世界一わかりやすい?!FPが教える相続知識配信BLOG

世界一わかりやすい?!FPが教える相続知識配信BLOG

相続にもっと興味を持って欲しい。
相続が原因で悲しむ方々を減らしたい。
このような思いからこのブログを開設しました。

読者の皆様、こんばんはビーグル犬しっぽビーグル犬からだビーグル犬あたま


学生時代は、深酒しても向かってしまえば屁のカッパだったのに、最近はそれが出来なくなりびっくりアセアセ

老いから避けることは出来ませんねぇ…。

深酒した次の日は、体がアルコールを拒絶してるっていう感じで(°_°)!!

二日酔いだろうとバッチリ迎えてた自分、本当凄いなとつくづく生ビール

もう少し、体を労らなきゃいけないですねぇうさぎ



今回も前回に引き続き、養子縁組無効になるケースを過去の判例を交えながら紹介させて頂きます。



動画はこちら▶︎▶︎▶︎OBICHANNEL


前回は、被相続人A長男Bの子供E、つまり孫と養子縁組を行ったものの、


その縁組は長男B執拗に迫られた結果のものであるということを、


被相続人A長女C次女D伝えていたことから、


養子縁組無効を主張するために起こした裁判でした。



最高裁判決は、“相続税の節税のため養子縁組をする場合であっても、


直ちにその養子縁組無効となるわけではない。”というものだったのですが、


これでは相続税対策のためだけ養子縁組でも有効になってしまうということなのでしょうか。



まず大前提としてこの裁判は、養子縁組の無効主張するために起こしたものです。


養子縁組の無効認められるためには、


当事者間縁組をする意思がない”という証拠を提示する必要があるのです。



原告が主張しているように“相続税の節税を目的だけ養子縁組をした”という事実があったのかもしれませんが、


その主張だけ“当事者間に縁組をする意思がないとは言い難い”と判断されたのです。


つまり、相続対策のためだけ養子縁組であったとしても、


当事者に養子縁組をする意思があれば有効になるというわけです。



この裁判の争点が、“相続税の節税のためだけ養子縁組だから、


その養子法定相続人に含めるべきでない”といったものであれば、その争点に沿った判決が下されることになったと思いますが、


ただ単に“養子縁組の無効”主張するだけの裁判だったので、


養子法定相続人に含めるのかという点までは踏み込まれることがなく、曖昧になってしまったのだと思います。



この判決を前提にすることになれば、養親からの遺産相続だけを目的とした養子縁組などの場合も含めて、


養子縁組無効とはならず


当事者間縁組をする意思がない”として


養子縁組が無効となるのはかなり限定されるように思えます。



ただし、“相続税の節税のためだけに行われた養子縁組でも


無効にならないなら一安心”と思うのは禁物です。


前回触れたように、“相続税の負担を軽減させる目的だけで行われた養子縁組である場合には、


養子法定相続人に含めることは出来ない”と定義されています。



つまりこの裁判により民法上では、養子縁組の有効が認められたものの、


税法上の“相続税の負担を軽減させる目的だけで行われた養子縁組である場合には、


養子法定相続人に含めることは出来ない”というルールに抵触する可能性があるのです。



この“養子法定相続人に含めるか”というのは、税務署が決めることになっていますので、


養子縁組が有効だから養子による節税効果が得られるということではありませんので、気を付けましょう。



しかし中には、“養子縁組を無効とする”といった判決が下された裁判もありますので、その点は次回の動画で紹介させて頂きます。







■□─━─━─━─━─━─━─━─□■

世界一わかりやすい?!

YouTube de 相続セミナー          

OBICHANNEL

毎週3回、月水金19:00に配信していますキラキラ

ぜひチャンネル登録をお願いします音符

 

 にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ

↑クリックお願いします\(^o^)/↑

 


↑無料なのでお気軽に登録してみて下さい↑
■□─━─━─━─━─━─━─━─□■

読者の皆様、こんばんはウインクキラキラ


先週の石川旅行!!!!

美味しい日本酒三昧で楽しかったです🍶ラブラブ

美味しい料理と共にと言いたいところですが、私お酒を飲むとあまり食べられないのでアセアセ

一緒に行った友達もそうなので、軽くつまむ程度になってしまいました。




今回は、養子縁組無効になるケースを過去の判例を交えながら紹介させて頂きます。



動画はこちら▶︎▶︎▶︎OBICHANNEL


さて“養子縁組相続対策に繋がる”と聞くことも多いのではないでしょうか。


養子を迎え入れれば、養子は相続時に第一順位の相続人としての権利を獲得することになります。


つまり、子供と同じ立場として相続権を獲得することになりますですので、


ご自身に実子がいる場合には実子養子の人数加えて


控除額非課税枠算出することになります。



しかし法定相続人としてカウント出来る養子の人数には制限があり、


実子がいる場合には一人まで、


実子がいない場合には二人までに限られています。


養子の数だけ法定相続人に含めてしまえば、その分、控除額が増加することから、


何億円という遺産総額であっても相続税がかからなくなってしまうからです。



ただし、これはあくまで控除額非課税枠算出時に、カウント制限を受けるだけであって、


相続権養子に迎えた全員に発生しますので、勘違いしないようにしましょう。


前置きはここまでにして、今回の本題でもある“養子縁組無効になる可能性がある”とはどういうことなのでしょうか。



養子縁組有効無効を巡った裁判は、後を絶ちません。


というのも、養子縁組にはある定義が存在するからです。


その定義というのは、“相続税の負担を軽減させる目的だけで行われた養子縁組である場合には、


養子法定相続人に含めることは出来ない”といったもの。



度々行われている裁判では、“節税目的だけ養子縁組”であるかどうかが争われているのです。


ちなみに、平成29に行われた養子縁組を巡る裁判は、最高裁まで争われることになりました。



簡単にその裁判の概要を説明すると、被相続人A長男Bの子供E、つまり養子縁組を行なっていたのですが、


Aは生前に長女C次女Dに“長男Bが税理士を連れて来て、執拗に養子縁組を行うように迫ってくる”と相談していたという背景がありました。



養子縁組は、養親となるA養子となる孫E同意のもと、手続きを行わなければならないのですが、


Aは生前に長女C次女Dに対して養子縁組に乗り気ではないということを伝えていた背景から、


CDが“この養子縁組認められるべきでない”と裁判に持ち込んだのです。



ちなみに、一審では養子縁組は有効との判決が、


二審では無効との判決が下されていました。


そして最高裁判決は、


相続税の節税のため養子縁組をする場合であっても、


直ちにその養子縁組無効となるわけではない。”といったものでした。



それでは、相続税の基礎控除額死亡保険金の非課税枠増やし


相続税の課税対象範囲減少させる目的だけで行われた養子縁組であっても、


無効となることはなく、その養子法定相続人に含めることが出来てしまうのでしょうか。



詳しい解説は、次回の動画で紹介させて頂きます。




■□─━─━─━─━─━─━─━─□■

世界一わかりやすい?!

YouTube de 相続セミナー          

OBICHANNEL

毎週3回、月水金19:00に配信していますキラキラ

ぜひチャンネル登録をお願いします音符

 

 にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ

↑クリックお願いします\(^o^)/↑

 


↑無料なのでお気軽に登録してみて下さい↑
■□─━─━─━─━─━─━─━─□■

読者の皆様、こんばんは星


長男の調子は相変わらずなので、親バカな私は、少しでも良くなってほしいとの思いからいろんな病院へ通わせているのですが、なんと長男繋がりでお仕事を頂くことにびっくり!!

長男繋がりということは、もちろん大好きなお犬様のお仕事犬ラブラブ

正直、介護でめちゃくちゃ大変だし、自分の時間なんて本当にないけど、いろんな人と出会わせてくれて、いろんな経験をさせてもらってるなと。

精一杯、愛情を込めて付き合っていきますニヤリキラキラ



今回も前回に引き続き、相続税負担の増す可能性がある養子縁組について解説させて頂きます。



動画はこちら▶︎▶︎▶︎OBICHANNEL


前回は一つ目の注意点として、第三順位の相続人である兄弟姉妹健在であるものの、


その兄弟姉妹の子供、つまり養子縁組を行ってしまうと、


その分、相続人の頭数減少し、


相続税の課税対象増加する可能性があると説明させて頂きました。



今回は、二つ目の注意点についての解説です。


それは、養子縁組全く意味をなさない可能性があるということ。


これは、養子縁組を行う際の注意点です。


これまでに説明した通り、兄弟姉妹が相続人となるケースでは、二割加算の対象となってしまいます。


そこで二割加算を避けたいとの思いから、


養子縁組を行い、


第一順位の相続人としての権利を獲得させるといった対策を取る方もいらっしゃります。



年の差のある兄弟姉妹がいることも珍しくはないので一概には言えませんが、自分の相続が発生し、養子に迎えた自分の財産を相続したところで、


その相続した財産にあまり手を付けずに、弟や妹の相続が発生する可能性がありますよね。



そうすると、弟や妹の子供、つまり死亡した方からみた相続人となるわけで、


相続する財産の中には、死亡した方から相続した財産まで含まれている可能性が高いです。



つまり、最初から養子縁組を行なっていれば、


死亡した方の遺産にかかる相続税一度、負担することで済み、


且つ二割加算避けることが出来たものの、


養子に迎えてしまえば、


二割加算避けることは出来るものの、


死亡した方からへ、


からへといったように、


二度にわたって相続税を納めなければならない可能性があるのです。



兄弟姉妹を飛ばしてへ相続させるのは、気が引けると思う気持ちも分からなくはありませんが、


税負担何百万円、場合によっては何千万円と変わってくると、どうでしょうか。


残された家族相続税の支払いに追われ


今後の生活支障をきたすことがないようなベストな選択を考える必要があるということです。



さて今回は、相続税負担の増す可能性のある養子縁組について解説させて頂きました。


兄弟姉妹が相続人となるケースで最も大きなデメリットになるのが、二割加算


本来であれば100万円で済んだ相続税120万円になってしまうので、負担はかなり大きくのしかかります。



また、兄弟姉妹のみ相続人となるならまだしも、


場合によっては死亡した方の配偶者共に相続人となる可能性もあります。


配偶者兄弟姉妹相続人となるケースでは、


配偶者の法定相続分3/4にもなるので、


上手く遺産を分割することが出来ないという背景からトラブルに発展する可能性が非常に高いので、


子供がいない場合には、人以上に綿密な相続対策を考えるようにしましょう。





■□─━─━─━─━─━─━─━─□■

世界一わかりやすい?!

YouTube de 相続セミナー          

OBICHANNEL

毎週3回、月水金19:00に配信していますキラキラ

ぜひチャンネル登録をお願いします音符

 

 にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ

↑クリックお願いします\(^o^)/↑

 


↑無料なのでお気軽に登録してみて下さい↑
■□─━─━─━─━─━─━─━─□■

読者の皆様、こんばんは(^ω^)


あれだけハマっていた家庭菜園をお休みしているというのは、以前にお話しましたが、三月に植えてから肥料をやることもなく放置していた白菜が今までになく立派に成長びっくり!!

白菜なんか、肥料食い野菜の代表格なのにアセアセ

そして、しっかり手を掛けて育ててた時より立派に成長しておりましてキョロキョロ

包丁で切ってみたら多少、とう立ちしてしまっていましたが、食べられれば問題ないですからねぇ…。



今回は、相続税負担の増す可能性がある養子縁組について解説させて頂きます。



動画はこちら▶︎▶︎▶︎OBICHANNEL


独身者の相続が発生すると、相続人となる可能性のある方は、


第二順位の相続人である両親


もしくは第三順位の相続人である兄弟姉妹となります。


不慮の事故などで急死を遂げる方もいらっしゃるので一概には言えませんが、確率で考えれば兄弟姉妹相続権が発生することが多いですよね。



しかし、兄弟姉妹相続人となるケースでは、


納める相続税に二割増した金額を納めなければならない二割加算の対象になるため、税負担が重くなってしまいます。


そこで選択肢に上がるのが養子縁組


二割加算の対象となる兄弟姉妹の中でもなどと養子縁組を行えば、


その方が第一順位の相続人となり、二割加算を避けられるため、中にはこのような対策を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。


ちなみに養子縁組は、自分よりも年上の方養子に迎えることは出来ませんので覚えておきましょう。



さて養子縁組を行うと、養子第一順位の相続人としての権利を獲得することになるわけですが、


法定相続人に含めることの出来る養子の数カウント制限が設けられています。


死亡した方に実の子がいる場合には一人まで


いない場合には二人までのカウントに限られているのです。



しかし養子カウント制限があるのは、


相続税の基礎控除額みなし相続財産の非課税枠算出時だけなので、


何十人と養子を迎えたとしても、相続権全員に発生しますので、勘違いしないようにしましょう。



さて予備知識の紹介はここまでにして、今回の本題に移りましょう。


死亡した方子供がおらず


二割加算を避けるため第三順位の相続人である


もしくは兄弟姉妹の死亡により発生する代襲相続によりが相続人となるケースで養子縁組を行う際には、いくつかの注意点があります。



一つ目は、相続人減少する可能性があるということ。



例えば相続人の三名であり、


弟の息子、つまり死亡した方からみた養子縁組を行なったとしましょう。


養子縁組をせず相続が発生すれば、


三名が相続人となることが出来たにも関わらず、


甥と養子縁組を行えば、第一順位の相続人としての権利を獲得することになりますので、


当然ながら第三順位の相続人である相続権は発生しません


つまり、相続人が養子に迎えた甥一人のみとなるわけです。



兄弟姉妹が相続人となるケースでは、二割加算の対象になるといったデメリットもありますが、


控除額1,200万円も減少することを考えると、


養子縁組をしない方税負担は軽く済む可能性が高いのです。


これが、養子縁組により税負担が増す可能性のある一つ目の理由です。


さて次回は、二つ目の注意点から解説していきます。






■□─━─━─━─━─━─━─━─□■

世界一わかりやすい?!

YouTube de 相続セミナー          

OBICHANNEL

毎週3回、月水金19:00に配信していますキラキラ

ぜひチャンネル登録をお願いします音符

 

 にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ

↑クリックお願いします\(^o^)/↑

 


↑無料なのでお気軽に登録してみて下さい↑
■□─━─━─━─━─━─━─━─□■

読者の皆様、こんばんは(^^)


最近は、平日バタバタすることが多いので、土日に3日分ぐらいの副菜を作り置きするようにナイフとフォークキラキラ

ご飯の作り置きはあまり好きじゃないんですけど、やってしまうと当日は主菜を作ればいいだけだから、めちゃくちゃ楽!!!!

朝もその分、余裕を持って動けるのでねニヤリ

頭を使って時間を有効的に使わないと。



今回も前回に引き続き、相続税の肩代わりによる注意点について解説させて頂きます。



動画はこちら▶︎▶︎▶︎OBICHANNEL


前回は、本来子供が負担すべき相続税親が肩代わりしてしまうと、


その金額に対して贈与税が課税されてしまうものの、贈与税を回避させることも出来るといったところまでの解説となりました。


一体、どのような対策を取れば贈与税が課税されずに済むのでしょうか。



さて贈与とは、“あげます・もらいます”といった互いの同意の上、成立するものです。


ということは、“あげます・もらいます”ではなく、“貸します・借ります”では、贈与とみなされませんので、当然、贈与税は課税されません。



つまり、“子供の相続税を負担したのはあくまで一時なもので、後日返済してもらうことになっている”といったように、


これは贈与ではなく貸し借りによるものですという証拠を残しておけば、贈与とみなされることはないのです。



ただし、ここで気を付けなければならないのは、肩代わりしてもらった相続税の返済を終えるまでに、親が死亡したケース。


この場合だと、子供に貸し付けた金額から実際に親に返済した金額差し引いた金額


つまり未返済の金額親の相続財産に計上され、相続税の課税対象になってしまいますので、その点は気を付けましょう。



そして、親族間でのお金の貸し借りであったとしても、簡単な借用書は作成し、


いつまで支払うのかを決め、


実際返済すること



贈与税の課税を避けるために、貸し借りにみせかけた贈与をする方も多いのですが、


税務署お金の動きに敏感に反応しますので、隠し通すことは不可能と考えておいた方が良いでしょう。



また最も重要ポイントは、お金を貸す方返済能力があるか


専業主婦の子供1,000万円を貸し付けるというのは、あまり現実的ではないですよね。


税務署側に“この人にはそんなに資金力がない生前贈与とみなして贈与税を課税しよう。”と思われてしまえば、元も子もありません。



資金力の有無というのは、非常に重要なポイントとなるので、


万が一、返済能力のない方お金を貸すのであれば、


贈与税の特例を用いて、潔く贈与してしまった方が身のためかもしれません。



さて今回は、相続税の肩代わりによる注意点について解説させて頂きました。


先ほども説明したように、一時的な貸し借りであれば贈与とみなされることはありませんが、


借用書を準備しておかないと問答無用で贈与とみなされてしまうリスクがあります。


ただし借用書を準備し、実際に返済したという実態を作っておくことで、一時的な貸し借りであるとの証拠を残すことが出来ます。



少しの手間後に生じ得るリスクを軽減させることが出来ますので、ぜひこの点については覚えておきましょう。







本日も最後までご覧頂き、ありがとうございましたウインク

なにか気になる点やご指摘などがありましたら、お気軽にコメント欄までお寄せ下さいルンルン



■□─━─━─━─━─━─━─━─□■

世界一わかりやすい?!

YouTube de 相続セミナー          

OBICHANNEL

毎週3回、月水金19:00に配信していますキラキラ

ぜひチャンネル登録をお願いします音符

 

 にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ

↑クリックお願いします\(^o^)/↑

 


↑無料なのでお気軽に登録してみて下さい↑
■□─━─━─━─━─━─━─━─□■

読者の皆様、こんばんは(^^)


いやぁ久々にやってきました😭

ものもらいアセアセアセアセ

かれこれ一ヶ月前に発症した蕁麻疹も顔以外に広がり、相当免疫力が低下しているんだなぁと実感

蕁麻疹は痒いし、ものもらいは痛いし

でも今週末は友達と旅行なので、それをモチベーションに完治出来るように頑張ります!!



今回は、相続税の肩代わりによる注意点について解説させて頂きます。



動画はこちら▶︎▶︎▶︎OBICHANNEL


よく一次相続二次相続という言葉を聞くことがあるかと思います。


一次相続とは、夫婦のどちらかが死亡したことにより発生する相続。


二次相続とは、残された配偶者が死亡したことにより発生する相続のことを指します。



この中でも、一次相続


残された配偶者相続税が課税される確率は、


ゼロに近いと言われております。


なぜなら、配偶者控除を使えるから。


配偶者控除とは、配偶者の法定相続分、もしくは16,000万円


どちらか大きい金額まで相続税が課税されないという制度です。



つまり、死亡した方の遺産総額16,000万円以下であれば、


配偶者全財産を相続したとしても


相続税一銭も課税されないということ。


さらには、配偶者の法定相続分何十億円であったとしても、


相続税課税されないというわけです。



そこでよく見受けられるのは、子供が納めるべき相続税残された配偶者


つまり子供の親負担してあげるといったケース。


子供の相続分を上回る遺産を手に入れたのに、子供が相続税を払うなんて可哀想との思いから、このような選択を取る方は多いのです。


ただし、本来子供が負担すべき相続税親が負担してしまうと、贈与税が課税されるということを、ご存知でしたでしょうか。



さて相続税は、死亡した方の遺産総額を元に算出することになります。


つまり、誰がどういった割合遺産を相続しようと、


控除や特例を適用させるか否かという条件を除けば、相続税の総額変わりはありません



相続税の総額に変わりがないのなら、特定の相続人が代表して相続税を納めても問題ないのでは?と思うかもしれませんね。


しかし相続税の納税義務者は、


相続遺贈によって財産を取得した者と定義されています。


つまり、相続によって財産を取得すれば、


その財産評価額に応じた相続税取得者本人が納税しなければならないのです。



ということは、親が子供の相続税を負担するというのは、本来あってはならないことなのです。


仮に、親が肩代わりした金額


贈与税の年間非課税枠である110万円以下であれば贈与税の心配はありませんが、


110万円を超える場合には、贈与税の納税義務が生じてしまいます。



子供が相続した財産不動産など、


換金しにくい財産のみである場合には、納税資金子供本人が準備しなければなりませんので、


子供を受取人とした生命保険に加入させたり、


納税資金の一部として現金を相続させたりと、納税対策を取る必要があるのです。



子供が納税すべき相続税を親が負担することになれば、贈与税の課税対象となってしまうわけですが、


贈与税回避させることも出来ます。


一体、どのような対策を取れば良いのでしょうか。



詳しい解説は、次回紹介させて頂きます。





本日も最後までご覧頂き、ありがとうございましたウインク

なにか気になる点やご指摘などがありましたら、お気軽にコメント欄までお寄せ下さいルンルン



■□─━─━─━─━─━─━─━─□■

世界一わかりやすい?!

YouTube de 相続セミナー          

OBICHANNEL

毎週3回、月水金19:00に配信していますキラキラ

ぜひチャンネル登録をお願いします音符

 

 にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ

↑クリックお願いします\(^o^)/↑

 


↑無料なのでお気軽に登録してみて下さい↑
■□─━─━─━─━─━─━─━─□■

読者の皆様、こんばんは(*^^*)


最近、家庭菜園ネタがないと思ったそこのあなた!!!!(誰もいないか笑)

実は、ただいまお休み中なんですアセアセ

平日長男の面倒を見ながら仕事をして、家事をしてという生活に疲れてしまいましてねぇびっくり

土日も土日で、一週間分の食材・日用品の買い出しなどに時間を割かなきゃいけないんで、いい加減、自分の時間が欲しいと思い…。

野菜作ってるのも、半分家族のためなんでね。



今回も前回に引き続き、住宅ローン連帯債務における注意点について解説させて頂きます。



動画はこちら▶︎▶︎▶︎OBICHANNEL


前回は、“妻のローンも負担する”


もしくは“夫単独ローンへの変更”の


どちらであっても贈与税の心配をしなければならないといったところまでの解説となりました。



まずは、妻のローンも負担するケース。


不動産を購入する際には、出資割合に応じた登記割合にしなければなりません。


つまり、3,000万円のマイホーム夫が50妻が50の持分で登記するのであれば、


それぞれ1,500万円を負担しなければならないということ。



仮に、夫が2,000万円妻が1,000万円の割合で出資していれば、


妻が本来負担しなければならなかった500万円


夫が贈与したとみなされ、贈与税の課税対象となります。



続いて、夫単独ローンへ変更するケース。


500万円のローンを返済した後に、


残高夫が全て負担することになれば、


妻が本来負担するはずの1,500万円−500万円=1,000万円


夫が贈与したとみなされ、贈与税の課税対象となります。



ここで、贈与税回避させる対策についても触れておきましょう。


一つ目は、夫が負担してくれた金額妻が渡す


これが最も理想的ですが、妻は退職しているわけで、独身時代に相当な額を貯蓄していない限り難しいですね。



二つ目は、負担付贈与をする。


夫単独ローンへの変更を機に、


妻の住宅ローン残高相当の持分夫へ移転登記することで、贈与税を回避させることが出来ます。


一定の持分を贈与するけど、ローンも負担してね”といったニュアンスです。


ただし当然、移転登記には費用が発生しますので注意しましょう。



三つ目は、あらかじめ妻の持分少なく設定しておく


今回挙げた問題は、はじめから50%ずつの持分しておかなければ、避けることが出来た問題かもしれません。


定年まで働くつもりでいたものの、妊娠出産子育てを経験し、


次第に両立は厳しいと感じ、退職に踏み切る女性も多いですよね。


女性には様々なターニングポイントがあるため、その点も考慮しなければなりません。



さて今回は、連帯債務における落とし穴について解説させて頂きました。


連帯債務を組むことによる最大のメリットは、


住宅ローン控除それぞれに適用させることが出来るという点ですが、


それを目的に連帯債務を組んだところ贈与税の心配をしなければならないというのはお門違いですよね。


マイホームの購入は、人生における三代資金の一つです。


将来まで見据えた対策を考えましょう。





本日も最後までご覧頂き、ありがとうございましたウインク

なにか気になる点やご指摘などがありましたら、お気軽にコメント欄までお寄せ下さいルンルン



■□─━─━─━─━─━─━─━─□■

世界一わかりやすい?!

YouTube de 相続セミナー          

OBICHANNEL

毎週3回、月水金19:00に配信していますキラキラ

ぜひチャンネル登録をお願いします音符

 

 にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ

↑クリックお願いします\(^o^)/↑

 


↑無料なのでお気軽に登録してみて下さい↑
■□─━─━─━─━─━─━─━─□■

読者の皆様、こんばんはキラキラ


最近、長男の夜当番を変更しまして、22時〜1時、1時〜4時、4時〜6時の三部制に虫めがね

週に53時間我慢するのか、週に28時間我慢するのか、正直どっちもどっちですねぇ口笛

私は在宅勤務なので、みんなに合わせるしかないので発言権はありませんが…。

まぁそれでも、大変より可愛い気持ちの方が大きいので、癒されてばかりラブラブラブ

最後の最後まで、出来る限りのことをしてあげたいですね星



今回は、住宅ローン連帯債務における注意点について解説させて頂きます。



動画はこちら▶︎▶︎▶︎OBICHANNEL


世界と比べると、日本はまだまだ女性の社会進出進んでいないとは言われていますが、


昔と比べれば、“結婚を機に家庭に入る女性”減少しています。



このような背景から、マイホーム購入時には、夫婦の連帯債務によってローンを組むご家庭も増えてきています。


連帯債務を組めば、住宅ローン控除それぞれに適用される上、


夫婦の年収を合算することによって借入金が増やせ


さらには諸経費1本で済むことから、このような選択を取る方も多いと思います。



ここで、連帯債務について軽く触れておきましょう。


例えば、債権者である金融機関連帯債務者である夫婦


マイホーム購入資金として3,000万円を貸したとしましょう。


がそれぞれ1,500万円ずつ債務を負担することになり、


マイホームの名義割合50%ずつにしたとします。



債権者である金融機関は、夫婦に3,000万円を貸したわけですが、


どれくらいの持分で登記したのかまでは考慮しませんので、


貸した3,000万円夫婦で協力して返してくれれば良いというのが連帯債務の仕組みです。



今回のケースでは、マイホームを5050の割合で名義登録、つまり登記することになったわけですが、


金融機関はそれぞれに3,000万円÷2=1,500万円を限度に返済を請求出来るというわけではなく、


どのような割合借入金を返済しようと


結果的に3,000万円を返済すれば住宅ローンは完済ということになるのです。



さて、連帯債務についての説明はこれまでにして、今回の本題でもある“連帯債務贈与税が課税されるカラクリ”について解説していきましょう。


共働き夫婦がマイホームを購入する際連帯債務を組むのは、何も珍しいことではありません。


しかし連帯債務を組んだ数年後


妊娠出産子育てなどを理由に、勤めていた会社を退職したとすれば、


収入源夫の稼ぎのみとなります。


とはいっても、連帯債務によってローンを組んでしまっています



となると、“妻のローンも負担する”もしくは


連帯債務から夫単独ローンへ変更する”の二つの選択肢が思い浮かぶことになるでしょう。


実は、この二つの選択肢のどちらであっても贈与税の心配をしなければならないのです。


詳しい解説は、次回の動画で紹介させて頂きます。






本日も最後までご覧頂き、ありがとうございましたウインク

なにか気になる点やご指摘などがありましたら、お気軽にコメント欄までお寄せ下さいルンルン



■□─━─━─━─━─━─━─━─□■

世界一わかりやすい?!

YouTube de 相続セミナー          

OBICHANNEL

毎週3回、月水金19:00に配信していますキラキラ

ぜひチャンネル登録をお願いします音符

 

 にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ

↑クリックお願いします\(^o^)/↑

 


↑無料なのでお気軽に登録してみて下さい↑
■□─━─━─━─━─━─━─━─□■

読者の皆様、こんばんは(^ω^)


私は大のお酒好きなんですが、続けて深酒すると、身体中に赤いまだら模様が出るという謎の現象がえーんアセアセ

それを母に行ったら、父のお兄さんもそうだったよとびっくり!!

遺伝というより体質が似ているだけかもしれませんが、面白いですよねぇ…。

ちなみに父は男三兄弟、私は女三姉妹。

真逆もいい所ですね(゚ω゚)



今回も前回に引き続き、相続放棄選択した方が良いケースについて解説させて頂きます。



動画はこちら▶︎▶︎▶︎OBICHANNEL


前回は、一つ目二つ目のケースを解説しましたので、前回の動画も参考にしてみて下さい。


さて最後三つ目は、次順位の相続人相続権を受け継がせるために相続放棄を選択するということ。


このケースはある家族構成相続が発生した場合に限り


相続放棄の効果が生じることになります。


それは、死亡した方独身で、


相続人となり得るのが


第二順位の相続人である両親第三順位の相続人である兄弟姉妹のケース。



登場人物は、死亡したA


第二順位の相続人であるAの母


第三順位の相続人であるAの妹だと仮定しましょう。


通常、こういったケースではAの相続時には、第二順位の相続人である母へ相続権が発生します。


不慮の事故などで急死を遂げられる方もいらっしゃるので一概には言えませんが、Aの妹よりAの母が先に死亡する確率の方が高いですよね。


そうなると、Aの財産母が相続した後に、母の相続が発生すれば、


その母の財産の中には母自らが築き上げてきた財産に加えて、息子の財産も含まれていることになります。



母の相続が発生し、相続人となるのは子供、つまりAの妹です。


つまり、一度は母へと渡ったAの財産が、


母の相続によってAの妹へと継承されることになるのです。


こうなるのであれば、Aの相続時に第二順位の相続人である母が相続放棄を選択し、


第三順位の相続人であるAの妹相続権を継承させ


Aの財産を相続させた方二度手間にならずに済むというわけです。



仮に、Aの相続時にも相続税を納め、


母の相続時にも相続税を納めていたとすると、


息子の財産に対して二度も相続税を納めていることになりますよね。


つまり、被相続人独身者であり、


両親兄弟姉妹健在であるとすれば、


両親相続放棄を選択し、


兄弟姉妹へと相続権を継承させた方が負担を軽減させることが出来るというわけです。



いかがだったでしょうか。


相続放棄を選択する大きな理由債務超過が挙げられますが、


その他にも今回説明したようなケースでは、相続放棄を選択した方が良いと判断されます。



最後三つ目に挙げたケースでは、兄弟姉妹が相続人となれば二割加算の対象となってしまうというデメリットも存在しますが、


その点を鑑みてもかなりの確率兄弟姉妹へと相続させた方が負担を軽減させることが出来ます。


相続放棄を選択する原因は、債務超過だけでないということは、ぜひ覚えておきましょう。





本日も最後までご覧頂き、ありがとうございましたウインク

なにか気になる点やご指摘などがありましたら、お気軽にコメント欄までお寄せ下さいルンルン



■□─━─━─━─━─━─━─━─□■

世界一わかりやすい?!

YouTube de 相続セミナー          

OBICHANNEL

毎週3回、月水金19:00に配信していますキラキラ

ぜひチャンネル登録をお願いします音符

 

 にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ

↑クリックお願いします\(^o^)/↑

 


↑無料なのでお気軽に登録してみて下さい↑
■□─━─━─━─━─━─━─━─□■






読者の皆様、こんばんはキラキラ


先日のお犬様の整体は、長男に続いて長女もお世話にビーグル犬しっぽビーグル犬からだビーグル犬あたまラブラブ

そして、一人でお留守番になるのもかわいそうだったんで、次男も付き添いにニヤリ

長女もなかなか悪い所が多く、かわいそうな思いをさせてしまっていましたm(_ _)m

まぁダックスなんであの長い胴を短い足で支えてたら、何かしらの不調が出てしまいますよね…。



今回は、相続放棄選択した方が良いケースについて解説させて頂きます。



動画はこちら▶︎▶︎▶︎OBICHANNEL


相続が発生すると、債務も含めた全財産を相続する単純承認


資産の範囲内で債務の返済に充てる限定承認


資産も債務も一切相続しない相続放棄、の三つの相続方法の中から選ばなければなりません。



単純承認は、


死亡した方一切の債務がない


もしくは資産の中から債務を返済しても大きな問題がない場合に選択するのが一般的です。


限定承認は、


債務があること確かであるものの、


現時点で把握している他にも債務がありそうなど、


債務どれだけあるのかがはっきりしない場合に選択するのが一般的です。



そして今回の本題でもある相続放棄は、


明らか債務が資産を上回る場合に選択するのが一般的です。


“借金まで背負いたくない!”との判断から相続放棄を選択するのが一般的ではあるのですが、


それ以外にも相続放棄を選択した方が良いケースがいくつかありますので、今回はその点について解説していきましょう。



一つ目は、死亡した方連帯保証人になっている場合。


死亡した方誰かの連帯保証人となっており、


債務を抱えている方返済を滞らせた場合には、


連帯保証人という権利継承した相続人の元へ請求がやってきます。



死亡した方が直接抱えていた債務ではないものの


連帯保証人という立場相続対象となりますので、


その権利相続人が引き継がなければならないのです。


どれだけの債務を抱えているのかによってどうするべきか判断することになりますが、


連帯保証人となっているのであれば、死亡した方本人には債務がなくても、注意が必要になります。



続いて二つ目は、死亡保険金の受取人となっている場合。


みなし相続財産である死亡保険金は、


相続税の課税対象となるものの、受け取る相続人固有の財産とみなされますので、


相続放棄を選択しても保険金は受け取ることが出来ます



つまり、資産の中から債務を返済してもほとんど残りがない


もしくはマイナスになる可能性が高い場合には、相続放棄を選択し、


債務の心配をなくした上確実に保険金を受け取った方が良いということです。



仮に、相続放棄を選択せず通常通り保険金を受け取ることになったものの、


想像以上の債務発覚すれば、


その保険金債務返済に充てなければならなくなる可能性があります。


そして最後三つ目が非常に特殊なケースとなります。



この点については、次回の動画で紹介しましょう。




本日も最後までご覧頂き、ありがとうございましたウインク

なにか気になる点やご指摘などがありましたら、お気軽にコメント欄までお寄せ下さいルンルン



■□─━─━─━─━─━─━─━─□■

世界一わかりやすい?!

YouTube de 相続セミナー          

OBICHANNEL

毎週3回、月水金19:00に配信していますキラキラ

ぜひチャンネル登録をお願いします音符

 

 にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ

↑クリックお願いします\(^o^)/↑

 


↑無料なのでお気軽に登録してみて下さい↑
■□─━─━─━─━─━─━─━─□■