えぞたぬ担当です。 
本日の天気は晴れのちくもり。
日中は暑く、午後は曇ってちょうど良い気温になりました。
今日は勝毎花火大会という事で、動物園の来場者も多かった気がします。

今日のたぬきのご飯は一頭あたり、 
お肉150グラム、お魚(ホッケ)1匹、ジャガイモ1/4個、ニンジン1/4本、ヒヨコ2羽、ドックフード30gでした。 
昨日の残餌はなし。昨日給餌したリンゴはピカピカでしたが完食したので、食欲が高まってきているのかもしれません。 
フンの状態は、シロとあん共に通常通りでした。

日中、タヌキ用の巣箱づくりなどをしていた時は、気温も高く汗まみれになりながらの作業でしたが、夕方になるとすっかり心地の良い秋風を感じました。
シロやあんも風通しの良い場所で包まっており、午後は良いお昼寝日和だったと思います。

今日のスポットガイドでは、北海道外の方や、海外の方もいらっしゃったので、北海道ではメジャーなキタキツネとレアなエゾタヌキ、本州でメジャーなホンドタヌキと、レアなホンドギツネについても紹介しました。
ツイッターやブログを見られている方はタヌキとアライグマの違いなど、タヌキのことについてすっかりマスターされていますが、一般の方への周知はまだまだだなと感じるガイドとなりました。
これからも励みたいと思います。

閑話休題
動物たちが主役の映画「ズートピア」では、テレビキャスター役は各国放映でのバージョンが違うらしく、日本版はタヌキがキャスターとなっています。(中国ならパンダ)
タヌキ自体が極東地域のみに生息し、かつタヌキとキツネの様に文化的にも馴染み深い種のために選ばれたのかなと思います。

その容姿は頭に葉っぱを乗せ、背中には笠を背負っており、「化けだぬき」や「信楽焼のたぬき」を表しています。
ちなみに名前は「マイケル・狸山」で、スーツにメガネをかけた姿から、日本人のサラリーマンといったイメージも持っているそうです。