≪日本遺産の日≫ | 小渕優子 オフィシャルブログ Powered by Ameba

≪日本遺産の日≫

群馬の富岡製糸場などは「世界遺産」として有名ですが、皆さんは「日本遺産」をご存知でしょうか。文化庁が認定する日本遺産は、魅力溢れる有形・無形の様々な文化財群を、地域が主体となって総合的に整備・活用し、国内だけでなく海外へも戦略的に発信していくことにより、地域の活性化を図ることを目的としています。現在、地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語る104のストーリーが登録されています。明日2月13日は、文化庁及び日本遺産連盟が定めた「日本遺産の日」(にほん「2」いさん「13」)です。

 

私の地元では、かつて養蚕・製糸・織物で家計を支え、夫たちから「俺のかかあは天下一」と言われた上州の「かかあ」たちの姿を体感できるストーリー「かかあ天下-ぐんまの絹物語-」が登録されています。懐かしい農家や織物の町並みを訪ねることで、群馬の、そして日本の絹文化を知ることができます。写真は、構成遺産の一部である冨澤家住宅(1枚目・中之条町)、旧小幡組レンガ造り倉庫(2枚目・甘楽町)、甘楽社小幡組由来碑(3枚目・甘楽町)です。

選挙区は違いますが、群馬県には「里沼(SATO-NUMA)-「祈り」「実り」「守り」の沼が磨き上げた館林の沼辺文化-」というストーリーもあります。

 

この機会にぜひ「日本遺産ポータルサイト」にアクセスしてみてください。今は、実際に日本遺産を巡るのが難しい状況ですが、ひとつひとつのストーリーを読んでいただくと、日本の広さ、文化・歴史の奥深さや魅力を感じることができますし、意外と近くにあっても、今まで知らなかった歴史的遺産に巡り合えるかもしれません。

 

冨澤家住宅

旧小幡組レンガ造り倉庫

甘楽社小幡組由来碑

 

#obuchiyuko #Gunma #地元関連