今夏の参院選で、みんなの党(渡辺喜美代表)が、兵庫県明石市の北口寛人市長(44)に対し、兵庫選挙区の公認候補として立候補を要請していることが23日、わかった。

 北口市長によると今月15日、同党の山内康一国会対策委員長と渡辺代表の秘書が市役所を訪れ、北口市長に要請したという。

 北口市長は産経新聞の取材に対し「政治家として、1つの公党から打診があったことは一定評価をいただけたということで、ありがたい。市長としての責任もあるので結論を焦らず、後援会や支援者らとも相談して慎重に判断したい」と話した。

 北口市長は平成15年5月に明石市長に就任し、現在2期目。

【関連記事】
投票先で「みんなの党」がついに10%
参院比例に桜内氏を擁立 みんなの党発表
鳩山内閣支持率30%に急落 危険水域に接近
みんなの党・江田氏「権力闘争に国民は辟易」 新報道2001抄録
中田氏、“邦夫の乱”に冷ややか視線

<トラブル>男性が男に刺されて死亡 東京都福生市で(毎日新聞)
「家計費の節約になるなら…」 主婦、CO2削減負担どうする?(産経新聞)
<マガン>明けの空に飛び立つ影の群れ 北海道・苫小牧(毎日新聞)
民主が政策秘書不足、臨時の採用審査実施へ(読売新聞)
<郵政改革>亀井氏独走やまず 民主、官業肥大に批判(毎日新聞)