【公式】株式会社 尾林造園のブログ
  • 08Apr
    • (再編集)超大型550t吊りクレーンを使用した樹木移植作業の画像

      (再編集)超大型550t吊りクレーンを使用した樹木移植作業

      大径木クスノキ移植作業再編集しましたのでご覧ください。平成が終わり、令和が始まりましたね。皆さんにおかれましても平成最後と令和最初はいい加減食傷気味でしょうが、令和最初のブログ更新となります。ゴールデンウィーク中の話ですが、かなり大掛かりな重機を使う作業を行ってきました。。550t吊りと220t吊りのオルテレーンクレーンを使用した、某女子大構内にあるクスノキの移植です。今回使用するスペシャルマシーンはTADANO AR5500M「国産最大」 550t吊りオルテレーンクレーンです。この大きさのクレーン・・・巨大なタイヤが片側7個・・・。両側で14個💦💦(この後、クレーン後部へカウンターウエイト168t載せます💦)この大きさのクスノキを移植しました。(目通り3.5m)・・・。「樹高」では御座いません💦💦(注)目通りとは・・・樹木の大きさを測る基準です。 基本的には地面から1.2mの高さの幹周を指します。こちらのクレーンは220t吊り・・・小さい(笑)クレーンのブームの左側にあるのが移植樹木、、、なかなか太いです。作業風景(写っているのは掘取りから構内運搬トレーラー積込みまでを担当する220t吊りクレーンとクスノキを寝かせる為にワイヤーを横引きする7tバックホーです) 剪定前の高さ25m、樹齢百余年、吊り上げ荷重約25tのクスノキの大木です。文字通り大学の歴史と共に時を刻んだ木で、移植先の立て込み地点まで約35mを送り込む必要があり、今回は掘り取りから構内運搬用トレーラー積込みまでを220t吊りクレーン、移植地点への立て込みを国産最大550t吊りのオルテレーンクレーンを選定しました。「一般の造園業」ではなかなか近くで見る機会も、ましてや仕事をしてもらうことなどまず有り得ない大きさのクレーンです。(完成した状態の橋梁をそのままの状態で吊り上げられる程度の大きさですから)クレーンの台車が通る場所全てに鉄板を敷設するのに25t吊りクレーン「2台」で1日がかり!!550t吊りクレーンをバラバラの状態から現場で組み立てるのに一日と、設置するまでに二日を要した大仕事ですが、その様子はまたの機会に。我々の最も重要な仕事はクスノキを掘りとって無事移植できる状態にすることです。木は大きいですが、堀取りと根巻きのやり方は変わりません。基本に忠実に、一つ一つ確実に作業をこなします。掘り取り中…根元直径約4m有ります💦弊社ではこれまでにも数十トンクラスの木の移植作業を行ってきた実績があります。今回も大掛かりな移植作業を何度も経験したベテラン監督、職人が参加しており、万全の体制で作業に臨みました。…が、不測の事態はそれが起こること自体計画に組み込む必要があるのではないかと思うくらい確実に起こるものです。当初大学構内での移動のために手配していたトレーラーがクスノキを積んだ状態で発進できず💦(トレーラーの床が根の重さでぶち抜けました・・・。一ヶ所集中的に荷重が掛かったのが原因💦)ちょうど550tクレーンの部品を運んできたトレーラーが当日の撤収作業に備えて構内に待機していたのでそれをお借りしました。急遽、構内に待機していた福井屋さんのトレーラーをお借りしました。本当にありがとうございました。その後は幸い大きな事故もなく、無事立て込みを完了することができました。無事立て込み完了。木を別の場所に移植すれば、当然ながら日の当たり方、養分の多寡、水はけの良し悪しなど、生育に必要な全ての条件が変わってしまいます。若い木ならば新たな環境に合わせて成長することができますが、成長し終えた大木が新しい環境に適応するのはとても大変です。万全の準備をして移植しても枯れてしまう木もあれば、放っておいてもそれまで以上に元気になる木もあります。こればかりは生き物を相手にする以上、絶対はありません。活着するようできる限りのことをしてあげることはもちろんです。各々の木の持つ特性、生育環境、移植先の環境を理解し、それに合わせて必要な対策を過不足なく行わなくてはなりませんが、最終的には本人(木)の生命力を信じるしかありません。我々が直接関わる仕事は一旦ここまでですが、最終的な成否は数年先まで保留、ということになります。今回は作業の様子を動画で撮影しているので、OKが出たらこちらでも公開したいと思っています。それではまたの機会に。同業者様からのご要望が多いクレーン写真です。550tクレーン キャリア入場~長さ17.5m幅3.0mあります。550tクレーン ブーム入場~このトレーラー最大積載量50t!!!しかも操舵可能で狭い門も楽々通過~550tクレーン 「リフター」を使用しての組み立て風景です。550tクレーン 後部カウンターウエイト168t搭載550tクレーン アウトリガー片側だけ、、、超~巨大です。。。隣の白い3tダンプ車と比較してください。アウトリガーの敷板だけでも12t!あります。弊社所有の13tラフタークレーンはオモチャです💦550tクレーン クスノキ揚重状況立込み作業中。「水鉢」作りと並行して「水極め」しています。因みに写真中央のバックホーは13tクラスです。クレーン写真一覧でした。因みにこの550t吊りクレーンフルセットでの購入価格約10億円とのことです💦今日もご安全に!!

  • 06Apr
    • 芝生の撤去の画像

      芝生の撤去

      こんにちは!ブログのテーマが前後しますが、この時期ならではの作業に関する手順を公開します。芝生撤去です。小面積ならスコップや鍬で剥ぎ取りをしますが50㎡を超える面積になると・・・手作業ではキツイ❕❕お仕事となります。現場を爽やかに進めるにはこの様な機械を導入します。自社所有の輸入機器ですが機体重量60kgしかも自走👣。芝生素早くを地面から切り離し✂ます。狭い場所でも稼働できるので便利。国産機器は200Kg!🐘もあるので現場までの機材輸送にクレーン車を使い大変です。他社様施工例・・・「厚切り!!」平爪バケットのバックホーによる剥ぎ取りこの様な土がタップリ🏔付着した芝の後処理問題が発生します。1.処分場で受取ってもらえない(受入拒否)2.高額な処分費💸を支払う場合がある。(土付着が多い場合、処分場での受入れ拒否か1㎥当たりの処分費が〇万円!!を超えて困ったと他社様から伺った事が最近あります)弊社施工例・・・「薄薄」芝生だけを綺麗にそぎ取りました。処分費も遥かに軽減、しかも集積しやすくなります。芝生・・・ロールケーキ🎂??まとめてローダーに積込みで素早く回収~。綺麗さっぱり片付きました↑↑寒暖差の激しい季節です。体調を崩さない様にご自愛ください。今日もご安全に!!

  • 01Apr
    • 大きなクヌギの剪定の画像

      大きなクヌギの剪定

      こんにちは!桜もすっかり散り新緑がまぶしい季節になりました。コロナも気になりますが、業務を進めております。樹高16m目通り170cmのクヌギの剪定です。ラフターのコックピットからはこの様な視界です。左上の液晶画面にクレーンの作動状況が表示されます。液晶画面です。現在の使用状況です。ブーム長さ24.0mブーム角度53.5度作業半径14.1mと表示されています。その他にモニターでウインチドラムの映像が表示されます。使用機械の作動状況が逐一確認できるのは有難いですね。オペレーターの不安が低減します。今日もご安全に!

  • 22Mar
    • 土壌改良剤 Σー1(シグマワン)施工その2の画像

      土壌改良剤 Σー1(シグマワン)施工その2

      引き続きです。根に周りに大体8箇所掘ります。穴一つにシグマワンを一掴み投入します。施工後は穴を埋めて完了です。これで樹木の樹勢回復と害虫忌避が出来ます。薬剤ではないので効果が出るまで時間が掛かりますが安全です。皆様から益々のご用命お待ちしております。

    • 土壌改良剤 Σー1(シグマワン)施工その1の画像

      土壌改良剤 Σー1(シグマワン)施工その1

      こんにちは。本日は尾林造園謹製Σー1(シグマワン)の施工方法をお伝えします。造園業や果樹栽培業の方々に使用方法を再度チェックして頂ければ幸いです。シグマワン40L入りとハンドオーガー(径100mm)を準備します。オーガーが無い場合はダブルスコップでOKです。こちら対象樹木です。チョドクガが大量に発生し困っております。(学童施設の為、薬剤散布は出来ません)オーガで約30cm程掘ります。こんな感じになります。続きはその2へ

  • 17Mar
    • もはや林業・・・。の画像

      もはや林業・・・。

      こんにちは。コロナもなかなか落ち着きませんが、ちょっと大きな樹木を撤去しています。目通りC180ケヤキです。コマツPC138なら押して倒せます。PC138コックピットからはこんな感じです。現場内丸太だらけ・・・。もはや造園業ではなく林業(笑)因みにこのチェンソー世界で唯一「直噴エンジン」です。直噴エンジンチェンソー絶好調!気持ちよく丸太を切断してます。道具メンテナンス管理は重要です。皆様から益々のご用命お待ちしております。今日もご安全に!!

  • 12Mar
    • 重機回送の画像

      重機回送

      こんにちは。今日は各現場に重機が回送されます。PC138(13tクラス) 茨城県内に出張です。お供は新入りPC30(3tクラス)です。これから各現場でお世話になります。皆様、宜しくお願い致します。今日もご安全に!

  • 04Mar
    • 急坂での高所作業車設置の画像

      急坂での高所作業車設置

      こんにちは。今日は坂道に高所作業車を設置しての作業です。坂道に重機を設置するのは危険作業の一つです。坂道に於いて高所作業車設置時に事故が多く発生しています。ブレーキが掛かっている後輪までジャッキを掛けてしまうと車両がアウトリガーを軸に足をケンケンさせる様に逸走しての事故が起きます。非常に危険です。前輪に盤古を噛ませてジャッキダウンさせ更に盤古を積み重ねて機体を水平に持っていきます。ここまで上げて機体水平が取りました!続いて3tユニック車もリフトアップです。車体裏が良く見えます。後輪に車止めダブル装着です。今回の伐採対象木です。目通り130cmのクヌギです。早速枝下ろし開始~。休憩後、吊り切り開始~。パッパッと伐採完了!今日もご安全に!

  • 03Mar
    • 保存樹木管理の画像

      保存樹木管理

      こんにちはー。3月に入り春めいて🌸来ました!花粉症がつらい季節でもありますが・・・💦早速ですが樹木管理です。大きな保存樹木(ケヤキ)の枯損部撤去です。22m高所作業車登場!店舗敷地内をお借りしての作業です。一日の作業が午前11時までとなっておりますので迅速な作業⏲が求められます。また、保安要員「ガードマン」を配置しより安全な作業環境を創ります☺青空の元上空へ。地上より高さ18m位です。先端部に到着。枯れ「枝」は目通り30cm位ありますので「幹」ですね。樹皮も無くなり幹が白色化してました。元から綺麗に切断です。これで幹等の落下事故は防げました。高所作業車を最長22m伸ばした状態で上からパシャリ📷2~3本枯れていたので撤去して全体がスッキリしました。作業は続きます。今日もご安全に❕

  • 13Feb
    • 稚児笹(チゴササ)の撤去の画像

      稚児笹(チゴササ)の撤去

      こんにちはーブログをすっかりお休みしてしまいましたが、元気よくお仕事に励んでおります。早速ですが、都内某所に於いて植樹帯の中にあるチゴササの撤去です。サツキやオオムラサキツツジの灌木と違い地下茎がお互いに絡み合っているので重機を入れてもなかなか上手く取れず造園屋さん泣かせなお仕事の一つです。この場合は弊社お得意の必殺マシーン登場!全旋回式フォークで目通り65cmのサクラ共々速攻で瞬殺⚡です(笑)因みにこの機械3tのミニバックホーがベースで油圧配管等改造してあります。狭い場所も入れます。(写真拡大して下さいね)縁石に傷や微妙な移動は見られません!綺麗に剥がれています。お施主様も大喜びで作業完了!今日もご安全に!

  • 30Jan
    • 新型重機試乗inコマツ粟津工場の画像

      新型重機試乗inコマツ粟津工場

      こんにちは。緊急事態発令中ですが、石川県小松市の大手建設機械メーカー「コマツ」粟津工場に伺いました。北陸本線 粟津駅です。コマツ粟津工場はコマツ創業の故郷・小松市にある唯一の工場です。生産品目は中小ブルドーザー、ショベル、ホイールローダー、建機の要であるトランスミッションを生産しております。生産品の半分以上が輸出との事です。ゲストハウス入り口です。手厚い歓迎を受けました(笑)内部には初代ブルドーザーが鎮座。・・・小松製作所が世界に躍進した製品です。正に「日本の産業遺産」です。さて、試乗会場には今回のスペシャルマシーンが待機中です。会議室でレクチャーを受けいざ試乗会場へ。試乗中・・・。素晴らしいマシーンでした💛(笑)詳細は極秘です!試乗後は組み立て工場へ見学。この工場はコマツ最新工場で最先端の「モノ作り」がされています。只今、ブルドーザーがライン上に乗っています。写真左側下部から上部へ向かって組みあがって行きます。また、粟津工場では省エネ、創エネ、蓄エネと電力を外部から購入するのではなく工場内で生み出す!スゴイ工場という事が分かりました。案内役の方お話を聞くと感心することばかりです。一般的に工場内はどのメーカーも撮影禁止ですが特別に一部OKを頂きました(笑)最後にお土産を頂きました。粟津工場80周年。歴史ある工場ですね。コマツカスタマーサポートのT氏。そしてコマツ粟津工場の皆様。色々とご手配有難うございました。

  • 23Jan
    • 公園工事の画像

      公園工事

      こんにちは!気温が低い日が続いていますが体調管理をしっかり行いましょう‼早速ですが工事完了したばかりの公園です。(まだ開放しておりません)遊具もあり、水飲み場もあり、ベンチもあり子供から大人まで楽しんでいる姿が目に浮かびます(笑)公園工事の最後の最後。仕上に樹名板の取り付けです。ツバキ、ハナミズキ、ソヨゴ、キンモクセイ以上四種類です。支柱はカッコ良く⁈ステンレス製です。指定された設置場所を掘ります。設置・・・。ビッシっと決まりました(笑)ここ最近はQRコード付きが流行っております。スマホさえあれば樹木の情報をダウンロードして楽しめます。

  • 21Jan
    • 電線⚡電線⚡電線⚡の画像

      電線⚡電線⚡電線⚡

      こんにちは!今日も都内某所で「樹木剪定」です。法面にある雑木林です。東電さんに電線防護設置をお願いしてます。写真右に向かって結構な勾配!先ずは22m高所作業車設置。ここも坂道なので前側のアウトリガーベースを嵩増しです。前輪が思いっきり上がっています。これでようやく機体が「水平」です。作業開始。もちろん道路規制もしっかり行います!電線電線電線・・・・電線⚡電線⚡電線⚡電線⚡剪定では無くもはや上部伐採?・・・枝打ち?枝下ろし?強剪定?植木屋さんは同じ様な事柄に複数の名称があります。今日もご安全に❕

  • 20Jan
    • 街路樹伐採の画像

      街路樹伐採

      こんにちは!コロナ禍ですがお仕事を順次進めさせて頂いてます。都内某所でイチョウの伐採です。歩道内に作業区画をしっかり作り誘導員を配置して通行者が安全に通過できるようにします。ここで大事なのは「道路を使わせて戴いている」と謙虚な気持ちを持たなければ安全作業は出来ません。何事も「第三者優先」で行います。車道側・・・しっかり作業区画配置です。作業後・・・何事も無く終了!最後に天端を面取りしました。今日もご安全に!!

  • 19Jan
    • 再開発の画像

      再開発

      こんにちは!一月も早や中旬・・・。時間が過ぎるのは速いですね💦本日は再開発現場での伐採です。オオシマザクラ伐採抜根です。C(目通り)180cmあります。老木で内部が腐食していました。あっと言う間に伐採抜根材の山が出来ました。8t級重機のアームがチョコッと見えます。こちらのソメイヨシノそのままです。ご近所の方がココのサクラは花が見事だと仰っておりました。これから建物に当たる部分だけ枝下ろしします。写真に写っている重機は重量3.5tクラスですが性能的には4.0tクラスのお仕事が出来ます。非常に安定性が良い機械です。機体重量3t未満での重機作業が一番転倒事故が多いそうです。(弊社も数台所有しておりますが、アタッチメント装着最大作業半径使用時の安定性が良いとは言えません)今日もご安全に!!

  • 11Jan
    • 粛々と・・・の画像

      粛々と・・・

      年明けも既に10日を過ぎステイホームで年末年始と数日間体を動かさないだけで体がなまっていましたが、ようやく体の動きが通常に戻って来ました(笑)年明けは、大きなソメイヨシノの強剪定です。先ずは短~い高所作業車で低い部分を手入れ。次に長~い高所作業車で上部の手入れ。別のエリアでは腐食して倒木危険のあるオオシマザクラの伐採、抜根です。目通り150cmの大物です。当社の若手社員。頑張っております。(まだ10代です)本年も皆様からの益々ご用命、お待ちしております!!

  • 04Jan
    • 謹賀新年の画像

      謹賀新年

      明けましておめでとうございます。昨年中は大変お世話になり誠に有難うございました。2021年🐄尾林造園本日より始動です。社員一同、安全第一で業務に精励いたす所存です。本年もどうぞよろしくお願い致します。

  • 30Dec
    • 2020年。有難うございました。の画像

      2020年。有難うございました。

      今年も残すところ1日となりました。激動の2020年でしたが、来年は新型コロナも落ち着き良い年にしたいものです。年末の年末ですが、倒木の恐れのあるサクラ(染井吉野)を伐採してきました。目通り2.3mのソメイヨシノです。腐食が予想以上に進んでおりこれ以上は倒木の恐れがあるので伐採となりました。年内最後13tラフターでの作業です。ラフター吊り上げの伐採後・・・。根元は首の皮一枚で繫がっているだけです。別の現場では高所作業車でこれまた目通り3.2mの大物ソメイヨシノの剪定です。今年も様々な現場で皆様にお世話になりました。来年もよろしくお願い致します。We are “OBAYASHI” groupLandscape Engineering SpecialistWe'll see you next year.

  • 29Dec
    • 2020年もあと僅かの画像

      2020年もあと僅か

      こんにちは。新型コロナも有りますが新年を迎えるにあたり着々とお仕事を進めております。ニッポンの正月と言えば門松🎍 こちらのサイズで全高1.8m。設置は重量が有りますのでクレーン車を使用します。こちらは全高1.5m納入先は関東一円、遠くは茨城県内のお客様まで設置に伺います🚙縁起物なので絶対に傷を一つでも付けられません。。設置まで養生等をしっかり行います。大きな門松設置も一つの技術です。当社では今年一年、誰一人事故、怪我等にも遭わず穏やかな年の瀬を迎えました。年内残りの作業がまだ有りますが引き続き「安全第一」で進めます!

  • 09Dec
    • ラフタークレーン性能検査の画像

      ラフタークレーン性能検査

      こんにちは!コロナが納まる気配がありませんが、日々粛々と業務に当たっております。企業内敷地での作業が多く、掲載NGなのでブログ更新が停滞気味ですが、機材の整備についてお話をします。クレーン法令で吊り上げ荷重3t以上のクレーンに関しては法令で2年以内に一回性能検査を受ける事になっております。青空の下。性能検査中・・・検査官立会いで検査です。その前に、クレーン全体の整備、修理、調整を全て行い、新車に近いコンディションまで仕上げます。機械を「綺麗に」「しっかり整備」しておきますと危ない時に機械が助けてくれます。いい加減な扱いをしていると薄情なようですが助けてくれません。「大事に機械に接し触れる」ことで、機械の調子を把握できます。綺麗にしていれば僅かな違和感に気づきトラブル回避に繋がります。今日もご安全に!