ジョナサ~ン!

テーマ:

姜君、東京公演お疲れ様。

舞台挨拶で並んでる時、ちょっとウルウルってきてたよね。達成感味わってたのかな。

頑張ってたもんね。

ジョナサン、よかったよ。

最初トランシルバニアへ旅立つ時のジョナサンは、希望に目をキラキラさせてたね。

ドラキュラ城でのジョナサンは、コウモリの羽音にビクビクして臆病風に吹かれてた。

ドラキュラに手紙へのサインを強要されて、泣き顔でサインしていたジョナサン。

泣き虫ジョナサン、頑張れ!と私は心の中でエールを送ってました。

棺からドラキュラが現れて手を掴まれた時は、思わず私飛び上がってしまいました。

ジョナサンと一緒に一喜一憂しながら、舞台を楽しんじゃった。

どんどん逞しくなっていくジョナサン。

表情の変化、ジョナサンの成長の度合いとか、舞台間近の席からじっくり見せてもらいました。

アクションシーンは、さすがだねぇ。ファンとして「エヘン」と威張りたくなっちゃう。

「NOBBYのたちまわりカッコいいでしょ」って。

左利きの姜君だけど、ナイフは右手で持って芝居してるんだね。

3人の強烈魔女や岩崎ドラキュラ伯爵に圧倒されてドキドキしながら、ものすごく楽しませてもらいました。

笠原アーサー、曽世セワード、山本キンシーの熱いイートン校トリオに混ざって、一緒に走り回る姜ジョナサンを見てとっても嬉しかったです。

運動量は相当なものですね。随分痩せたんじゃないかな。

これから地方公演。身体に気をつけて頑張って下さい。