鳥取県東部周辺のイベントちらし

鳥取県東部周辺のイベントちらし

鳥取のオカリーナ、クラリネット、ギター弾きのみゆうです。
また、出張のできるパソコン教室、パソコン教室のエフセブンの代表を務めています。
鳥取県東部を中心に各種イベント、コンサート、講演会等のイベントちらしを目のついたものからアップロードしています。


テーマ:

鳥取県から黒尾峠を超えて、岡山県に入ると、奈義町(なぎちょう:岡山県勝田郡)という町に入る。鳥取県側には智頭町那岐(なぎ)という地名もあり、これはその地域にある那岐山(なぎせん、なぎさん)に由来する。この山は、クニ造りの神である伊邪那岐尊(イザナギノミコト)と伊耶那美命(イザナミノミコト)が最初に降り立った(降臨)した場所と伝えられている。

 

ここを通りかかることは、これまでも何度もあったけれど、奈義町現代美術館(奈義MOCA)には、行ったことがなかった。

 

この奈義MOCAで、夜のコンサートが行われるということらしい。

 

奈義町/ミュージアム×ナイト奈義MOCA2018のページ

 

1回めは5月19日(土)に柾木知敬(まさきかずよし)さんのテノール・コンサートとして、開催されたようである。

 

2回めは6月10日(日)に新進気鋭のユニット「アンサンブル・ジャガー」によるバイオリンとチェロの演奏会、が開催される。

アンサンブル・ジャガーというのは、ヴァイオリンの長坂拓己(ながさわたくみ)とチェロの江島直之(えじまなおゆき)の二人のユニットのようだ。ちらしの裏の写真を見ると、ヴァイオリンがもうひとり、ビオラも加わって4人で写っている。もしかしたら、4人なのかもしれない。

【シアーミュージック】無料体験レッスン募集プログラム

テーマ:

鳥取コミュニティシネマによるfacebookページ

鳥取コミュニティシネマが主催の映画上映会です。

 

「広島のある、日本のある、この世界を愛するすべての人へ。」

とこれは、キャッチコピーの中のひとつです。

 

原作がこうの史代さんで、2007年に映画化された作品のようです。

 

2018年の夏には、NHKでもドラマ化されることになっています。

 

詳しくは、夕凪の街 桜の国 ー Wikipedia をごらんください。

「JINS PC」は、疲れと戦うメガネ「JINS SCREEN」へ

テーマ:

2018年3月21日(水・祝)開場14:30 Amitie紹介14:55 開演15:30

倉吉未来中心 大ホール

全席指定 一般4,500円、高校生以下3,000円

(3歳未満入場不可)

 

[チケット販売]

公益財団法人 動物臨床医学研究所 0858-26-0851

倉吉動物医療センター・山根動物病院 0858-26-0839

ゆうアニマルクリニック 0858-24-6621

米子動物医療センター 0859-32-8082

 

[主催・お問合せ]

公益財団法人動物臨床医学研究所 0858-26-0851 http://haac.or.jp

 

[後援]

鳥取県、キングレコード

 

[企画制作]

ANY

 

AMITIE(アミティエ)チャリティコンサート

 当財団は、1991年に動物医療の向上と動物たちと真の共生ができる未来の実現を目指すために獣医師らによって設立され、2011年には内閣府より公益財団法人動物臨床医学研究所としての認可を受けております。そして、2013年には、当財団自ら直接的な動物愛護活動を行うために、倉吉市内に「人と動物の未来センター・アミティエ」を開設し、2014年からは鳥取県とも連携し、保健所で処分される運命の犬や猫の引き取りを開始し、鳥取県動物愛護センターとしての機能も備わりました。

 アミティエは、獣医師の管理の元、保護されたすべての犬猫にワクチン接種、不妊・去勢手術の実施、マイクロチップの装着、病気の治療、しつけを実施しており、非常に高いレベルの動物愛護施設になっております。

 アミティエチャリティコンサートは、アミティエの活動を多くの方に少しでもご理解頂き、1頭でも多くの命を救うためにと始めたものです。今回は5年目(5回目)の記念コンサートということで、TSUKEMENの皆さまに、ここ倉吉市までお越し頂き、チャリティコンサート♪を行うこととなりました。

 TSUKEMEN LIVEが始まるまでの少しの間、アミティエ紹介などもさせて頂きます。ご来場の皆様に楽しく心温まるひと時を過ごして頂けたらと思います。

 なお、今回の収益金は、アミティエの動物愛護活動に活用させて頂きます。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス