旅の途中 | ELECTRIC BANANA BLOG

旅の途中

いよ、ハニー。最近んで?という所がい事がよくある。どうもち身とか、筋肉痛とか、別に酷使したとかいう記憶もないまま、気がつくと痛いという事がね。今もなんだか股が痛い。年の河合奈保子のごとき福与かな太股が痛い。おぉ、フクヨカとはこういう字を宛てるのか、さすがだ日本語

 

これはに入ったので、これからする話はかなり与かな感じで。イヤイイね、福与かな太股っていうのは、本当に見ている者に福をえるモノだよ。お嬢さん方、痩せるのもけっこうだが、福与かな太股だけは持していた方がイイ。イヤ、太股に限らず、何処か福与かな場所をしておいた方がイイ。福与かな元、福与かな二の腕、福与かな鎖骨、福与かなヒップライン。何れにしろ、福与かな部分があるという事は、それだけで他人をせにしているのだよ、諸君。

あんまり福与か福与か言わないでよ、と言われるかも知れないが、そうえると、ちょっと街にお嬢さんを見に、というゴールデンウィークの過ごし方も、これは何か御利益がありとかないとかの、一種の宗教行事に似た響きが出てくるよね。まぁ、それでデレッとしているだけなら良いけど、ちょっと車に乗れヨって未成年乗せて山奥で脱ぐモノ脱ぐか出るトコ出ろよ、というとこれは罪になるので男どもは要注意。

 

というワタクシお嬢さんは見に行きませんけど、は戴きに参ります。もうずっと前から言っています、しま♪さんが案内して女と行く讃岐七福神巡り。残念ながら美女と行く事はわなかったのですが、だからといってゴールデンウィークは何するんだこの野郎?全く予定しだぞこのニャロウ、パチンコ・・・といってもコイツいるしなぁ、と皇子をむ姫を連れて行くつもりもありません。ちなみにその時、イイじゃん皇子は駐車場の車の中にいておけばぁ、と私が言ったのは言うまでもありません。

結局しま♪さんが案内してりで行く讃岐七福神巡り。一応、今現在でも最後の追い込みで参加者をけ付けておりますので、私美女じゃないけど、という方もお待ちしております。そういう時にはいろいろとタイトル更すればイイだけの事です。話が逸れましたが、まぁ、どうせ独りだしぃ、って感じで気軽に今日はその備というか、調べモノを。

といっても、駐車場とか順とか、基本的な事を調べたに過ぎません。ブース兼倉庫には何冊か神様の本もあるんですけど、それを捲っても七福神は、みたいに切に書いてあるものもなく、めんどくさいので事前に調べるとかそういうのもしていませんのよ、ホホホ。

なんでも、ケンさんの話とかで今、七福神がケているらしくて、それにまんまと乗っかって私のところだけに福与来い、と目論んでいるだけです。というか、もうすでに私って神にいし(笑)、最初に言ったけど、かなり体つきも福与かだから、外に出て人目に触れるだけで他人に福を与えていると事になるしぃ。つまり、七福神巡りにかこつけた、讃岐音ツアーなんだよね(笑)。

 

でです、調べてみて外な事を知ったのよ。実はついぞ所にある札所のお寺。ここではなんかひとまとめに七福神をおりしてあるとか。七福神めぐりの中の一社で、昔今の車を買ったときにお祓いしてもっらたことのある香川県内では通安全って言ったらこの神社、っていう所にも七体纏めてあったりとか。もそも、七福神って神様なんだけど、お寺で七福神ってなんだ?っていうのは話すとくなるので、端折ります。

なんとて、七福神信仰は、実はつい最近始まったようなモノで、例えば八十八カ所巡りとかいうのとはちょっと代が違う。実を言うと、その讃岐七福神巡りも、ごくごく最近まぁ、画モノとして作ってみっか、みたいなノリで出来たような感じなのね。だから巡るこっちも光気分というか、半ば冗談半分で巡ると言ったら言い過ぎです、が、まぁこの人見知りしま♪さんが、人混みよりは車の渋滞が嫌いな私が、このゴールデンウィークにわざわざ観光地を巡る事に意味があるのね。

まぁ、ちょっとしたリハビリみたいなモノだし、ネタしの旅でもあるのよ。ケンさんみたいに、神をさがす旅とかそういう深刻なモノでも無し、そういう話ならッキリと、ワタクシが神ですから(笑)と言っておきます。

 

皆さんはこの大型連休どうごされますか?ウチの裏のうどん屋は味しいですよ。ぜひてください、名前は言いませんけど。うどん屋でおみやげとかっちゃダメですよ。帰りの人はイイです。麺とダシをって帰ってその日のウチに食べてください。

それ以外の、まりの方は、そうね、おみやげを買いにマルナカとかマルヨシとか寄った方がイイですよ。近県の方ならご存じかも知れませんけど、産まれて初めて香川に来たしもう二度とこんな鄙な所来るまい、という方ならぜひマルナカとかマルヨシという名のスーパーに寄って加ト吉の冷凍麺と、そこら辺のめんつゆをった方がイイですよ。全然美味しいし、持ちしますから。

 

それは何年かの盆休みの事です。九州を旅した時に、阿蘇山から高千穂にける道中の事でした。行程としては、ウチからフェリー乗り場の八幡浜に行くのに次いで、い距離をクルマで走ったのですが、その途中に休憩で、地元のスーパーに寄ったんですよ。それこそスーパーですからね、そこらの人が来ていて、別におしゃれしている人とかじゃなく地元の普通に生活している人が来ていたんですよ。スーパーなんて何処でも一緒ですし、佇まいも観光地とかみたいに小麗じゃないですよ。

でもね、そういう所がに良かったのよ。ザワザワっとしていて、ここでも人がきていますよ、っていう感じで休日のその地元の雰囲気がそこにあったんですよ。その時は観光地をね、別府の地獄巡りとか阿蘇山の火口とか臼杵の石仏とか高千穂の夜神楽とか、々見て回ったんですけど、なぜかそのスーパーの事は良く覚えているのね。

道行き給の品々を買っただけなんですけど、なんかね、落ち着いたっていうか不思議と彼女と二人、スーパーを巡っている方が観光らしかったっていうか、その地元の息遣いっていうか、活の一端を見てみた、っていう感じが良かったのね。

 

同じ事を、四日市に行った時に、元のでっかいイオンのスーパーに寄って、クルマで寝る時の枕を買ったんだけど、なぜか良く覚えている。そこがいちばん観光地としておもしろかった、というわけではなかったんだけど、ああここでも人がきているんだよな、生活しているんだよな、悲喜こもごもいろんな事があるんだよな、みんなメシ喰って働いて寝ているんだよな、というのが感じられてかったのね。

だから本当は、観光は地元に住む友人とか知人とかと行くのがいちばんで、実は前も言ったけど地元の知人や友人のめでもあったりするのよ。だからネ、日本にはまだまだていないモノがいっぱいあるんだよ。それ以上に元にもいっぱい見ていないモノがあるんだよ。

 

なんてね、与かなホワイトチョコレートの話をしたかったんだけど、って言ってみました。何年か前の大型連休の時に、山陰を旅してその時はホテルとか全然準備せず、前にも言ったように直前に彼女とげんかして旅したんだけど、その時にも事件が。その話きたい?聞きたい方はぜひこのクソ忙しくて行楽に中な時にもかかわらず、コメントを、って事で。

 

それでは今日はこの辺で、ご機嫌よう。