借りぐらしのアリエール | ELECTRIC BANANA BLOG

借りぐらしのアリエール

剤だよそれは、ハニー。お久しぶりです、テレビ朝日の宇賀なつみさんと一晩に出来たらそのまま死んでしまいたいしま♪さんです。それにしても杏さん、何をしているんですかその好は。

 

て。

 

世の中休みであります。獄の釜が開いて、現世の人々にあそこは辛いんだヨ~淋しいんだヨ~と寝ている間に耳元で囁かれる季節です。ですから世の中は、そんなんじゃ仕事も出来ないだろうし、寝不足で大変だろうからまぁみなよ、という具合で世間はお休みです。

そんな御時世ですので、毎日が夏休みの私もちょっと行に乗ってみようかな、と。先日来から少しずつ、リハビリと称して、もう一度おで遊ぶ暮らしにシフトしつつありまして、それなら一番の荒療治は人のわんさかいる所へ敢えて行く。イエ別に治療とかじゃないんですけど、ただおもしろがっているだけですけどね、ワタクシ冒険に行ってまいります

 

本当はね、今日、というかもうすぐ出発の予定だったんですけど、どうもやはり耳の快感があらゆるやる気を削いでまして、まだ治らないんですのヨ奥さん。でね、ついさっきぐらいまで、そうねBSの銀河鉄道999の特集を初めて見て、件の杏さんのコスプレに肝を抜かれるまでは、すっかりめんどくさがり病が買ってました。

で、今更どうにもならないし、まぁゲゲゲの松下さんにデレッとしたいし、続きで奈良時代一周の再放送で、来村先生を見たいし、いろいろ映画の予約とかリリーとかそうネほとんどテレビ見る予定もんでて、一日ズラして冒険は明日日曜日、一番忙しい時に、って事にしましたのよ、ホホホ。

 

それで今日は、一日こんな本をんでおこうかと。

国家神道と日本人 (岩波新書)/島薗 進
¥840
Amazon.co.jp

以前終戦記念日にヒットラーの本を読んで、世間の蹙を買ったワタクシですが、今年は少し真面目に。というかいいタイミングでいい本が出た、というかこういうのみたかったのよ。

 

ワタクシはずっと前からこのブログで言ってきましたけど、大変戦日本、というモノに興味がありまして、何度も言いますけど、国民国家総出で人殺しをする世相、精神、政治体制、経済社会、っていったいどんなんだろう?という味が凄くあるのね。で、去年仏教関係の本を漁るのにきてからは、ずっとこの手のモノを。それはこのブログでも時折お話ししたりです。

少しだけ、宗教繋がりというので神道に関して何冊か読んだり、古事記のダイジェスト版とか読んだりしたんですけど、やはりそれは知識でして。本当に知りたいのは、やはり国家神道というモノで、まだ触りしか読んでいないんですけど、戦争へ向かうベクトルにどうわってきたかを知れたらいいな、と。

 

余談ですけど、太宰さんも、活躍した時代はちょうど私が興味のある時代となっていてね。だからそういうのもあってワープレイした所がある。感想をご披露した時に、太宰さんと戦争というモノにっていたのは、そういう思惑もあるのね。

 

ついでですから言っておきますけど、やはりこの節になると終戦とか原爆とか、そういう話になるでしょ?それで、先日も爆笑問題さんをメインに据えて、集をやってましたけど、アレを少し見ましてね。もうだいたいこういう番組は、若い者はその時代をよく知らない、対して戦中派は語り継がないといけない、という立軸というか、そういう感じが見えているので全くおもしろくないんですけど、ひとつ思ったのね。

 

前に一度言ったんだけど、ずっと昔小学生の頃に、夏の旅行に広島が選ばれて、狭いクルマに祖母を合わせて五人で掛けたのね。原爆ドームを見て、資料館みたいな所にった。それはもう、その夜旅館でされるぐらいにトラウマに近い体験だった。

日本のメディアがずっとやってきたのは、はそれなのね。戦争はこんなに惨です、こんな悲しいことがたくさんあります、こんなにたくさんの罪のない人達が死んじゃうんですよ。確かにそれは戦争を一番分かり易い形で定するモノだけど、それを結局65年間ずっとやってきたのね。

去年も言ったけど、それがどういう果をもたらしたかというと、戦争体験した者が偉くて、それを知らない若い人達は軟弱でいけない、という変な差別意識を、若い者の方に植え付けた。そして、悲しい悲しい悲しいばかりで、こういう言い方は変だけど、ちゃんと正面に据えて見つめる、という事を避けるようになってしまった。コレは完全に、違っている。戦争という暴力を伝えるために、違う暴力で非戦をしつけたようなモノ、だと思うのね。

 

さっき言ったように、私はそういうのに辟易していた方で、そしてある一定の時期から、さっき言ったような題意識を持って、戦争に関する本を読むようにした入り、ドキュメンタリーを見てみたりするようになったのね。それは結局、どういうモノが果たして平和イコール戦争を起こさない、という道というか、何か良い方策を見つけることはできないだろうか、という結論に辿り着けばいいと思っているのね。それはとても遠大なみかも知れないけど、おかしな話ではないと思うのよ。

 

オッとずいぶんと真面目な話をしてしまったが、現実、耳の不具合による不快感でそれどころではなくて、ここ数日はずっとて寝の連続。何が戦争とか平和とかわせるんじゃないわよ、かっこつけるんじゃないわよ、という状態でしたのね。

オマケに今年はテレビに押される形で終戦記念日に、険です(笑)。日帰りで四国四県を全覇しようと思ってます。もちろん、高速は使いません。しんどくなったら使うかも知れませんけど、行程の分は高速通ってない所を通るしなぁ。それでいて、趣味と興味と、更に暑も満足させようと。こういう画を立ててます。お望みとあらば、このブログで今までの休みを取り返すが如く、またいつぞやのショコタンの如く濤の更新で、実況中継してもいいですけど、それはあくまでも、皆さんのご希望次第です。

 

でもね、ひとつ、実は先日のケンさんのブログでもあったんだけど、京都で来週イブがあるんだよね。最初発表された時には、じぇーんさん なんかをちょっと誘うが如くのコメントをしてみたりとか、キウキしてて駄目押しみたく先日の記事でライブ終わったらみんなと飲めるよ、なんてかなり誘われた感じ。

でも、場所は京都の向こうだよ。コレは私が今、他人の財布をアテにしているご身分で、というのもあるけど、やはり四国民として、海をえるのはヨッコイがいるのよね。橋がある、休日割引、といっても京都までは往復大台をえる。フェリーにしろ、橋を通るにしろ、海を渡るにはおがかかるのよ。コレはね、ものすごく大きななんだよね。

 

それよりは、路で廻れる所であんな事やこんな事をやっているんだから、そっちを優先しようと思うのね。香川発見、四国再発見、というのはそういう意味もあるのよ。転の発想というか。だから、じぇーんさん にはし訳ないけど、今回のケンさんはパスだ(泣)。もしコレを読んでくれた、心優しきケンさんファンの方がいたら、ぜひともライブに行って、海の向こうで潰しのしま♪さんがよろしく言っていた、あのSTONESオフ会でおでビールを飲んだしま♪さんがよろしく言っていた、と誰か伝えておいてくれっ。

 

という事で、ひとまずいろんな惑を抱えて、冒険の旅に参ります。一応日曜日日帰りの予定ですが、遅くなったりとかいろいろあるとまた更新滞るかも知れませんので、皆さんきていればまた逢おう、絶望するな。

 

なんてね、そこまで言うなら先日の財を反省しなさいよ、って言ってみました。耳の不具合で不愉快な時には、本を読むにる、なんて。実は太宰さんを読み終えて一週間で五冊、という私にしては異的なペースで読書をしていて、その勢いで、なんてしこたま本を買ったんだけど、先程の本で恐ろしくペースダウンしています。まぁ、耳の不具合のせいだけでもない感じで、ボルトが若干んでいる感もなきにしもあらず。たぶん冒険前に読破理だよね、って事で。

 

それでは今日はこの辺で、ご機嫌よう。