家飲み真野鶴②~「真野鶴・辛口吟醸」 | 「真野鶴」五代目留美子の蔵元日記
新型コロナウイルスに関する情報について

家飲み真野鶴②~「真野鶴・辛口吟醸」

家飲み真野鶴シリーズ。第二弾は「真野鶴・辛口吟醸」です。

佐渡産の五百万石を使用し、日本酒度+6~7の辛口タイプ。

ほのかにシトラス系の香りが漂う、心身共にリフレッシュさせてくれる

爽やかさの中に、柔らかさのあるお酒です。

新潟生まれの五百万石のクリーンでスムースな感じが出ているのは

この辛口吟醸。

 

こちらに合わせたいお料理は、塩焼きグリルのお魚やチキン。

ポイントはレモンやライムをギュッと絞りたくなる芳ばしさ。

お酒自体にシトラス系の香りがあるので、レモンやライムのように

塩焼きグリルのお料理を引き立ててくれるのです。

 

ところで、私はこの吟醸酒。冷酒だけではなく常温やぬる燗でも楽しんでいます。

「え、吟醸酒をお燗にするの?」なんて声が聞こえそうですが、

業界でいう「中吟(ちゅうぎん)」であれば、ぬる燗にすることで柔らかさや旨みが

花開く場合もあるのです。

このお酒の場合は、冷酒だとシャープな味わいなのに、ぬる燗にすると

酸味にまろやかさが加わり、レモネードのようなふくらみが出てくるのが面白い。

シャープに飲みたいか、柔らかさを楽しみたいか。

それを温度でコントロール出来るのが、日本酒の魅力でありますね(^^)

 

 

「真野鶴・辛口吟醸」のその他の情報はこちらより。

 

◆◇◆尾畑酒造の採用情報についてはこちらより◆◇◆

●学校蔵プロジェクトについて

■真野鶴・公式ページ      ■MANOTSURU website(English)

■学校蔵について        ■About Gakkokura(English)

■尾畑留美子プロフィール   ■IoTと酒づくり~モロミ君について

■真野鶴のSHOPPINGページ

●「学校蔵の特別授業~佐渡から考える島国ニッポンの未来」(日経BP社)

藻谷浩介氏、玄田有史氏らとの対談付

◆◇◆尾畑酒造の採用情報についてはこちらより◆◇◆

●学校蔵プロジェクトについて