めているのは、実体のある、具体的なアドバイスです。

「今、何をすべきなのか?」
「何故、それをすべきなのか?」
「それをしたら、どうなるのか?」

こういった、「具体的な行動と、それに伴う結果、さらにその根拠」を、きちんと具体的に説明する。
専門職であるトレーナーが、「最後はあなたの頑張り次第」なんていう、抽象的な精神論で仕事をしてはいけないと常に考えています。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。